ヤミ金でお金を借りる(体験談)(10):キャバクラ店長にだまされて、ヤミ金でお金を借りる

兵庫県在住 35歳、女性です。初めて、「ヤミ金」に手を出してしまったのは、10年前で20歳ぐらいの高卒したばっかりの頃になると思うんですけど。

私は当時、一人暮らしをしてみたくて、地元から離れて、夜の仕事(キャバクラ)で働きながら、大阪に住んでいました。


なぜヤミ金でお金を借りようと思ったのか

その当時、ヤミ金業者っていう存在も言葉も知らなく、どういったものが「ヤミ金」なのかっていう知識も、ヤミ金業者とは、どう言ったシステムなのかも、知りませんでした。いわゆる無知だったんです。

<関連記事>
消費者金融とは?サラ金・ヤミ金との違いは?

どうやって会社を選んだか

会社を選んだと言うよりも、騙された?に近いかもしれません。冒頭にも、書きましたが、当時、キャバクラで働いてたのですが。その店には、罰金制度とペナルティ制度というものがありました。

罰金制度というのは、遅刻・早退・無断欠勤・来てるお客さんとの恋愛関係問題・お店の女の子とのトラブル(喧嘩・お金の貸し借り)などなど、色んな訳の分からない理由で、罰金されるといった制度です。


ペナルティ制度というのは、一日の指名量が決まっていて、その目標を達成、出来なかった場合に罰金されるといった制度です。

キャバクラは、入店したばかりの新人なら、必ずヘルプ(助手?みたいな感じです。)として席に着かさしていただけるのですが、日数・経験が経つにつれて、そのヘルプもなくなり、自分自身で、お客さんを呼ばないといけなくなります。


そういった制度もあり、罰金が積もっていってしまい、借金になってしまったケースもあります。

私の場合は、恥ずかしい話しなのですが、あまり常連さんのお客さんがいなかったので、収入も少なく、家賃を滞納してしまったんです。その家賃を立て替えていただいたのが、当時、その店の社長でした。

キャッシングの詳しい経緯

その社長に、立て替えていただいた家賃なのですが・・・。私の知らないあいだに、ヤミ金になってしまったのです。キャバクラという仕事は、当時は、入店する前に身分証明書を提出するのですが・・・。

その入店する前に、必要な身分証明書というのが、保険証・住民票・印鑑証明書・携帯電話の請求書(もしくは、、公共料金の請求書)・戸籍謄本だったのです。


私は、当時、印鑑証明書といったものを持っていなかったので、代わりに卒業アルバムを見せました。話しが少し、それてしまいましたが・・・。

家賃を立て替えていただいた社長がヤミ金業者の人と組んでたみたいで、立て替えたと言うより、入店する時に、身分証明書として提出した、保険証・住民票・戸籍謄本を勝手にヤミ金業者の人に見せて、私の知らないあいだに、お金を借りて、私には、家賃を立て替えたという形になっていました。


しばらくのあいだは、ちゃんと、返済出来ていたのですが、収入が少なくなっていくにつれ、返せなくなってしまい、一人暮らしをやめて実家に帰る事にしたのですが。

この頃から、取り立てが始まりました。この頃、軽い気持ちで、「実家に帰れば取り立てもなくなるだろう。」と思っていました。でも、そうではありませでした。実家にまで、取り立てに来るようになりました。

借りたお金はその後どうなったか?

実家に帰ってからも、朝から夜中まで、毎日のように、電話がかかってきたり・家の近くにまで、勝手に来るようになったり・急に家から出て来るように呼び出しされたり・ずっと跡を、尾行されたりしました。

それは、地獄のようで、毎晩、不安で寝れなくなりました。親にもバレたくなかったので。


日が経つにつれて、親にバレてしまいました。親は、泣きながら、すごく怒鳴ら、叩かれました。それでも、取り立ては、日に日に、エスカレートしていき、だんだんと怖くなり、地域でしている無料で相談できる司法書士の人に、今までの事を全て相談しました。

もちろん、無料で相談に応じてくれる弁護士の方々にも相談しました。相談に応じていただいた弁護士の方々や、司法書士の方々は、とても親身になって、私の話しを聞いていただきました。


弁護士の方々や、司法書士の方々のアドバイスで「違法行為・違法取り立て・違法金利・違法利息ですから、心配しなくても大丈夫です。何も心配は、いりません。」と言われたので、その当時、とても、安心したのを今でも覚えています。

弁護士の方々や、司法書士の方々に、相談に行くようになり、ヤミ金業者の地獄のような取り立てが、嘘のように減っていき、しばらく経つと、無くなりました。


それから、すぐに店を辞めました。半年から、一年ぐらいが経った頃に、昔、店にいたボーイさんに、ばったり街で遭遇しました。

そのボーイさんが言うには、私の給料を計算している時に、何度もおかしいと思っていたみたいで、社長に何度も聞いてくれてたみたいなんです。その度、社長は、借金のお金としか言わなかったと聞きました。


そのボーイさんに、実家にまで取り立て来ていた事を言ってみると、そのボーイさんが「そう言えば、働いていた時に、電話で誰かと話しをしていたな~。」と言っていたので、「何を話ししていたのですか?」と聞いてみると「実家の住所なら、わかる!教える!」と・・・。

その他にも、その当時の社長と、ヤミ金業者の人達は、一緒に組んで、私にやっていた同じ事を、店の、他、女の子達にもしていたって話を聞き怒りが湧きました。


でも、そのボーイさんの話しによると、「その当時の店長は、今は、この街にもいないみたいで、警察からも逃げ回って、色んな街を転々としてるみたい。

警察に追われてるから、この街にも、もう近づけないから、大丈夫だよ。」と言われました。それを聞いて、すごく安心したのと同時に、怒りがおさまりました。

<関連記事>
消費者金融の取り立ては怖い?その実態を教えます

(まとめ)ヤミ金の利用を考えている人へのアドバイス

ヤミ金業者っていうものは、とても恐ろしいものです。今、自分が持っている大切な友達・大切な彼氏(もしくは彼女)・愛犬・家族・お金・時間・命・精神的な辛さ・何もかも全て奪います。その中には、決して取り返せない信用や目の前の幸せまで。

いくらお金がなくて、困っていても、決して手を出してはならないのが、ヤミ金です。ヤミ金業者の人は、どうやって上手に言ったらいいか・どうしたらお金を奪えるか・どうしたら・・・と常に考えています。


もし、お金に困って、ヤミ金を利用しょうか迷っていらっしゃる方、自分の大切なもの・人達を思い出してください・・・。

絶対に借りないでください・・・。
全て、失います・・・。
借りた後で、絶対に、後悔します・・・。
借りるんじゃなかったと・・・。
それからでは、遅いんです・・・。


知らなかったから・無知だったから・騙されたとか言う言い訳は、一切ヤミ金業者の取り立てに、それは通じません。お金を、回収する為なら、どんな手でも使ってくるのがヤミ金の取り立てです。

ヤミ金業者には、ルールなんて、ないのですから・・・。やりたい放題です。ヤミ金には、決して手を出さないでください。


もし、これを読んでいただいている人の中で、もうヤミ金業者に、手を出してしまった人がいるのなら、今すぐに無料で相談できる地方の司法書士の方々や無料で相談できる弁護士の方々に、相談してください。

きっと、助けていただけます。私のこの経験が、少しでも役に経ってくれますように・・・。私のこの経験が、ヤミ金の被害が、少しでもなくなりますように、願ってます。


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング