元銀行員が消費者金融の選び方を紹介します

消費者金融の選び方

・今日中にお金を借りたい!

・家族や知人にバレずにお金を借りたい!



急にお金が必要になったり、誰にも知られずにお金を借りたい人は多いはずです。

こうした人に最もオススメなキャッシングサービスが消費者金融です。

銀行カードローンでは即日でお金を借りられませんし、人に知れずにキャッシングできるサービスは消費者金融が最も充実しています。


とはいえ消費者金融の会社は種類が多く、初めての人はどこを選んだよいか分からないはずです。

このサイトでは消費者金融の選び方や、消費者金融を利用するにあたっての注意点を、元銀行員が解説します

まずは消費者金融を選ぶ上で皆さんが気になる、「即日」・「内緒」という2つのポイントについて見ていきます。


消費者金融の正しい使い方・選び方

即日でお金を借りるには?

上でも書いた通り、即日キャッシングしようと思ったら、消費者金融を選ぶほかありません。

即日融資を受けたいなら、以下のどちらかでキャッシングする必要があります。

・来店しないなら平日13時過ぎまでの申し込み
自動契約機まで行かずにキャッシングしたい人は、平日13時過ぎまでにスマホで申し込む必要があります。

それより遅い時間だと、平日15時の銀行振り込みに間に合わなくなるためです。

ローンカード・契約書類の受け取りは郵送になりますが、プロミス・SMBCモビットだと郵便の受け取りなしも可能です。


・自動契約機まで行くなら20時までの申し込み(土日祝日も)
スマホで申し込みをして、審査通過後に自動契約機まで行ける人なら、20時の申し込みでも即日キャッシングは可能です。

土日祝日にも対応してるので、休日急にお金が必要な方にオススメです。

ポイントとしては、自動契約機の多い会社を選ぶ方が、移動に便利です。

家族に知られずにキャッシングするには?

家族にキャッシングが知られるケースとして最も多いのが、自宅に郵便物が届く時です。

郵便物に社名は書いてませんが、家族に勝手に開封されたら、さすがにバレるでしょう。

自宅に郵便物が届かないようにするには、どちらかの方法を取りましょう


・スマホ完結サービスを利用する(プロミス・SMBCモビットのみ)
スマホ完結サービスなら、申し込みからキャッシングまでスマホで完結でき、書類の受け取りが必要ありません。

ただ、このサービスに対応してるのはプロミスとSMBCモビットだけです。


・自動契約機で受け取る
スマホで申し込みをした後、自動契約機で契約すれば、その場でローンカードと契約書類を受け取れます。

ローンカードを受け取ればキャッシングできるようになるし、自宅に郵便物が届かないので便利です。

注意点として、自動契約機は21~22時までしかやってないので(会社・場所によって違う)、それまでに受け取りを済ませる必要があります。


以上、「即日」・「家族に内緒」という2つの点で、消費者金融の使い方・選び方を見てきました。

これを踏まえて、オススメの消費者金融を紹介します。


元銀行員が選ぶ!おすすめの消費者金融は?

プロミス
プロミス
対応する自動契約機の数、No.1のプロミスです。(土日含め)20時までに申し込めば即日融資も可能です。

「WEB完結」での申し込みなら、来店不要・書類の受け取りなしでキャッシングも可能です。(ただし即日キャッシングためには、平日14時までに契約を完了させる必要あり)。

即日融資に便利で、家族に内緒でキャッシングしやすい、オススメの消費者金融です。
金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
4.5%~17.8% 500万円 完全対応
SMBCモビット
対応する契約機の数、No.2のSMBCモビットです。(土日含め)20時までに申し込めば即日融資も可能です。

「Web完結申込」なら来店不要・書類の受け取りもない上、勤務先への電話連絡もありません。「WEB完結申込」での即日キャッシングには、平日14時までの申し込みが必要です。

即日融資に便利で、内緒で借りやすい、2番目にオススメしたい会社です。
金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
3.0%~18.0% 800万円 完全対応
・申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

アイフル
アコム
テレビCMでもよく見る、消費者金融大手のアイフルです。自動契約機数はNo.4ですが、8時過ぎの申し込みでも即日融資は可能です。

平日13時過ぎの申し込みで、来店不要で即日キャッシングも可能です。

はじめてのアイフルなら、30日利息0円なのも魅力です。上の2社には負けますが、オススメできる会社です。
金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
3.0%~18.0% 800万円 一部対応

詳しいランキングはこちら  消費者金融のオススメ人気ランキング





消費者金融って何?他のキャッシングサービスとの違いは?

消費者金融とは?

消費者金融とは、一般利用者への小口の融資サービス、またそれを行う会社(貸金業者)のことを指します。

テレビでプロミスとかアイフルのCMを見た人は多いはずです。

要は個人向けのキャッシングサービスです。他のキャッシングサービスと同じく、無担保・保証人なしで利用できます。


手軽に利用できる点が魅力ですが、消費者金融に対して少しマイナスのイメージを持ってる人もいます。

繰り返しになりますが、即日融資に対応したサービスは消費者金融だけです。

当日中にお金が必要な人は、消費者金融を利用しましょう。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融とは?サラ金・ヤミ金との違いは?

消費者金融 vs 銀行カードローン

銀行カードローンは、銀行が個人客向けに行う融資サービスです。

消費者金融に較べて低金利で、イメージが良いのが銀行カードローンの魅力です。

<関連記事>:お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン


一方で、審査スピードが遅く、即日融資に対応してないのが欠点です。

なぜ銀行カードローンで即日キャッシングできないのかは、以下を参考で解説してます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】銀行カードローンで即日融資ができない理由は?

消費者金融 vs クレジットカード

クレジットカードは後払いでの買い物や、キャッシングができるサービスです。

ネットでの買い物では特に便利です。利用するとポイントが溜まるのも、クレジットカードならではです。

その一方で審査には1週間ほど掛かることが多く、急ぎでお金を借りたい人には向いてません

また、キャッシングの金利は消費者金融と差がありません。

<関連記事>:消費者金融とクレジットカード、オススメはどっち?



消費者金融の申し込み前に知っておきたいこと

消費者金融は誰でも利用できる?審査は?

消費者金融を利用するには、20歳以上であること、安定収入があることの2点は絶対必須です。

安定した収入のない、単発バイト(派遣)の人や専業主婦は申し込みできません。


消費者金融は審査にあたっては、数十の評価基準をチェックすると言われています。

それらを基に、スコアリングと呼ばれる手法で審査をしています(詳しい審査項目は各社とも非公表)。

たとえば年収の高い人や、お堅い職業の人(たとえば公務員)は高いポイントを獲得でき、審査に有利と言われています。

<関連記事>:【絶対チェック!】消費者金融の審査基準について

申し込みで必要な書類は?

申し込みにあたっては、本人確認書類は必ず必要になります

本人確認書類とは運転免許書、ない場合はパスポートや健康保険証などです。

その他、借入希望額が50万円を超えるか、他社との借り入れ合計が100万を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。

申し込みからキャッシングまでの手順

申し込みからキャッシングまでの、大まかな流れは以下の通りです。

1.申し込み(必要事項の入力)

2.必要書類の提出(スマホで写真を送信)

3.審査開始

4.在籍確認(勤務先に電話がいく)

5.審査結果の連絡(メールか電話)

6.契約手続き(スマホか契約機で)

7.キャッシング(必要なら後日、書類の受け取り)


申し込みからキャッシングまで、早ければ1時間で可能です。

この手軽さが、消費者金融の一番の魅力です。

<関連記事>:初めての消費者金融の申込みからキャッシングまでの流れ

消費者金融の金利ってどうなの?

以下は、大手消費者金融の金利と借り入れ限度額です。

金利 借入上限金
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 3.0%~18.0% 800万円

消費者金融の金利について、是非知ってほしい点が2つあります。

・初回の借り入れは上限金利になる
少しでも低い金利で借りたいと思う人は多いと思いますが、消費者金融での初回借り入れの金利は、上限金利(約18%)になります

これは銀行カードローンでも事情は同じで、初回は15%弱の金利になります。

金利18%というと「かなり高い」と思う人もいるかもですが、30万円の借り入れでも月の利息は4500円です。

少額の借り入れでしたら、そこまで恐れる金額ではありません。


・金利は各社でほぼ差がない
初回の借り入れが上限金利になるということは、上の表でも分かる通り、各社で差がほとんどありません。

つまり消費者金融は各社で金利の差があまりなく、金利以外の部分で比較する必要があります

消費者金融の詳しい金利相場は、以下をご覧ください。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融の金利はどの位?下げるには?


利息は金利・借入金を基に計算しますが、かなり複雑です。詳しくは以下をご覧ください。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融の金利・利息の計算方法について


いくら借りられる?

消費者金融は貸金業法(の「総量規制」)と呼ばれる法律の規制を受けており、借入金額には厳しい制限があります。

ズバリ年収の1/3までしか借り入れできません。
年収600万なら、200万円が借り入れの上限です。

 オススメの消費者金融はこちらをチェック



消費者金融をさらに上手に使うコツは?

せっかく消費者金融でキャッシングするなら、上手に活用したいですよね。

ここでは、消費者金融の上手な活用法を紹介します。

即日で借りる時の注意点は?

上でも書いた通り、平日13時の申し込みが可能なら即日振込、それ以外の時間帯ならスマホ申し込み後に契約機での契約がよいでしょう。

特に、土日祝日の即日キャッシングを希望の人は、契約機がオススメです。

土日祝日に即日で借りたい人には、2点注意点があります。


・遅くとも20時までに申し込み
契約機の営業は22時まで(一部は21時)なので、審査時間や移動時間も考えると、遅くとも20時には申し込みを完了させておきたいところです。


・土日祝日の在籍確認は大丈夫?
キャッシングでは審査の一つとして、勤務先に電話がいきます。

休日も営業してる会社なら問題ないでしょうが、休日に誰も電話を取る人がいない職場だと厳しいです。

その場合、消費者金融の担当者に相談してみましょう。

<関連記事>:即日融資に強い消費者金融、おすすめランキング!


その他の注意点として、消費者金融でも中小の会社だと即日融資に対応してない会社もあります

詳しくは以下でご確認ください。

<関連記事>:消費者金融34社の一覧を紹介!即日融資に対応する会社は?

家族に内緒で借りるには?

先ほど、家族にキャッシングのことを知られないために、自宅に郵便物を届かないようにすることが大事、と説明しました。

その他、大事なことを紹介します。

・自宅に利用履歴を届けないように設定する
スマホの管理画面上で設定すれば、毎月の利用履歴を自宅に送付することが可能です。

通常は「送付しない」(=スマホ上で確認)の設定になっているはずですが、間違って「送付する」で設定したら、家族にキャッシングがバレやすくなります。

念のため、契約後はスマホで管理画面を確認して下さい。


・絶対に延滞(返済遅れ)しないこと
契約後に、消費者金融から自宅・勤務先に電話を掛けることはありません。

ですが、返済が遅れがちになれば、話は別です。


最初の内は携帯(スマホ)に確認の電話がきます。

それでも返済がないと、自宅や勤務先にも電話がいくようになります

担当者が社名を名乗ることはありませんが、頻繁に電話が来たら家族に怪しまれるリスクはあります。

そうならないためにも、延滞だけはしないようお願いします。

<関連記事>:家族にバレないで内緒でキャッシングするには?

来店不要のキャッシングは?

店舗や契約機まで行かずにすむ、来店不要のキャッシングを希望する人もいます。

ただし、「来店不要のキャッシング」といっても、実は2タイプあります。

・完全なスマホ完結取引
スマホで申し込みからキャッシングまでして、契約書類・ローンカードの受け取りが必要ないタイプです。

このサービスができるのは、プロミス・SMBCモビットだけです。


・後日、自宅へ郵便物が届く取引
スマホで申し込みして、振込でキャッシングしてもらえます。

ただし後日、自宅に郵便物(カードと書類)が送られるタイプです。アコムやアイフルはこのタイプです。



消費者金融の利用上の注意点は?

ここまで、消費者金融の魅力や上手な使い方を見てきました。

ここからは、消費者金融のデメリットや利用上の注意点について紹介します。

デメリットはないの?

大きく言って、3つあります。

・イメージがあまり良くない
消費者金融はクレジットカード・銀行カードローンと同じキャッシングサービスですが、消費者金融だけがイメージがあまり良くありません。

・住宅ローン審査に不利になる
消費者金融の借り入れがあると、住宅ローンの審査で不利になると言われています

近いうちに住宅ローンの審査を受ける予定の人は、消費者金融の借り入れは早めに完済しましょう。

・借り過ぎに注意
消費者金融は便利なサービスだけに、つい借り過ぎてしまう人もいます。

キャッシングとは借金のことです。あくまで少額の利用に留め、お金が入ってきたら、すぐに返済しましょう。

<関連記事>:消費者金融でお金を借りるデメリットとは?

取り立ては怖くない?

ドアをドンドン叩いたり、電話で怒鳴られたりといったシーンを漫画やテレビで見たことある人は多いはずです。

ああした取り立てを行うのはヤミ金でして、消費者金融がこうした取り立てを行ったら一発で営業停止処分になります

消費者金融の取り立ては以下のような感じです(銀行カードローンも同じです)。


1.利用者の携帯へ電話

2.利用者の自宅や勤務先に電話

3.利用者の自宅へ郵便物(まれに訪問)



最初のうちは1ですが、それでも返済がないと2,3へとランクアップします。

怖い取り立ては絶対にありませんが、それでも取り立て自体はあるので、返済遅れがないようにしましょう。

<関連記事>:消費者金融の取り立ては怖い?

在籍確認は必ずあるの?

在籍確認とは、キャッシング審査の一環で、担当者が勤務先に電話で確認をすることを指します。

もちろん、「在籍確認は嫌だ」「できれば避けたい」という人は大勢います。

消費者金融の電話で、担当者が社名を名乗ることは絶対にないので、同僚にバレる心配はありません。

とはいえ、いい気分はしないですよね。


そこで、勤務先に電話が行くのが嫌な人は、SMBCモビットの「WEB完結申込」を使うか、以下の記事を参考にして下さい。

絶対ではないですが、在籍確認を避けられるかもしれない方法を解説してます。

<関連記事>:元銀行員が解説!在籍確認なし(電話連絡なし)のカードローンは?

繰り上げ返済を上手に活用しよう

消費者金融の返済負担を減らすために是非やってほしいのが、繰り上げ返済です。



消費者金融では毎月決まった額の返済が必要ですが、これに上乗せした金額の返済も可能です。

その上乗せ分は元本の返済にあてられ、その分の利息を払わずに済みます。

つまり毎月少しずつでも繰り上げ返済をすれば、利息分をかなり軽減できます。

是非、積極的に利用して下さい。

<関連記事>:繰り上げ返済:消費者金融との上手な付き合い方


 オススメの消費者金融はこちらをチェック






【当社関連サイト】
【元銀行員がおすすめ】カードローン教室~損しない選び方を紹介!

【元銀行員おすすめ】キャッシング即日ガイド(最短1時間の融資)


<外部の関連サイト>
日本貸金業協会

金融庁ホームページ

検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング
その他の消費者金融