お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン

初めてお金を借りようと思った時、消費者金融がいいのか銀行がいいのか迷いますよね。どっちのが借りやすいのか、違いはあるのかなど気になるところです。

ここでは、消費者金融と銀行カードローンの違いや、どちらで借りればいいのかを見ていきたいと思います。

初めてキャッシングを考えている方は、参考にしてみてください。


消費者金融と銀行カードローンはどう違う?

消費者金融と銀行カードローンは何が違うのか、分からない方も少なくないはずです。イメージだと銀行の方が良さそうですが、消費者金融を選ぶ人も多く見られます。

どう違うのか以下が、消費者金融と銀行カードローンの違いです。

消費者金融は総量規制の対象



消費者金融と銀行カードローンの違いで、真っ先に挙がるのが総量規制です。

総量規制とは、借り手の保護を目的に導入された法律で、特に大事な点は2つあります。


1つは、借入の合計額が年収の3分の1を超えてはいけないことです。

もう1つは、1社の借入が50万円を超えるか、2社以上の借入合計額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要
です。


この総量規制は消費者金融やクレジット会社などが対象である一方、銀行カードローンは対象外です。

つまり消費者金融は借り入れ制限や収入証明書の提出義務がありますが、銀行カードローンにはありません。


ただ最近では銀行カードローンの審査も厳しくなっており、50万以上の借り入れで収入証明書の提出を求める銀行が増えています。

かつては銀行カードローンの方が利用しやすいと思われてましたが、最近ではその差もなくなりつつあります。

<関連記事>
貸金業法の総量規制とは?

金利は消費者金融が少し高い



下の表の通り、銀行カードローンは消費者金融に較べて、金利が低く設定されています。

100万円未満の借り入れで比較してみると、消費者金融は18.0%程度、銀行カードローンは14.5%程度で借入ができます。

金利が低いということは、返済する際の利息が少なくて済みます。この点は銀行カードローンの方が魅力的ですね。

金利 借入上限金
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
バンクイック
(三菱東京UFJ銀行カードローン)
1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円

<関連記事>
消費者金融の金利を大手から中小まで一覧比較してみた

銀行カードローンは即日融資を受けられない

詳細は以下の関連記事を読んでほしいのですが、銀行カードローンで即日キャッシングができなくなりました

即日融資を受けたいなら、消費者金融を選ぶしかありません。

<関連記事>
【要注意!】消費者金融しか即日融資ができなくなりました!

銀行カードローンの方が在籍確認はやや厳しい

消費者金融と銀行カードローンでは、在籍確認の厳しさが少しだけ違います。

銀行カードローンでは、必ず在籍確認は行われます。

消費者金融でも在籍確認は原則行われますが、一部の消費者金融では収入証明書を追加で提出すれば、電話での在籍確認を省略してくれるケースもあります。

銀行カードローンは保証会社を利用する必要あり

銀行カードローンの審査にあたって、銀行以外に保証会社の審査も通過する必要があります。

といっても、別に自分で保証会社を探す必要はありません。保証会社は銀行が指名するからです。

一方で消費者金融の場合は、こうした保証会社は利用しません。

<関連記事>
消費者金融と銀行カードローンの違いを比較した!


消費者金融と銀行カードローンの共通点は?

消費者金融と銀行カードローンで違いがありましたが、共通している部分もあります。

(共通点1)保証人や担保は必要ない

消費者金融も銀行カードローンも無担保・無保証で借入ができます

消費者金融は個人向けの小口融資を行っているので、保証人や担保を付ける必要がありません。

以前、銀行カードローンは保証人が必要でしたが、最近では保証人不要のカードローンが一般的です。

消費者金融も銀行カードローンも、家族や友人に保証人を頼む必要がないので、周りに気兼ねせずにキャッシングできます。

(共通点2)取り立て方法



返済に遅れた場合に、消費者金融の方が取り立てが厳しそうと想像してる人もいるかもしれません。

ですが返済が遅れた場合の取り立て方法は、消費者金融と銀行カードローンでは大きな差はありません

利用者が返済に遅れた場合、担当者から利用者の携帯に電話がかかってきます。この時に滞納や延滞の理由を話し、いつまでに返済できるかを話せばそれで終わりです。


しかし、いつまでも返済できなかったり、電話連絡を無視していると、自宅に催促のハガキが届きます。これでも無視すると、自宅に電話がかかってきます。

それでも返済されない場合は、督促状が届くことになります。消費者金融の方が銀行カードローンよりも取り立てが厳しいということはありません。

(共通点3)家族にバレづらい

消費者金融カードローンも銀行カードローンも、上手に申し込みをすれば家族にキャッシングのことがバレづらいです。

消費者金融の場合、WEB完結取引を使えば申し込みからキャッシングまでスマホで行えて、書類の受け取りも必要ありません。

これなら、家族にバレる心配もなさそうですね(対応しているのは、プロミス・モビット)。


銀行カードローンの場合は、銀行の支店や出張所に設置された自動契約機まで行く必要があります。

ですが、銀行の支店に入るところを知人や家族に見られても、カードローンの契約と気づく人はいないでしょう。

家族に知られずにキャッシングできるのが、カードローンの魅力と言えます。

<関連記事>
家族にバレないで内緒でキャッシングするには?


消費者金融のメリット・魅力について

ここでは消費者金融のメリットや魅力について説明します。

(メリット1)ネット(スマホ)完結取引が充実



最近は、スマホやパソコンからネット申込みをするのが主流です。中でも、WEB完結取引はとても便利なサービスとなっています。

WEB完結ならネットやスマホで申し込みから、キャッシングまで来店不要で行えます。この分野では消費者金融のサービスが充実しています。


このWEB完結取引は、2つのタイプがあります。

1つが書類の受け取りなしの完全なWEB完結です。この取引ができるのがSMBCモビットとプロミスです。カードや書類の受け取りもなく、ネットで取引が完結します。

もう1つが、書類の受け取りありのWEB完結です。こちらのサービスを提供しているのは、アイフルとアコムです。


申し込みからキャッシングまではネット(スマホ)でできますが、後日、書類とカードの受け取りが必要になります。

自動契約機に行きたくない人は、自宅まで送付してもらう必要があります。

店舗や自動契約機に行く時間のない人、家族や周りに内緒で借りたい人にとっては、WEB完結取引は便利なサービスです。

(メリット2)勤務先への連絡連絡をなしにできる場合があり

カードローン審査で、在籍確認(勤務先への電話連絡)は原則必須です。

ですが一部の消費者金融では、追加の書類を提出することで、在籍確認を免除してもらえる場合があります。

もちろん、最後は担当者の判断なので、誰でもという訳ではありません。


もしくは、モビットの「WEB完結申込」を使えば、勤務先への電話連絡をなしにできます。

ただしこちらは、特定の銀行口座を持っている必要があるなど、少し条件が厳しいです。

(メリット3)審査スピードが早い

審査スピードの早さも消費者金融の魅力です。大手の消費者金融だけですが、申し込みから最短で30分程度で審査結果を教えてもらえます

銀行カードローンの審査結果が早くても翌営業日(遅いと2週間後)であることを考えると、審査スピードが全然違いますね。

急いでお金を借りたい場合は、消費者金融を選ぶとよいでしょう。

(メリット4)即日キャッシングにも対応可



先ほども書きましたが、銀行カードローンでは即日キャッシングができません。即日融資に対応しているのは、消費者金融だけです。

キャッシングを利用する人の大半が、急いで(できれば今日中に)お金を借りたいと思うはずです。そんな時に即日キャッシングに対応してないのは、かなり痛いですよね。

急いでお金を借りたい人は、必ず消費者金融を利用して下さい。


銀行カードローンのメリット・魅力について

次に銀行カードローンのメリットを見ていきましょう。

(メリット1)消費者金融よりも金利が低い

消費者金融に較べて金利が低く設定されています。

100万円未満の借り入れだと消費者金融が約18%ですが、銀行カードローンなら約14.5%です(銀行によって違いますが)。

ビックリするほど金利が違う訳ではありませんが、お金を借りるなら誰だって金利が低い方がいいですよね。

(メリット2)高額な借り入れができる



消費者金融の借り入れ上限は、高くても800万円です。一方で銀行カードローンの場合、借り入れ上限が1000万円のカードローンもあります。

つまり、より高額な借り入れをしたい人には、消費者金融より銀行カードローンが向いてると言えます。

もちろん審査があるので誰でも高額借り入れができる訳ではありませんが、高収入のサラリーマンにとって銀行カードローンの方が使い勝手はよいかもしれません。

(メリット3)ブランドイメージが高い

上で見た通り、消費者金融の方がキャッシングの利便性は高いです。返済が遅れた場合の取り立ての厳しさは、銀行カードローンも消費者金融も同じです。

ただ世間的なイメージで言えば、銀行カードローンの方がイメージが良いでしょう。

気にしなければそれまでですが、消費者金融の借り入れの場合は、友達や家族の理解が得づらい可能性はあります。


消費者金融と銀行カードローンを比較

上で見てきた内容を表にして分かりやすく比較してみました。

消費者金融 銀行カードローン
総量規制 対象 対象外
上限金利 18.0%程度 14.5%~15%
借入金額 年収の3分の1まで 年収に関係なし(ただし最近厳しい)
借入上限金額 500~800万円 500~1000万
即日キャッシング できる できない
在籍確認 原則行う 必ず行う
審査のスピード 早くて30分 早くて翌営業日、遅いと2週間
保証会社 不要 必要(銀行が用意する)
保証人・担保 不要 不要
世間のイメージ 良くない 良い


あなたに向いている借入方法は?

消費者金融と銀行カードローンの違いについて見てきましたが、どちらの借入がどんな人に合うのでしょうか。

消費者金融が向いてる人

・今すぐ(今日中に)お金を借りたい人
・少額での借入がしたい人
・手早く借りてすぐに返済する予定の人
・家族に内緒で借りたい人



消費者金融は、今すぐにお金が必要な人や手軽に借入したい人に向いてます

即日キャッシングが可能な会社が多いことから、パッと借りてパッと返そうと思っている人、給料日前に借りて給料が出たら返すという人などにもオススメです。

一定の安定した収入があれば、パートやアルバイト、主婦の方でも借入が可能なので申し込んでみるといいでしょう。

即日キャッシングが必要な人、手間をかけずに現金が必要な人は消費者金融をおススメします。

銀行カードローンが向いてる人

・安定した高収入がある人
・高額の借入を予定している人(融資額500万円以上)
・少しでも低金利で借りたい人
・消費者金融で借りたくない人(イメージを気にする人)



銀行カードローンは、高額の借入をしたい人に向いています。

審査がやや厳しいので誰でもおススメではないですが、金利が消費者金融より少し低いので、高額の借り入れにも向いてます

また、消費者金融のイメージが嫌いな人は銀行カードローンの方がよいかもしれません。

難点は審査に時間がかかることで、申し込みから結果が出るのに数日かかることもあるので、その点は覚悟して下さい



以上で、消費者金融と銀行カードローンを比較してきました。

お金を借りる際、即日キャッシングしたい人や高額の借入をしたい人など、色々いるかと思います。

上で比較した内容を参考に、ご自分にあった借り入れを選択してもらえればと思います。

初めて借りるならどっち?消費者金融VS銀行カードローンのまとめ

  • 消費者金融は即日キャッシングができる、スマホサービスが充実などメリットがある
  • 銀行カードローンは低金利、イメージが良いなどメリットがある
  • 消費者金融も銀行カードローンも、取り立ての厳しさは変わらない
  • 即日融資を受けたい人、少額を手早く借りたい人は消費者金融がおすすめ
  • 高額の借り入れをしたい、低金利で借りたい人は銀行カードローンがおすすめ
  • 銀行カードローンは即日融資に対応してないので要注意


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング