消費者金融の在籍確認は怖くない!

消費者金融でお金を借りたいけど、在籍確認が気になっている・・・という方もいるかと思います。消費者金融から直接電話がかかってくるので、「借入していることが会社にバレてしまうのでは?」と心配になりますよね。


在籍確認で何となく気が引けてしまっている方のために、消費者金融の在籍確認はどのようなものなのか以下で見ていきたいと思います。

在籍確認について

在籍確認とは、消費者金融の担当者が勤務先に電話をかけ、あなたが在籍しているかを確認することをいいます。

消費者金融や銀行カードローンはもちろん、お金を借りる場合はどの会社でも在籍確認が行われます。

審査するのに在籍確認は必要



消費者金融で借入の審査をするにあたって、在籍確認は原則あります。上でも書いたように、申し込み者が借入申し込み時に申告した勤務先に、本当に勤めているのかを確認するためです。


中には、勤めていない会社を申告してくる方もいます。そのような嘘があると、在籍確認が行えず、審査が通りません。

会社名を名乗らず連絡をしてくれる

在籍確認で消費者金融の担当者は会社名を名乗らず、個人名で電話をかけます。

会社名を名乗ってしまうと、消費者金融でお金を借りていることが勤務先にバレてしまうので、担当者が会社名を名乗ることはありません。

<関連記事>
【在籍確認】なぜ勤務先に電話するの?なしにできない?


在籍確認ではどんなことを聞かれるの?



在籍確認について分かりましたが、具体的にどんなことを聞かれるのでしょうか。本人が出た場合と不在だった時の場合の2つのパターンに分けて紹介します。

申し込み者本人が出た場合



本人が電話に出た場合は、「○○(フルネーム)様でしょうか?」と聞かれるので「はい、○○です」と答えれば基本これで在籍確認は完了です。

会社によっては、住所や生年月日などの聞いてくることもあります。

申し込み者が不在の場合

もし、申し込み者が不在で電話を取った同僚に「○○は席を外しております」と言われたら、消費者金融の担当者は「では後ほどかけ直します」を言って電話を切ります。

申し込み者本人とは話していませんが、これで職場に勤務していることが分かったので在籍確認は完了となります。


電話を取った同僚の答え方によっては、もう少し詳しく聞かれることもあります。外出中や休暇であれば問題はありませんが、すでに退職している、または休職中ですと融資できないからです。

スムーズに在籍確認を行うには?

在籍確認は、申し込み者本人につないでもらうか、席を外しているなど確認が取れれば完了です。しかし、会社によっては「個人情報ですのでお答えできません」と個人宛に電話をつないでくれないケースもあります。


そのようなことがあると在籍確認が取れないので、審査することができません。事前に勤務先に、あなた宛ての電話があることを伝えておくと在籍確認がスムーズに行えます。

どうしても在籍確認が嫌な方は?

どうしても心配な方や電話は困る、という方もいるかと思います。そんな方はどうやって在籍確認を回避したらいいのでしょうか。

「在籍確認なし」で済ませてくれる会社がある?



一部の大手消費者では、本人確認書類と収入証明書を提出すれば、在籍確認を省略してくれるケースもあります。

ですが、審査の結果次第では在籍確認の省略ができない場合もあるので、詳しくは担当者に確認して下さい。


また、担当者に在籍確認が嫌な理由を説明するといいかもしれません。事情によっては、電話での在籍確認なしで済ませる方法を考えてくれたり、担当者が電話をかける日時や曜日を考慮してくれます。

電話連絡が嫌なら「web完結申込」を使おう!



モビットの「web完結申込」なら申し込みから借入・返済を全てネットで行うことができます。

モビットの場合、電話での在籍確認をメールで済ますことができるので、周りにバレることもなく借入ができるのでとても便利なサービスですよね。

どうしても電話での在籍確認が嫌な方にはオススメです。

「web完結申込」のデメリット

「web完結申込」は便利でメリットが多いのですが、人によってはデメリットだと感じることもあります。

「web完結申込」を申し込むには、いくつか条件があります。以下が、モビットの「web完結申込」の条件で、全て満たす必要があります。


・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている
・社会保険証か組合保険証を持っている
・収入証明書のコピーを送付


この条件を全てクリアしないと申し込みができません。「web完結申込」で借入を希望されるのでしたら、事前にHPなどで確認してから申し込みをするようにしましょう。


他にも、「web完結申込」ですと借入・返済が銀行口座への振り込み、引き落としになるので消費者金融との取引きが通帳に記帳されてしまいます。

家族にバレないように、ご自身で通帳の管理を行っていればいいのですが、中には夫婦共同で管理している通帳だったり、うっかりその辺に通帳を置いといてバレてしまったというケースもあります。


家族に内緒で借りるのでしたら、自分専用の通帳にするなどして気を付けてください。また、審査結果によっては勤務先への在籍確認を行うこともあるので、ご注意ください。

困ったら担当者に相談しましょう

以上で在籍確認について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

在籍確認は決して怖いものではありません。個人名で電話をかけてくれるので、借入をしていること周りにバレることはありません。とはいえ、中には感づかれてしまうこともあり得ます。


どうしても電話での在籍確認が嫌なのであれば、先ほども書いた通り、消費者金融の担当者に相談することをオススメします。場合によっては、在籍確認を省略してくれることもあり得ます。



消費者金融の在籍確認は怖くない!のまとめ

  • 在籍確認とは、申し込み者が本当にその勤務先に勤めているかを確認するために行う
  • スムーズに在籍確認を行いたいなら、自分宛に電話がかかってくることを勤務先に伝えておく
  • 担当者は、個人名を名乗って電話をかけてくるので、消費者金融だということは分からない
  • 電話での在籍確認が嫌なら、web完結にすれば在籍確認がメールで済むが、デメリットもある
  • 消費者金融の担当者に相談すれば、収入証明書を追加で提出することで、在籍確認を省略できる場合もある


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング