【消費者金融の在籍確認】なぜ勤務先に電話するの?

消費者金融や銀行で借金具する際の審査の一つに、「在籍確認」があります。在籍確認は、利用者の勤務先に電話連絡がいくので、嫌がる方も少なくありません。


なぜ、貸金業者の電話が勤務先にかかってくるのでしょうか?電話連絡をなしにする方法はないのでしょうか?以下で見ていきます。

金融機関の在籍確認について

在籍確認とは、申し込み画面で入力された勤務先に、キャッシング希望者が本当に在籍しているのかを確認する審査方法です。その確認方法は、金融機関の担当者が勤務先に直接電話をかけるという方法です。

なぜ勤務先に電話をかけるのか?

「連絡するなら、会社にしないで直接連絡すればいいのでは?」と疑問に思う方もいるかもしれません。


なぜ勤務先に電話連絡するのかというと、身元も分からず仕事先も確認できない相手に、金融業者はお金を貸せないからです。


万が一お金を貸したとしても、返済されなければ損をするのは金融機関です。そうならないよう、この人は仕事(=安定収入)を持っているか確認するために、勤務先に電話をかけるのです。

勤務先に電話がきたら同僚にバレない?

在籍確認に抵抗がある方のほとんどが、「勤務先に電話連絡がきたら、同僚にバレるんじゃないか」と不安に思っています。


ですが、そんな心配はいりません。消費者金融や銀行もプロですから、同僚にお金を借りていることがバレないように配慮してくれます。


勤務先への在籍確認では、担当者は会社名を名乗ることはなく個人名で電話をかけてくるので、貸金業者だということは分かりません。


異性からの電話連絡だと不都合がある方は、「男性の担当者」か「女性の担当者」でかけてもらうよう、事前にお願いしておくことが可能です。相談すればきちんと対応してくれるので、心配せずに相談してみましょう。


在籍確認はそれほど厄介ではない?

勤務先に電話連絡が行くといっても、みなさんが恐れるほど厄介なものではありません。事前知識があれば、何のトラブルもなく乗り切れます。

自分が電話に出れば問題ない

在籍確認に不安を感じている方は、自分が在席している時間帯に電話をかけてもらう事が可能です。自分がいる時間なら、電話がかかってきても同僚が代わりに出る心配もないので、周囲にバレずに在籍確認を行う事ができます。


申し込みの際に、自分がいる時間帯に勤務先へ電話をかけるよう金融機関の担当者に相談してみましょう。


何が聞かれるの?

金融機関の在籍確認の目的は、「申込み者が本当にここの会社に勤務しているのか」を知るためのものです。申込み者の確認が取れれば、それで終わりです。


他に借入はないか、普段のお金の使いかはどうなのかなど、細かく質問されると勘違いされる方が時々いますが、そういったことは一切ありません。


あれこれ聞かれることは絶対ないので、安心して在籍確認を受けて下さい。

借主本人が不在でも問題ない?

在籍確認は本人が電話に出れなくても、勤務している確認が取れれば問題ありません。

先ほども書いたように貸金業者の在籍確認は、担当者が借入希望者の勤務先に電話します。

「○○(個人名)と申しますが、Aさんはいらっしゃいますか?」と担当者が聞き、Aさんが離席中でも、そのことを電話に出た方が伝えれば、在籍確認が完了したことになります。


繰り返しになりますが、電話の相手があなたのことを根掘り葉掘り質問するといったことは絶対にありません。


それでも不安な方は、事前に「クレジットカード会社から連絡がくる」など自分宛に電話がかかってくることを周りに伝えておけば、貸金業者からの電話だとは疑わないでしょう。


<関連記事>
消費者金融の在籍確認は怖くない!

在籍確認の電話をなしにできないの?

ネット上などで「在籍確認なしでもお金が借りられる」という情報が出回っていますが、在籍確認なしでキャッシングできる会社は原則ありません。


ただし、勤務先への電話連絡以外の方法で在籍確認をする貸金業者はあります。また、場合によっては在籍確認に対して、柔軟な対応をしてくれる会社もあります。

勤務先への電話連絡なしの金融機関は?

多くの貸金業者では、勤務先への電話による在籍確認を行っています。しかし、モビットの「web完結申込」というサービスを利用すれば、勤務先への電話連絡がなしになります。


電話連絡の代わりにメールで在籍確認を行えるので、電話がどうしても嫌な方は考えてみても良いでしょう。


ただし、「web完結申込」を利用するには、条件があります。三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行を指定口座にすること、社会保険証や組合保険証を持っていることが必要です。この2つの条件を満たしていれば、「web完結申込」を利用することができます。


 モビットについて詳しくはこちら

お願いすれば在籍確認を省略してくれる?



もう一つの方法として、担当者にお願いをすれば、電話での在籍確認を書類の提出で省略してくれる場合があります。


通常は電話での在籍確認を行う必要がありますが、「どうしても電話は困る」と言った方は、収入証明書を追加で提出をすれば勤務先への電話連絡をなしにしてくれます。


銀行カードローンでは応じてくれませんが、一部の消費者金融では検討してくれます。


電話連絡なしを希望する場合、必ず担当者に相談をしておきましょう。事前に伝えておかないと、勤務先に電話が来ますので忘れずに伝えて下さい。


とはいえ、絶対に在籍確認を省略できるとは限りません。申込み状況や審査次第では、希望通りにならない可能性もあるので注意して下さい。


<関連記事>
お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン


以上で、金融機関の勤務先への電話連絡について見てきました。


上でも見た通り、勤務先への電話連絡といっても怖いものではありません。きちんと対応すれば何の問題も起きないでしょう。


また契約後のキャッシングでは、返済の延滞など利用者とも連絡が取れない場合を除いて、勤務先に電話がかかってくることはまずありません。契約時の電話連絡をクリアすれば、トラブルがない限り勤務先に借金をしていることはバレないでしょう。



<在籍確認>なぜ勤務先に電話するの?なしにできない?のまとめ

  • 在籍確認とは、利用者が本当にそこの勤務先で働いてるかを確認するもの
  • 身元も仕事先も確認できない相手に、お金を貸せないので勤務先に電話をかける
  • 勤務先への電話連絡にはちゃんと配慮してくれるので、貸金業者だと分からないようにしてくれる
  • 在籍確認は、他に借入があるのかなど細かい質問をされることは絶対にない
  • 何かトラブルがない限り、在籍確認が終われば勤務先に電話がかかってくる心配はない


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング