消費者金融の体験談(21):クレジットカード紛失で夫に内緒でお金を借りる

簡単な自己紹介

兵庫県神戸市在住の28歳(女性)です。利用した消費者金融は新生銀行のレイクを利用しました。現在、夫と二人暮らしで、専業主婦をしています。

なぜお金を借りようと思ったのか

お金を借りようと思った理由は、キャッシュカードの付いたクレジットカードを紛失してしまい、現金を銀行から引き出すにも印鑑は離れた実家に置いてきてしまって現金を引き出す事ができず、現金がほとんど無い状態になってしまったからです。

もちろん、そんなお金が無いので印鑑を取りに帰る事もできません。現金が殆ど無い状態でも2~3日は問題がありませんが、3~4日後に携帯電話の利用停止日で、携帯電話が生活にはどうしても必要なため、携帯電話の利用停止だけはどうしても避けたいと思いました。


夫に借りれば良いと思いますが、いつもギリギリまで支払を放置している事や、重要な物を無くしたのは今年に入って2回目だったので、延々と文句を言われるのが嫌で、夫にはお金を借りたくありませんでした。

夫にこの事を知られたくなかったので、どうしてもお金を借りなければなりませんでした。

<関連記事>
家族にバレないで内緒でキャッシングするには?

キャッシングの詳しい経緯

どうやって消費者金融を決めたか

レイクを選んだ理由は、専業主婦でも審査が通りそうな感じだったからです。

インターネットで調べると、消費者金融はネット上で簡単な事前審査をしているので、何社かで審査をしてみました(管理者:当時は専業主婦でも消費者金融の借り入れが可能でしたが、現在は貸金業法により、専業主婦が消費者金融で借り入れをすることはできません)。


レイクの他にもアイフル・プロミスで事前審査をしましたが、レイク以外の審査は、簡易審査の時点で通りませんでした。簡易審査をした中でレイクしか審査が通らなかったので、必然的に借入金融機関はレイクになりました。

<関連記事>
お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン

申込はどうだったか

申し込みは、インターネットから行いました。インターネットからお金を借りる流れは、個人情報・勤務の状況・収入等を入力し、その後必要書類の提出と書類の記入のために無人店舗に向かいます。

無人店舗の審査には免許証等の身分を証明するための書類と住民票や3カ月以内に発行された公共料金の請求書が必要で、書類をそろえるのに手間取りました。


無人店舗には、貸出審査用の座って操作するタイプのATMのある部屋と、審査が終わった人用にお金を貸し出す銀行にもあるような形のATMがある部屋があります。


審査は事前にインターネット上で入力した内容の確認のような事や、契約書の記載、本人確認書類の提出、ATMに付いているカメラで顔写真の撮影のような流れで、審査の最後の方には部屋にある壁掛け電話に電話がかかってきて、消費者金融の人と話をします。

この電話では係の人が疑問に思った事や入力内容の確認を行い、最後に携帯電話につながるかを確認するために通話確認があります。


登録した電話と別の電話を持ってきてしまったため、お金を借りる事ができず、着信確認ができた時以降から借入が可能になりました(固定電話を登録した人は携帯電話を持っていく必要は無いと思う)。

持っていた電話は、私の名義では無かったため、持ってきていた電話を着信確認に使う事ができず、消費者金融の人にもその事で不審がられました。


持っていた理由を、「スマートフォンの使い心地を確かめるために友人から借りている」と説明して納得してもらいましたが、初めての消費者金融で予想外の質問に驚きました。

いくら無人審査と言っても、最終的には審査に人間が絡んでいるので、お金を借りたいのなら不審に思われるような行動は避けた方が良い気がしました。携帯電話に私が出た時点で貸出可能になるという条件で審査には通過しました。


翌日、今度は貸出・返済用のATMのある部屋に入りお金を借りました。お客さんは私の他にも2人居て「こんなに高い金利(18%程度)なのにお金を借りる人が結構いるんだな~」と思いました。

前日の面倒なATM操作を思い出し、また大変な操作をしなければならないと思っていましたが、審査が終わってしまえば借入は簡単で、慣れれば30秒程度でお金を借りる事ができると感じました。


審査が終わればATMでお金を借りるのが簡単なのは便利だと思いますが、簡単過ぎるし、お金を借りているという感覚が薄れるので、使いすぎる危険があると思いました。周りにパチンコ屋があるので、負けて意地になった人が何回も使ってそうだと感じました。

いくら借りたか

夫の収入を年額180万円・勤続年数は10年と申告し、最大で30万円の枠で融資を受ける事が可能でしたが、そんなにお金が必要では無かったため、融資枠は10万円で(金利は18%)にしておきました。

10万円の枠はありましたが、消費者金融でお金を借りるのが怖かったため、結局5万円しか借りませんでした。

<関連記事>
消費者金融で土日祝日に即日キャッシングするには?


借りたお金はその後どうなったか?

お金を借りると、携帯電話の支払いを済ませ、実家に印鑑を探しに帰りました。印鑑を使ってお金をおろし、レイクにすぐに返しに行きました。

借入をしたレイクでは30日間無利息の契約を結んでいて、借りておいても30日間は利息が付かず、何の問題も無いかと思われるかもしれませんが、消費者金融にお金を借りている事自体がとても嫌だったのでできる限り早く借りたお金を全額返しました。


30日間利息は付きませんが、返済が終わっても「本当に利息が付いていないのか」、「本当に完済されているのか」と少し心配しました。

お金を返した時に出てくる明細に「完済しました」というメッセージでも表示されれば安心できますが、そんなメッセージが無かったので、レイクから電話がかかってこないか心配をしました。


心配だった理由は、一つ目は信用情報に傷が付いてクレジットカードの利用が制限されたり、住宅ローン等の大きな買い物をする時にローンが組めなくて困る可能性がある事です。


二つ目は、消費者金融に対する恐怖心や嫌悪感があるからです。父が消費者金融のアイフルや他の消費者金融に借金を取り立て人として勤務しており、小学校低学年位の幼い頃から取り立ての厳しさや債務者の困窮ぶりを教えられてきました。

消費者金融で取り立てを毎日のよう行っていたせいか、父の性格はギスギスした性格に変わり、金に汚くケチな人間性になってしまいました。父はいつも何かに追い立てられているような口調で家族に話しかけるため、家は落ち着かない環境となり、家族全員が父の帰宅を嫌がっていました。


幼い頃から、「消費者金融で借金をすると取り立てが厳しく、借りた以上のお金を返さないといけないし、利息が付いていつまでも返せなくなり、借金のせいで人生が台無しになる」と教え込まれていました。

私の知人にも借金がある人がいて、もう何年も借金を返済しています。その人はギスギスした雰囲気で、仕事が終わった後にバイトに行っているので疲れ果てています。


その人は、自分の欲に負けて借金をしてまでしてお金を使い、毎度のように返済しなければならない状況に陥っています。

生活もギリギリなようで、貯金も無く、もしも働くことができなくなって返済が滞れば、ローンで買っているマンションも手放さなければならない状況だと思います。


そうなると、今まで払ってきたマンションのローンも無駄になり、住む家も無くなり信用情報にも傷が付きどこからもお金を借りる事が出来なくなるので、生活を立て直す事ができなくなると思います。

人の事ですが、借金をしたことによって「人生が滅茶苦茶になるのでは?」と心配しています。

(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

消費者金融で借金をするには、必要書類をそろえなければならず、手続きにも手間と時間がかかります。当面のお金は助かりますが、手間と時間がかかった上に「利息」という形で、余分にお金を払う事になり、下手をすると後々もっと困る事になりかねません。

そうならないために、お金を借りる前には、これは本当に今必要なサービスや物なのかをしっかり考える必要があると思います。


生活費が足りなくてお金が必要な場合は、根本的にお金の使い方が甘く家計管理に穴がある証拠だと思います。

生活費に使うようでは、今後利息を払わないといけないため、もっと生活が苦しくなり借金地獄に陥る事を覚悟した方が良いと思います。


お金を借りるより、我慢する事や生活を見直す方を先に考えた方が身のためだと思います。先にお金を貯めてしまえば利息を払わないで済むので、より大きな金額を使う事ができるとお考えください。



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング