消費者金融でお金を借りるデメリットとは?

消費者金融は審査スピードが早く対応も柔軟なので、急なお金が必要になった時など利用できて便利ですよね。しかし、消費者金融にも良いことばかりではなく悪い部分もあります。


メリットだけでなくデメリットのことも良く知った上で、消費者金融を上手に利用していきましょう。

以下では、消費者金融のデメリットについて見ていきます。消費者金融を利用しようと考えいる方は、チェックしてみて下さい。

消費者金融のデメリットについて

消費者金融のデメリットって具体的にどんなものがあるのでしょうか。いくつかあるので紹介します。

デメリット1. 金利が高い

消費者金融のほとんどが上限金利を18%に設定しています。銀行カードローンの上限金利はだいたい15%となっているので、銀行カードローンと比べてみると高く設定されています。銀行に比べて審査が厳しくないため、金利を高くしてるのです。


借りた額を長期間かけて返済する場合、利息も増えるので返済する額が大きくなってしまいます。

一般に、借入金額が大きくなると貸金業者は、金利を下げてくれることが多いので、借り手としても多少は楽になります。


それでも借り過ぎには注意する必要があります。

消費者金融で借りれる上限額は、年収の3分の1までとなっています。もし上限額ギリギリまで借りることになると、返済利息も多くなるので返済も厳しくなります。

<関連記事>
お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン

デメリット2. ついつい借り過ぎてしまう

消費者金融は銀行に比べて審査も厳しくないので、借入が難しくありません。また、収入が安定していれば、会社員だけでなくアルバイトや主婦の方でも借りられます。


借入金額が少なければ、収入を証明する書類などの提出は必要ありません。

ですが、便利さが逆にあだとなり、簡単にお金を引き出せてしまうことが原因で、ついつい借り過ぎてしまうのです。

デメリット3. 完済に時間がかかる場合もある



毎月の返済額を借り手が設定できるので、最低額に設定しておけば返済の負担を減らすことができます。しかしその分、返済期間も延びることになりますし、利息分は返せていても元本の返済が減らず完済に時間がかかってしまいます。


なかなか完済ができないとストレスになります。また、段々返済するのが難しくなり生活にも支障をきたす原因にもなります。

状況によっては、他の消費者金融から新たにお金を借りて返済金を作るなど、さらに借金を増やすことになります。

デメリット4. 消費者金融のイメージ

昔の消費者金融は、厳しい取り立て・グレーゾーン金利など違法行為を行っているとこも少なくありませんでした。2010年以降、貸金業法の改正によって違法な取り立て行為などは、一層厳しく取り締まられるようになり、今では安心して借りることができます。


しかし、昔の怖いイメージが強いせいか、今でも消費者金融に対してあまり良いイメージを持たない方も少なくないでしょう。少額の借入であれば少しも怖くないのに、もしあなたが消費者金融を利用しようとすると、友人で止める方もいるかもしれません。

デメリット5. 住宅ローンが借りにくくなる

消費者金融で借り入れがあると、住宅ローンが借りにくくなります。住宅ローンは借り入れの額が大きいため、消費者金融での借入まであると「住宅ローンをきちんと返済できるのか?」と銀行の審査担当者に疑われ、審査が通らない可能性もあります。


もちろんこの辺りは、銀行によって審査基準が違いますが、住宅ローンの申込をされる場合は事前に完済することをオススメします。


消費者金融を利用するための注意点は?



消費者金融のデメリットについて分かりました。では、利用するにあたってどういったことを注意していけばいいのでしょうか。


・借り過ぎに注意
消費者金融は借入は難しくありません。自分の口座のようにどんどん引き出せてしまうので、感覚がおかしくなり気付けば限度額ギリギリまで借りていた・・・という方も少なくありません。

借りやすく便利ではありますが、使い過ぎてしまうので気を付けなければいけません。


また、借り過ぎから返済するのが難しくなってしまい、他の消費者金融から借入をするを繰り返し、多重債務者にならないように注意してください。


・住宅ローン審査を受ける方は注意
住宅ローンを借りたい方で消費者金融から借入をしている場合、できるだけ完済してから住宅ローンの審査を受けた方がいいです。

とはいえ、完済していても消費者金融を使っていたということで、マイナスな評価をされてしまうこともあります。ですが、消費者金融の完済から5年ほど経っていれば、住宅ローンの審査に影響はなくなります。

これから住宅ローンを受けようと思っている方は、このことに注意して下さい。


・毎月の返済額に注意
毎月の返済額を低めに設定すれば、少ない額で返済できるので目先の生活は楽かもしれません。ですが、その分返済期間も延びますし、利息も増えて返済総額が高くなってしまいます。


それでは借りた額よりも、さらに多く払うことになり損したことになります。返済額は低めに設定せずできるだけ早く完済するようにしましょう。返済するのが厳しくならないためにも、計画的に自分が返せる範囲の金額を借りるといいです。


以上で消費者金融で借りるデメリットについて紹介しました。

消費者金融は借りやすい分、デメリットもたくさん出てきてしまいます。デメリットも理解した上で、利用していけば便利です。

計画を立てて、自分の生活に合った金額を借入しましょう。



消費者金融で借りるデメリットとは?のまとめ

  • 消費者金融で借りるデメリットは、金利が高い・つい借り過ぎてしまう・住宅ローンが借りにくくなるなどである
  • 借り過ぎによって多重債務者にならないよう注意が必要
  • 住宅ローンは、消費者金融で借入をしていると審査が通りづらい
  • 返済額の低い設定にすれば毎月の返済は楽になるが、返済期間が延びて返済総額が増えてしまう
  • デメリットも理解して利用すれば、消費者金融は便利である


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?