キャッシングの返済に困った時に知っておきたいこと

借金の返済が遅れると心理的にストレスになるだけでなく、余計な利息を払うことになります。

返済が3月以上遅れると「信用情報」に傷がつき、金融機関からの新規の借り入れもできなくなります

返済が滞ることにはデメリットしか無いので、延滞は出来る限り避けたいものですよね。


しかし、予想しないタイミングで突然給料が下がったり、急な失業などの理由でどうしても返済にまわすお金が用意できなくなることは、誰にでも有り得ます。

ここでは、キャッシングの返済に困ったときに知っておきたいことを見ていきます


キャッシングの返済、遅れたら何が起きるのか



消費者金融や銀行カードローンから借りたお金を約束の返済日までに返せなかった場合、一体何が起きるのでしょうか?

借金がまわりの人にバレることを恐れる人も多いと思いますが、誠実に対応することでそういった事態は避けられる場合もあります。

まず本人の携帯電話に連絡が来る

決まった返済日になっても返済がなかった場合、カードローンの担当者からお金を借りた本人の携帯電話に連絡が来ます。

この段階での電話は督促という感じではなく、「いつ位なら返済できますか?」というソフトな感じの電話です。


返済できてないという負い目から、この電話にさえ尻込みしてしまう人もいるかもしれませんが、とにかく、電話に出ることが重要です。

いつまでに返済できるかの目処を担当者に伝えておけば、それまで返済を待ってもらえるので電話には必ず出ましょう。

やがて家にも督促状が届くようになる

カードローン会社から携帯電話にかかってきた電話を無視し続けるか、いつまでも返済できないと、やがて自宅に返済を促す郵便物が届くようになります

郵便物には企業名の記載はありませんが(担当者の個人名が印字されているだけ)、それでも自宅にキャッシング会社からの郵便物が届くとやはり気分は良くないものです。


比較的バレにくいかたちで郵便が送られてくるとはいえ、勘がいい家族がいた場合、不審に思われないとも限りません。

この状況を防ぐためには、返済に遅れないのが一番です。

強制執行や差押えを受けるケースもあり

いつまでも返済しない状況が長期に続くと、キャッシング会社は最終手段として法的措置を取ります

そうなると、裁判所から強制執行や給料の仮差押えの通知が自宅に届きます。この段階まで来ると、借入残高の一括返済を強制的に求められます。

法的措置が取られると、経済的にますます苦しくなるだけでなく、家族に借金を隠し通すことも困難になるでしょう。


返済が滞ると取り立てがやって来る?



カードローンからの借り入れを滞納すると、家や職場に取り立てがやって来るのではないかと心配になるものです。

しかし、実際に誰かが取り立てにやってくることは、ほとんどありません

キャッシングの取り立てにはルールがある

キャッシングの取り立てには法で定められたルールがあります。一例をあげると、早朝や真夜中の取り立て、脅しのような言葉づかいなどが禁止されています。

借金の回収のためなら、どんなことを行ってもいいという訳ではないのです。

取り立てが家や職場に来るケースは少ない

電話や手紙などで何度も連絡したにも関わらず、債務者から一切の連絡がない場合は、ごくまれにカードローン会社の社員が自宅を訪ねてくるケースもあります。

しかし、基本的には自宅や職場への訪問を行う業者はほとんど無いでしょう。

違法な取り立てを受けたら警察へ連絡すること

先に書いたとおり、キャッシングの取り立てには、法で定められたルールがあります。

したがって、大手カードローンを利用している場合は、悪質な取り立てにあうことは無いと考えてよいでしょう。

しかし、中小の消費者金融を利用した場合、中には犯罪とも取れるような強引な方法で取り立てを行う会社があるかもしれません。

違法な取り立てを受けた場合は、決して泣き寝入りせず、速やかに警察へ連絡しましょう。


自己破産でキャッシングの借金はなくなる?



自己破産は、借金の解決方法として耳にすることが多いので、言葉だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

自己破産とはどのようなものなのか、簡単に見ていきます。

自己破産とは一体どんなもの?

自己破産は、裁判所で手続きを行う債務整理のひとつです。

すべての財産を失っているが借金による負債だけが残っており、借金の返済ができる経済状況にないことを意味します。

自己破産が認められないケースもある

自己破産は、申し立てさえすれば誰でも必ず認められるものではありません。

破産に至るほど経済的に困窮した主な理由が「ギャンブル」「浪費」などの場合は、自己破産が認められないケースもあります。

自己破産のメリットとデメリットは?

自己破産をすることのメリットは、借金がゼロになり、返済による生活の困窮から抜け出せることです。生活の立て直しにだけ集中できる状況になることは、大きなメリットではないでしょうか。

しかし、自己破産とは、借りたお金を合法的に返さないことでもあるので、やはりデメリットもあります。

自己破産が認められると、ブラックリストに載ることになり、信用情報に傷が付きます。

そのことにより、最大で10年ほどは新たにお金を借りる、ローンを組む、クレジットカードを作るといったことが難しくなります。


自己破産などを行わず、地道に返済したい場合は?



返済が滞っている状況にあっても、自己破産などはせずに完済を目指したいと考える人もいるでしょう。

その場合に検討すべきポイントを簡単に見ていきます。

消費者金融に相談し、返済プランを変更してもらう

返済が滞るということは、今の自分の経済力に毎回の返済額が見合っていないことが考えられます。

返済が滞りそうな状況に陥った場合は、まずは消費者金融や銀行へ連絡しましょう。担当者と相談のうえ、無理なく返せる返済プランに変更してもらうことが先決です。

収入を増やす方法を考える

勤務先の会社の就業規定に違反しないようであれば、副業なども検討して収入を増やすことを考えてみましょう。確実に返済を行うためにも、収入は少しでも多いに越したことはありません。

副業が無理な場合は、身のまわりの不用品を手放してお金に換えることも検討しましょう。

複数の借入があれば「おまとめローン」を検討してみる

借入件数が複数ある場合は、「おまとめローン」で借金を一本化し、利息の軽減を狙うのもひとつの手です。

しかし、中にはおまとめローンを利用した後の方が金利が高くなる場合もあるので、事前にしっかり調べて行動することが大切です。



以上、消費者金融の返済に困った時に知っておきたいことを簡単に見てきました。

より詳しい情報は、以下で説明しています。ぜひ参考にしてください。

キャッシングの返済に関する記事一覧


キャッシングの借金にも時効があるって本当?

借金にも時効があるという話を耳にしたことがある方もいるかもしれません。

同じく、キャッシングの借り入れにも時効はあります。しかし、実際にキャッシングの借り入れを時効へ持ち込むことは非常に困難なのです

時効の成立が極めて困難

消費者金融や銀行カードローンからの借金に時効を申し立てるには、5年間まったく返済を行っていないことが条件となります。

ただし、5年という長い滞納期間がありながら、そのあいだに消費者金融から一切の取り立てがないことは考えられません。

返済を行わず、かつ音信不通である場合は、もっと早い段階で裁判を起こされる可能性が濃厚です。

まず、何事もなく5年間過ぎること自体が非常に難しいと言えます。

時効の援用も必要

キャッシングの借金は、ただ時間が過ぎただけで時効になる訳ではありません。

そのため、時効に必要な期間が過ぎたあとに、時効を迎えた旨の連絡を「内容証明郵便」で相手に行う必要があります。これを、「時効の援用」といいます。

時効の援用自体は難しいものではありませんが、時効の5年を経過させるまでが極めて困難です。

返済ができない場合は、逃げずに電話をかけよう

上記のことから、借金の時効を成立させることは、実際にはまず無理であると考えた方がよいでしょう。

借金の返済に困ったときに、このまま時効を迎えるまで逃げ続ければなんとかなるのではないか?と考えてしまう人も中にはいるかもしれません。

しかし、現実には5年滞納を続けたところで、継続的に取り立てや催促を受けていれば、時効は永久に成立しません。


そのことから、やはり、返済が困難な状況に陥った場合も逃げないことが大切です。

最悪の事態を避けるためにも、返済が困難な場合は消費者金融に相談をしましょう。それでも返済が難しい場合は、弁護士などの専門家に相談するとよいでしょう。


 消費者金融のおすすめランキングを紹介します!


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング