お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン

初めてお金を借りようと思った時、消費者金融がいいのか銀行がいいのか迷いますよね。どっちのが借りやすいのか、違いはあるのかなど気になるところです。

ここでは、消費者金融と銀行カードローンの違いや、どちらで借りればいいのかを見ていきたいと思います。

初めて借入を考えている方は、参考にしてみてください。

消費者金融と銀行カードローンはどう違う?

消費者金融と銀行カードローンは何が違うのか、分からない方も少なくないはずです。イメージだと銀行の方が良さそうですが、消費者金融を選ぶ人も多く見られます。

どう違うのか以下が、消費者金融と銀行カードローンの違いです。

総量規制の対象



消費者金融と銀行カードローンの違いの中で、一番に挙がるのが総量規制の対象についてです。

総量規制とは、借り手の保護を目的に導入された法律で、特に大事な点は2つあります。


1つは借入の合計額が年収の3分の1を超えてはいけないことです。この総量規制によって多額の借入が難しくなりました。

もう1つは、1社の借入が50万円を超えるか、2社以上の借入合計額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要です。


しかし、この総量規制は消費者金融やクレジット会社などが対象となっていて、銀行カードローンは対象外です。

銀行カードローンは銀行法が適用されるので、審査に通れば総量規制に関係なく借入ができます。高額の借入がしたい人は銀行カードローンなら可能です。

金利の水準



銀行カードローンは消費者金融に較べて、金利が低く設定されています。比較してみると消費者金融は18.0%ですが、銀行カードローンは14.5%で借入ができます。金利が低いということは、返済する際の利息が少なくて済みます。

即日キャッシング

急ぎでお金が必要な方は、消費者金融の方が即日キャッシングは便利です。

銀行カードローンでも即日キャッシング可能ですが、審査に時間がかかる分、使い勝手が良くありません。消費者金融ですと、遅い時間でも即日融資に対応してくれる会社も少なくありません。

在籍確認の厳しさ

消費者金融と銀行カードローンでは、在籍確認の厳しさが違います。

銀行カードローンでは、必ず在籍確認は行われます。その一方で消費者金融でも原則行われますが、一部の消費者金融では収入証明書を追加で提出すれば、電話での在籍確認を省略してくれるケースもあります。


消費者金融と銀行カードローンの共通点は?

消費者金融と銀行カードローンで違いがありましたが、共通している部分もあります。

保証人や担保は必要ない

消費者金融も銀行カードローンも無担保・無保証で借入ができます。

消費者金融は個人向けの小口融資を行っているので、保証人や担保を付ける必要がありません。


以前、銀行カードローンは保証人が必要でしたが、最近では保証人不要のカードローンが一般的です。ですが、保証人がいらない代わりに、銀行が指定する保証会社を利用する必要があります。

家族や友人に保証人を頼む必要がないので、周りにバレずに借入することができます。

取り立て方法



取り立て方法も、消費者金融と銀行カードローンでは大きな差はありません。

借り主が返済に遅れた場合、どちらも担当者から電話連絡がかかってきます。この時に滞納や延滞の理由を話し、いつまでに返済できるかを話せばそれで終わりです。


しかし、電話連絡があったのに連絡を取らず、返済もしないと自宅に催促のハガキが届きます。これでもダメですと自宅に電話がかかってきます。

それでも返済されない場合は、督促状が届くことになります。消費者金融の方が銀行カードローンよりも取り立てが厳しいということはありません。


消費者金融のメリット・魅力について

ここでは消費者金融のメリットや魅力について説明します。

メリット1.web完結取引が充実



最近は、スマホやパソコンからネット申込みをするのが主流です。その中でも、「web完結」はとても便利なサービスとなっています。「web完結」取引ならネットやスマホで申し込みからキャッシングまで全て行えます。

この「web完結」取引ですが、2つのタイプがあります。


1つが書類の受け取りなしの完全な「web完結」です。この取引ができるのがモビットとプロミスです。カードや書類の受け取りもなく、ネットで取引が完結します。


もう1つが、書類の受け取りありの「web完結」です。こちらはアイフルとアコムになります。書類受け取りの場合、申し込みまではネットでできますが、カードや書類は店舗か自動契約機まで取りに行く必要があります。


店舗や自動契約機に行く時間のない人、家族や周りに内緒で借りたい人にとっては、「web完結」取引は便利なサービスです。注意しておきたいのが、「web完結」は会社ごとの条件を満たさないと利用ができないことです。申し込み前に確認しておくといいでしょう。

メリット2.審査のスピードが早くて柔軟

消費者金融のもう一つのメリットは、審査のスピードが早いことです。会社によっては多少異なりますが、審査にかかる時間は早ければ30~40分程度でできます。銀行は早くて1時間、遅いと1週間も審査に時間がかかる場合があります。


加えて審査が柔軟なのも、消費者金融の魅力です。在籍確認をメールで済ませてくれる会社があるほか、一部の消費者金融でしたら本人確認書類と収入証明書を提出すれば、在籍確認の代わりにしてくれます。


銀行では必ず電話での在籍確認を行うので、電話連絡が嫌な人には消費者金融の柔軟性は魅力的ですね。

メリット3.家族にバレずにキャッシングしやすい

家族にバレずにキャッシングしやすいのもメリットです。その方法も2つあります。

一つ目がメリット1でも書いたように、ネット完結で申し込めば、借入も返済も全てネットで取引ができます。


電話連絡はもちろん、カードや書類の受け取りもないので、自宅に郵送物が届くことはありません。郵送物で家族にバレてしまうこともあり得るので、これなら安心して融資を受けられます。


もう一つが自動契約機でカードを受け取れることです。事前にネット申込みをしておけば、自動契約機でカードを受け取ることができます。

自動契約機ですと遅い時間までやっているので、仕事で早い時間に行けない人にはいいですよね。カードがあれば、ATMで時間帯を気にせず好きな時に借入が行えます。

メリット4.即日キャッシングしやすい



消費者金融と銀行カードローンの違いのところでも書きましたが、消費者金融は銀行に較べて即日キャッシングがしやすいです。


銀行カードローンも即日融資を行っていますが、審査に時間がかかってしまう場合もあります。その点、消費者金融は最短30分で審査してくれるので、すぐにお金を借りたいのでしたら消費者金融がオススメです。

おすすめの消費者金融は?

プロミス ここで、おすすめの消費者金融を一つだけ紹介します。それはプロミスです。


プロミスはネット(スマホ)での申し込み・キャッシング・返済に優れているのが特徴で、大手銀行を振替口座に指定すれば、来店不要でキャッシングできます。しかも、書類の受け取りもありません。

平日午後2時までに契約を完了させれば、来店不要で即日キャッシングも可能です。申し込み後、ローン契約機まで行ける人なら、もう少し遅い時間の申し込みでも即日融資も可能です。

現在、最も使いやすい消費者金融と言えます。

 プロミスの公式HPはコチラ


銀行カードローンのメリット・魅力について

次に銀行カードローンのメリットを見ていきましょう。

メリット1.年収の3分の1以上の借入が可能



消費者金融ですと、総量規制で年収の3分の1までしかお金を借りることができません。しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、審査に通れば年収の3分の1を超える借入ができます。


まとまったお金が必要な人や、年収の3分の1以上の金額を借入したいと考えている人は銀行カードローンがオススメです。

メリット2.高い借入限度額での借入ができる



銀行カードローンの借入限度額が消費者金融に較べて大きいという特徴があります。条件を満たしていれば500万円~800万などの高額な借入も可能になります。

まとまったお金が必要になったとき、借入限度額が大きいと安心ですね。

メリット3.消費者金融よりも金利が低い

消費者金融に較べて金利が低く設定されています。金利が高いか低いかのちょっとした差でも返済総額は変わってきますし、少しでも負担が軽い方がいいですよね。

メリット4.安心して借りられる

銀行からの借入なら、世間的にもイメージが良いのが長所です。銀行カードローンは、会社的は信頼性や安心感もあるので、抵抗なく利用できると感じる人が多いようです。

メリット5.専業主婦でも借りられる



消費者金融ですと、専業主婦は安定した収入がないため、借入ができません。しかし、一部の銀行カードローンなら収入のない専業主婦でも申し込みが可能です。

例えば、バンクイックやみずほ銀行カードローンなら対応しています。配偶者の同意書なしで申し込めるので、旦那さんに内緒で申し込むことができます。

消費者金融と銀行カードローンを比較

上で見てきた内容を表にして分かりやすく比較してみました。

消費者金融 銀行カードローン
総量規制 対象 対象外
上限金利 18.0%程度 14.5%~15%
借入金額 年収の3分の1まで 年収に関係なし
即日キャッシング できる
(目安は14時までに申し込みを完了させる)
銀行による
(目安は午前中に申し込みを完了させる)
在籍確認 原則行う 必ず行う
審査のスピード 早くて30~40分 早くて1時間、遅いと1週間かかる
保証会社 不要 必要
(銀行が用意する)
保証人・担保 不要 不要
専業主婦の借入 不可 一部の銀行では配偶者の収入があれば可能
世間のイメージ 良くない 良い

あなたに向いている借入方法は?

消費者金融と銀行カードローンの違いについて見てきましたが、どちらの借入がどんな人に合うのでしょうか。

消費者金融の場合

・今すぐ借りたい人
・急ぎのお金が必要になった人
・少額での借入がしたい人
・手早く借りてすぐに返済する予定の人


消費者金融は、今すぐにお金が必要な人や手軽に借入したい人に適しています。即日キャッシングが可能な会社が多いことから、パッと借りてパッと返そうと思っている人、給料日前に借りて給料が出たら返すという人などにもオススメです。

一定の安定した収入があれば、パートやアルバイト、主婦の方でも借入が可能なので申し込んでみるといいでしょう。


消費者金融は借入限度額に制限がありますが、少額で今すぐ借りたい人には合っています。即日キャッシングが必要な人、手間をかけずに現金が必要な人は消費者金融をおススメします。

 プロミスの公式HPはコチラ


銀行カードローンの場合

・安定した高収入がある人
・高額の借入を予定している人(融資額500万円以上)
・ある程度の長い期間で借りたい人
・専業主婦の人(配偶者が高収入であること)


銀行カードローンは、高額の借入をしたい人に向いています。総量規制の対象外なので、借入限度額を気にせず高額の借入ができます。また、消費者金融に較べて金利が低いので、少しでも少ない利息で借入したい人には銀行カードローンがオススメです。


他にも、専業主婦でも配偶者に一定の安定した収入があれば、借入の審査を受けることができます。


銀行カードローンなら、世間的なイメージも悪くないので、そこまで周囲の目を気にする必要もありません。審査は厳しめですが、安心感があるのが銀行カードローンの良いところではないでしょうか。



以上で、消費者金融と銀行カードローンどちらで借入した方がいいのか比較してきました。


お金を借りる際、融資のスピードを重視したい人や高額の借入をしたい人など様々いるかと思います。上で比較した内容を参考にどのようにして借りたいのか良く考えて、自分に合った方法で借入しましょう。



初めて借りるならどっち?消費者金融VS銀行カードローンのまとめ

  • 消費者金融と銀行カードローンの違いは、総量規制の対象や金利の水準などが挙げられる
  • 消費者金融と銀行カードローンは、無保証・無担保や取り立ての厳しさでは同じ
  • 消費者金融のメリットは、借入から申し込みまで簡単。銀行カードローンは、総量規制の対象外などがある
  • 消費者金融のデメリットは、借入限度額が制限されている。銀行カードローンは、審査が厳しくなっている
  • 借入で重視したいことは人それぞれなので、自分に合った借入を見つけましょう


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング