元銀行員が解説!在籍確認なし(電話連絡なし)のカードローンは?

会社(勤務先)に電話するのだけは勘弁してほしい


こんな風に考えてる人は多いはずです。勤務先に電話がいく「在籍確認」は、カードローン審査では必須とされています。

でも、特定のカードローンなら一定の条件を満たせば、カードローンの在籍確認なし・電話連絡なしも可能です。

ここでは、在籍確認なし・電話連絡なしの条件や、対応するカードローンについて見ていきます。

在籍確認なしのカードローン、必要な条件は?

ここでは、在籍確認なしのカードローンや、その条件について見ていきます。

まず、「在籍確認なしで利用できるカードローン」としてネットで評判のカードローンを検証したいと思います。

「在籍確認なし」とネットで評判の銀行カードローン、本当?

ネットで「在籍確認なしのカードローン」で調べると、りそな銀行とセブン銀行のカードローンが対応していると説明してるサイトが見つかります。

でも、本当でしょうか?まず、この噂から検証します


<りそな銀行(りそなクイックカードローン)>

りそなクイックカードローン
出典:りそな銀行

りそなクイックカードローンなら、「在籍確認なしもOK」と説明してるサイトがあったので、確認のため筆者はりそな銀行・クレジットセンターに電話をしてみました(2018年4月)。

その結果、「現在は、在籍確認をお願いしています」という回答でした。

以前は「在籍確認なしOK」だったかもしれませんが、今は確実に在籍確認があります

ちなみに、りそなクイックカードローンは、申し込みからキャッシングまで最短2週間かかるのに加え、りそな銀行の口座が契約で必要になります。

口座開設は、さらに1週間ほどかかります。

急ぎでお金が必要な方には、あまりオススメできません。



<セブン銀行カードローン>
セブン銀行カードローンも、在籍確認なしのカードローンとして紹介されていました。

では、セブン銀行カードローンのHPを実際に確認してみましょう

セブン銀行カードローン,在籍確認

上の説明にもある通り、原則ないかもしれないけど、あるかもしれないそうです。

つまり現在は、セブン銀行カードローンで在籍確認なしを約束している訳ではないのです(注:この記事の執筆は18年4月下旬)。


そもそも、カードローン会社は「在籍確認なし」を嫌がります。

カードローン会社からすれば、リスクが高くなるだけですからね。

ただ一方で、一定の条件を満たすと在籍確認なしをカードローン会社に認めてもらいやすくなる、というのは確かにあります。

以下では、「在籍確認なし」を認めてもらうための条件を紹介します。

「在籍確認なし」にするための条件は?

「在籍確認なし」を認めてもらうためには、(最低でも)以下の条件を2つとも満たす必要があります


・追加で収入証明書を提出する
消費者金融でも銀行カードローンでも、50万円を超える借り入れで、収入証明書の提出を求められます。

ですが、収入証明書を追加で提出することで、在籍確認を免除してもらえる場合があります

追加というからには、50万以下の借り入れなら収入証明書1つ、50万を超える借り入れなら収入証明書2つ、ということになります。

収入証明書とは、源泉徴収票・給与明細書・所得証明書・確定申告書などのことです(会社によって微妙に違いますが)。

<関連記事>:収入証明書が不要な消費者金融はどこ?



・それなりの信用力がある
それなりに信用力のある人、もっと直接な言い方をすると、年収の高い人(たとえば年収600万以上)とか公務員の人は、在籍確認を免除されやすいです。

<関連記事>:公務員がキャッシングする時に気を付けたいことは?

筆者は、かなりの数のカードローン会社に電話をかけ、在籍確認なしが可能か質問しました。

「在籍確認なしも可」と言ってくれた担当者の発言で多かったのが、「審査状況によっては・・・」というセリフでした。

このセリフの意味するところは、「あなたにそれなりの信用力があるなら、在籍確認なしも考えますよ」という意味です。


これは、カードローン会社の立場で考えれば分かる話です。仮に、年収600万円の人と年収150万円の人が在籍確認なしを希望してきたとします。

カードローン会社として、積極的に取引したいのはどちらでしょうか?間違いなく、年収600万の人です。

先ほども書いた通り、在籍確認なしはカードローン会社にとってもリスクです。

年収600万の人なら多少のリスク(在籍確認なし)を取っても取引したいでしょう。

でも、年収150万円の人に対して、そこまでリスクを取りたいとカードローン会社は思わないはずです。


以上のように、「追加の書類提出」・「それなりの信用力」の2つがないと、在籍確認なしを認めてもらうのは難しいでしょう。

在籍確認なしに応じてくれるカードローンは?

上では、在籍確認なしを認めてもらうための条件を紹介しました。

では、上の2条件を満たしていればどの会社でも在籍確認なしを認めてもらえるかというと、そんなことはありません。

どんな条件を満たしても、絶対に在籍確認は免除しないと(担当者が)明言するカードローンもあります

赤いメガバンクのカードローンは、その典型です(これも電話で確認しました)。

一方で在籍確認について、(上の2条件を満たしてるなら)ある程度は交渉に応じてくれるカードローンもあります


・大手の消費者金融
電話で確認した範囲内では、ある程度は相談に乗ってもらえそうな雰囲気でした。

どうしても在籍確認が嫌なら、一度相談してみる価値はあるでしょう。

ただ、レイクALSAだけは話が別で、ここはどれだけ頑張っても在籍確認の免除は難しそうです(電話の印象では)。


・一部の銀行カードローン
先ほど挙げたセブン銀行カードローンもそうですが、一部の銀行カードローンも在籍確認で相談に応じてもらえます。

先ほども触れた通り、堅いイメージのある銀行ほど応じてくれない印象です。

<関連記事>:消費者金融の在籍確認は怖くない!


勤務先への電話連絡なしのカードローンは?

「在籍確認なし」にはできないけど、一定の条件さえ満たせば、勤務先への電話連絡をなしにできるカードローンなら存在します。

条件を満たすのは、SMBCモビットだけ

SMBCモビットの「WEB完結申込」なら、自分充てにメールが届くだけで、勤務先への電話連絡をなしにできます

「どうせ、年収の高い人(もしくは公務員)だけが対象なんでしょ?」と思った人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

下で述べる条件を満たしていれば、信用力に関係なく電話連絡をなしにできます。

会社への電話連絡なしの条件(SMBCモビット)

SMBCモビットの「WEB完結申込」で申し込みをするためには、以下の条件が全部必要になります。


1.ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のどれかを振替口座にすること

2.社会保険証か組合保険証を持っていること

3.収入証明書・身分証明書を提出すること



3番は当たり前でしょと思われるかもしれませんが、それは違います。

50万円以下の借り入れなら、(本来は)収入証明書は必要ありません。

ですが、SMBCモビットの「WEB完結申込」の利用にあたっては、収入証明書の提出も条件になります。


ちなみにSMBCモビットの「WEB完結申込」だと、ローンカードや契約書類の受け取りもなく、完全にスマホ完結でキャッシングできます。

家族にキャッシングのことを知られたくない人にもオススメです。

 SMBCモビットで初めてキャッシングするには?



以上、「在籍確認なし・電話連絡なしのカードローン」について見てきました。

繰り返しになりますが、在籍確認をなしにしてもらうには、「追加の収入証明書」「相応の信用力」の2つは最低条件です。

それでも、担当者の与信判断によっては在籍確認を免除してもらえないかもしれません。

つまり、「絶対に(無条件に)在籍確認なしになるカードローン」は存在しないので、ご注意ください。

この記事のまとめ

  • りそな銀行・セブン銀行カードローンは、在籍確認なし可とは限らない
  • 在籍確認なしを認めてもらうには、「追加の収入証明書」・「それなりの信用力」は最低限必要
  • 条件を満たしていても、在籍確認なしを絶対に認めないカードローンはある
  • 大手の消費者金融や、一部の銀行カードローンなら交渉に応じてもらえる場合がある
  • SMBCモビットは、勤務先への電話連絡なしに応じてくれる唯一のカードローン

 元銀行員が選ぶ!消費者金融ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

ランキング
その他の消費者金融