消費者金融のおすすめランキングを紹介します!



一口に消費者金融といっても、大手から中小まで数多くあります。みなさんが安心してお金を借りるなら、大手の消費者金融に限定すべきですが、それでも何社もあります。

そこで、ここでは初心者の人でも安心して取引できる消費者金融をランキング形式で紹介します。

消費者金融ランキングを紹介する前に、どういうポイントでランキングの順位付けをしたのか紹介します。ポイントは大きくいって、以下の3つです。


(1)家族にキャッシングがバレにくい

(2)当日中に借りられる

(3)各社の金利をチェック!



消費者金融の利用を考えてる人なら、誰でも気になるポイントだと思います。一つずつ見ていきます。

(ポイント1)家族にキャッシングがバレにくい

消費者金融を選ぶポイントの一つ目は、借り入れが家族にバレにくいかです。本当であれば消費者金融のキャッシングは家族に言うべきでしょうが、やっぱり内緒で借りたいという人もいますよね。家族に内緒で借りられるのは、大きなポイントです。

消費者金融で家族に内緒でキャッシングする方法として、以下の2つがあります。

・ネット完結で借りる

・自動(ローン)契約機まで行く


それぞれの場合で、会社ごとに条件が違います。どんな会社がおすすめか見ていきましょう。

ネット完結で借りる

家族に内緒で借りる方法の一つ目は、ネット(スマホ)完結で借りる方法です。ネット(スマホ)完結とは、申し込みからキャッシングまでネット(スマホ)で全部行えるサービスのことです。

下の表は、大手消費者金融のネット(スマホ)完結サービスの対応状況を表にまとめました。

ネット完結取引きのタイプ 条件
プロミス 完全ネット完結 特定の銀行で口座振替を選択
モビット 完全ネット完結 特定の銀行口座をもっていること
社会保険証か組合保険証をもっていること
アコム カード・書類の受け取りあり 契約後に電話で送金依頼の場合あり
アイフル カード・書類の受け取りあり 契約後に電話で送金依頼
ライフティ カード・書類の受け取りあり 契約後に電話で送金依頼

上の表でお分かりの通り、ネット(スマホ)完結取引に完全に対応しているのはプロミスとモビットだけです。

他の会社は、あとでローンカードと契約書類の受け取りが必要になります。自宅にカードや書類が送られて来たら、家族に怪しまれますよね(社名は封筒に書いてないので、簡単にはバレませんが)。


では、プロミスとモビットのどちらがおススメでしょうか?

プロミスは数多くの大手銀行に対応しているので、完全ネット完結の取引が一番やりやすいです。モビットもネット完結に対応していますが、指定の銀行が三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行だけなので、条件がやや厳しめです。

自動(ローン)契約機まで行く

家族にバレずにキャッシングする方法の2つ目は、ネットで申し込みをした後に自動(ローン)契約機まで行く方法です。

キャッシングではローンカードと契約書類の受け取りが必要になりますが、自動(ローン)契約機で受け取れば自宅に送付されないので、家族に内緒で借りることも可能です

自動(ローン)契約機は、どの会社も夜9~10時までやってるので、この点は各社で差はありません。


ただし、プロミスなら三井住友銀行の支店にあるローン契約機でも申し込みができます。「消費者金融の契約機に入るところを、知り合いに見られたらどうしよう?」と心配な人もいるかもしれませんが、プロミスなら怪しまれる心配がありません。

こうして見ると、家族にバレづらい消費者金融はプロミスとモビット、ということになります。イチオシは対応している銀行が多いプロミスです。

<関連記事>
家族にバレないで内緒でキャッシングするには?


(ポイント2)当日中に借りられる

消費者金融を選ぶポイントの二つ目は、当日借り入れにどの程度対応しているかです。消費者金融でお金を借りる人の中には、「申し込みをした当日に借りたい!」という人も多いはずです。

以下は、消費者金融各社の即日キャッシングのための、締め切り時間を表にしたものです。

ネット完結型の締め切り 自動契約機の締め切り
プロミス 平日午後2時までに契約完了
(場合によって午後8時申し込みも可)
午後8時のネット申し込み
モビット 平日午後2時までに申し込み 午後7時のネット申し込み
アコム 平日午後2時までに申し込み
(場合によっては、平日午後5時の申し込みも可)
午後8時のネット申し込み
アイフル 平日午後1時までに申し込み 午後8時の申し込み
ライフティ 平日午前中申し込み 対応不可

この表でも分かる通り、ネット(スマホ)完結の場合と、自動契約機の場合で申し込みのための締め切り時間が違います。ネット(スマホ)完結の方が即日キャッシングのために早い時間の申し込みが必要で、自動契約機まで行くなら午後7~8時の申し込みでも対応できます。

この中で、遅い時間まで対応している2社を紹介します。

プロミス

ネット完結で即日キャッシングしようと思ったら、平日午後2時までに契約を完了させる必要があります。ただし、三井住友銀行を振替口座にすれば午後8時の申し込みでも、即日キャッシングに対応可能です。

アコム

平日午後5時の申し込みで、来店不要で即日キャッシングに対応しています。ただ、注意点が2つあります。一つは、対応している銀行口座が限られていることです。

もう一つは、(上でも書きましたが)後でカードと契約書類の受け取りが必要になるので、本当の「ネット完結」ではないことです。完全ネット完結を希望するなら、プロミスかモビットを選ぶ必要があります。

以上のように、「当日中に借りれられる」で上位はプロミスとアコム、次点はモビットです。

<関連記事>
消費者金融で土日祝日に即日キャッシングするには?


(ポイント3)各社の金利をチェック!

消費者金融選びで一番気になるのは、やはり金利ではないでしょうか?金利が低ければ、その分返済の負担も軽くなりますからね。

以下の表は、大手消費者金融の金利と借り入れ限度額の比較表です。

金利 最大借入金額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
モビット 3.0~18.0% 800万円
アコム 4.7~18.0% 500万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円
ライフティ 8.0~18.0% 500万円

こうして見ると、一番低い金利がモビット、次に金利が低いのがプロミスとアイフルに見えます。確かに各社の最低金利を見ればそうです。

ですが、皆さんが初めてキャッシングをして、こうした最低金利を適用されることは絶対にありません。初めての借り入れは、10万から50万円程度の間の人がほとんどのはずですが、上限の18%が適用されます。


ちなみに下限金利が適用されるのは、借入金額が500万とか800万で、しかも長年取引をしている場合です。初めて消費者金融を利用する人には、まず関係ない話と考えてください。

したがって、消費者金融の各社で金利にほとんど差がないことが分かります。強いて言えば、上限金利17.8%と一番低いプロミスが、最も金利の低い消費者金融ということになります。

<関連記事>
消費者金融の金利を一覧比較すると一番安いのは?



以上、消費者金融を選ぶ3つのポイントを見てきました。これを元にランキング形式でおススメを並べたのが以下になります。

おすすめの消費者金融、人気ランキング

プロミス
プロミス
消費者金融の大手、プロミスです。「WEB完結」取引なら、カードや書類の受け取りをなくしてネットだけでキャッシングも可能です。

平日午後2時までに契約が完了していれば、ネットだけで即日キャッシングも可能です。女性向けサービスも充実しており、最も使い勝手の良い会社です。

※対象金融機関は200行以上あります。
金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
4.5%~17.8% 500万円 完全対応
サービスポイント 審査時間 キャッシングまで
ネット完結取引が充実 最短30分 最短1時間
モビット
三井住友銀行グループのモビットです。ネット完結の取引ができる「WEB完結申込」なら、お勤め先確認の際に電話確認なしで店頭に行く必要もないなど、他社にはないサービスが売りです。対応している銀行が少ないのが残念ですが、使い勝手のよい会社です。

・当日融資には、14:50までの振込手続完了が必要です。
・審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
3.0%~18.0% 800万円 完全対応
サービスポイント 審査時間 キャッシングまで
電話連絡なしも可能 10秒簡易審査 最短即日
アコム
アコム
消費者金融の大手アコムです。強みは複数の銀行で、より遅い時間の振り込みに対応しているため、即日キャッシングがやりやすいことです。

ネット完結取引に完全に対応してないのは残念ですが、スタッフが親切なのも定評があります。30日間の無利息キャンペーンの人気のサービスです。
金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
4.7%~18.0% 500万円 一部対応
サービスポイント 審査時間 キャッシングまで
30日間の無利息キャンペーン 最短30分 最短1時間
アイフル
アイフル
CMでもご存じ、大手消費者金融のアイフルです。「WEBで契約」で申し込めば、店頭に行かずに審査が完了してキャッシングすることも可能です。

店頭でカード受け取りなら、平日午後6時の申込みでも即日融資に対応可能ですし、土日祝日にも対応可能です(即日融資を希望される場合は早めに申込みましょう)。
金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
4.5%~18.0% 500万円 一部対応
ライフティ
ライフティ
ライフティは大手消費者金融とは違い知名度は低いです。しかし、キャッシングが1000円から可能です。大手消費者ですと、最低でも1万円からという会社が多いので少額でも借入ができるので申し込みやすいです。

即日キャッシングするには、平日の10時台までにネットで申し込みをして、平日午後1時までに審査通過の連絡を受けるなどの条件があります。
金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
8.0%~18.0% 500万円 一部対応


こんな人は消費者金融を利用できない

上では、おすすめの消費者金融をランキング形式で紹介してきました。消費者金融は気軽にキャッシングができる便利なサービスですが、誰でも消費者金融を利用できるわけではありません。

以下では、消費者金融を利用できない人を紹介します。

安定収入がない人

どの会社でも条件として挙げるのが、「安定収入があること」です。安定収入とは継続的にお給料をもらえていることで、単発のバイトしかしてない人は対象外です。もちろん、仕事を全然していない人(=無職)は消費者金融を利用できません。

「安定収入というと、生活保護の場合どうなの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、生活保護費は「収入」とみなされないため、キャッシングは利用できません。

未成年・70歳以上

これも各社で挙げている条件ですが、未成年の人・70歳以上の人は消費者金融を利用できません。未成年については、法律(貸金業法)では親の同意があれば利用可能、としています。ですが、実際にこれを適用している消費者金融は(大手では)ありません。

70歳以上の人についても、借り入れ申し込みができません。また、たとえば69歳で新規に借り入れをした場合は、たとえ借入枠があっても70歳になると新規の借り入れができなくなります。

専業主婦

先ほど「安定収入」のところでも書いた通り、収入のない人は消費者金融を利用できません。これは仕事をしてない専業主婦にも当てはまり、専業主婦もキャッシングできません。

ただし、パートやバイト(ないし派遣)で安定収入のある人は、主婦でもキャッシングできます。

過去に債務整理、自己破産をした

過去5年に債務整理や自己破産した人も、消費者金融を利用できません。5年経過すると信用情報機関の事故情報が消えるので、それ以降であれば利用可能です。

ただし、過去に債務整理をした消費者金融は利用できないようなので、そうした会社は避けた方がいいでしょう。


 オススメの消費者金融、人気ランキングは?


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング