【要注意!】消費者金融しか即日融資ができなくなりました!

新聞でも報道されましたが、2018年1月以降、カードローンの「即日融資」が消費者金融でしか行えなくなります

つまり、銀行カードローンでの即日キャッシングができなくなります


現在カードローンを利用している人でも、この情報を知らない人は意外に多いようです。

すでにカードローンを持っている人は問題ないですけど、これから急いでお金を借りたい人には大問題ですよね。


ここでは、消費者金融の周りでどんな影響があるのか、また銀行カードローンが即日で利用できなくなった背景を見ていきます。


銀行が「即日融資」をやめたら、消費者金融には何が起きる?



銀行カードローンでは、2018年1月以降に即日融資を停止します

これまでは即日融資の選択肢として「銀行カードローン」・「消費者金融カードローン」の2つがありました。


ここでは、銀行が即日融資を取りやめると、どんなことが起こるのかを見ていきます。

消費者金融の利用者が増える

銀行カードローンの即日融資が停止することで一番に考えられるのは、「消費者金融の利用者が増えること」です。

これまでは銀行と消費者金融のどちらでも利用できていた即日融資が“銀行だけ”停止されるとなると、即日キャッシングの希望者は消費者金融へ流れるでしょう。

<関連記事>
お金を借りるならどっち?消費者金融VS銀行カードローン

消費者金融の「気軽さ」を重要視する人が増える

また、銀行カードローンは2018年1月以降、これまで以上に審査が厳しくなる見込みです。

そのことから、銀行カードローンの審査に通る自信がない人・銀行カードローンの審査でNGになってしまった人も消費者金融を利用する可能性があります。


今までも消費者金融に比べ、審査が厳しい傾向にあると言われてきた銀行ですが、これからはもっと厳しくなることが考えられます。

そのため、厳しい審査を敬遠する人にとっては、消費者金融の方がやや気軽な印象に映るかもしれません。

今後、総量規制のデメリットも目立ちにくくなるかも

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いで大きいのが、「総量規制」です。

総量規制とは年収の3分の1を超える借入を禁止する法律で、現時点では消費者金融のカードローンのみに適用されており、銀行はこの対象外です。

この総量規制による「借り入れ制限」が、消費者金融のデメリットとして知られていました。


しかし近年、銀行カードローンでも過剰借入れ(=借りすぎ)による破産者の増加が問題となっています。

これを防ぐ目的で、今後は大手の銀行カードローンでも融資上限額を厳しく設定する可能性があります

<外部関連サイト>
3メガ銀、カードローンに自主上限 過剰融資批判受け | 日本経済新聞


たとえば、大手の銀行カードローンでは借入が200~300万を超えなければ、以前は収入証証明書の提出が必要ありませんでした。

ですが最近では、どの銀行カードローンでも50万円を超える借り入れで収入証明書の提出が必要になりました。


このように、銀行カードローンでは今後、大口の借り入れが難しくなる可能性があります。

もしそうなった場合は、消費者金融の「融資制限(総量規制)」もさほどデメリットとは思われなくなるかもしれません。


なぜ即日融資は「消費者金融」だけになったの?



2018年1月以降、カードローンの即日融資は消費者金融でしか利用できなくなったと先ほど説明しました。

では、なぜ銀行カードローンの即日キャッシングは不可になったのでしょうか?ここでは、なぜその背景を見ていきます。

反社会的勢力へのチェックが甘く、暴力団員に融資を行った問題

過去に、大手銀行が誤って暴力団関係者に融資を行ってしまうという事件が発生しました。

審査を担当したのは提携先の信販会社でしたが、実際に融資を行ったのがこの銀行であったことから、世間の厳しい非難を浴びることとなりました。


審査にこのようなミスがあった大きな理由の1つに、申し込み者の身元確認をしっかり行っていなかった点が挙げられます。

暴力団関係者(いわゆる「反社会的勢力」)かを確認するための体制が整っていなかったため 、申込者が反社会的勢力の構成員であることを見落としてしまったのです。

<関連サイト>
みずほ銀行暴力団融資事件-wiki

金融業界で、反社会的勢力の情報を共有

この出来事がきっかけで、銀行はローン審査をより厳格化する方針を固めました。

その取り組みとして、これまでは各銀行で個別に蓄積していた反社会勢力(暴力団構成員など)のデータを一本にまとめました


これを全国銀行協会を通して8つの金融業界団体(日本クレジットカード協会など)で共有できるようにしたことで、各団体がこれまで以上に反社会的勢力の確認を行いやすくなったのです。

このように、反社会勢力の情報をまとめたデータは「反社データベース」と呼ばれます。

<外部関連サイト>
反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について(全国銀行協会)

警察庁データベースへの照会が可能に

さらに、銀行は警察庁の反社データベース照会も行うことを決めました

銀行の融資審査の際に、警察の持つ反社会的勢力のデータをチェックすることで、今後の反社会的勢力との関わりを確実に断つ狙いです。


警察庁の反社データベースを利用することで、暴力団関係者を審査段階で排除する精度はこれまで以上に上がります。

ただし、この方法には大きな問題が一つありました。審査スピードが大幅に遅くなるのです

銀行カードローンの即日融資が「不可能」に

銀行が警察庁のデータベースに照会する仕組みは、以下の通りです。

銀行が申し込み者のデータを、預金保険機構を通じて警察庁の(反社)データベースでチェックします。

この回答は、早くても翌営業日になり、遅いと2週間ほどになります

このチェックは、銀行カードローンや住宅ローンの申し込みの際に必ず行われます。つまり銀行カードローンの審査結果は、どんなに早くても翌営業日になります。


ということは、銀行カードローンでは即日融資に対応できなくなった、ことを意味します。即日融資が消費者金融だけのサービスになったのは、こういう理由からです。

銀行の反社データベース照会は、2018年1月から始まります。つまり、これ以降は銀行カードローンの即日キャッシングができなくなります。



銀行の影響を受けるのは消費者金融だけではない



先ほど、銀行カードローンの即日融資が停止された場合、消費者金融にはどんな影響があるか紹介しました。

ここでは、消費者金融以外にはどんな影響があるのかを見ていきます。

利用者の増加が見込めるのは信金・労金も同じ

「銀行カードローンが即日融資を停止する」と書きましたが、これは全国銀行協会に加盟する銀行のみの話です。

全国銀行協会とは、「銀行のための協会」であるため、原則として銀行以外の団体は加盟していません。(例外として「農林中央金庫」は加盟している)


そのため、信用金庫・労働金庫などの団体のローンに関しては今後もこれまでと変わらずに利用できます。

2018年1月以降、銀行カードローンの審査が厳しくなると、信金・労金など全国銀行協会非加盟の団体のローン利用者も増加へ転じるでしょう。

<関連サイト>
全銀協の会員一覧

ヤミ金業者が増える可能性も

銀行カードローンの即日融資が利用できなくなることで最も悪い変化は、「ヤミ金」が増える恐れがあることです。

ヤミ金とは、通常では考えられないほど高額な利息を請求するなどして荒稼ぎする違法な業者のことです。

ヤミ金がターゲットにする利用者は、銀行カードローンや消費者金融カードローンの審査に通らないような人たちです。


ヤミ金は、ターゲットに突然電話をかけてきたり、自宅に郵便物を送るなどしてコンタクトを取ってきます。

このようにして、銀行カードローンの即日融資が停止した頃を狙い、「すぐに貸しますよ」などと誘いをかけてくる可能性があります。

ヤミ金は最悪、暴力なども振るう危険な業者なので、絶対に利用は避けましょう。

<関連記事>
ヤミ金でお金を借りるリスクとは?体験談を紹介!


今後の即日融資は「消費者金融」を選ぶべき



銀行が即日融資を停止したあと、急いでお金を借りたい人にはどのような選択肢があるのでしょうか?

ここでは、2018年1月以降に即日融資でお金を借りるために知っておきたいポイントを見ていきます。

信金・労金は「即日融資」に弱い

先でも書いたとおり、2018年1月以降、銀行カードローンの審査は厳格化される見込みです。

そのことから、「審査が厳しいのがイヤ」という理由であれば、全国銀行協会非加盟である信金・労金などのローンを利用する手もあります。


しかし、信金・労金などのローンで「即日融資」に対応しているケースはほとんど見かけません。

そのためキャッシングで即日融資をしたい場合、今後は消費者金融のみしか選択肢がないと言えます。

これから銀行では審査に落ちる人が増える?

即日融資の停止と同時に、銀行カードローンの審査はこれまで以上に厳しくなります。

その理由から、以前であれば問題なく審査に通れていた人でも今後は審査NGになる可能性があります。


銀行の求める厳しい基準を満たす自信のない方や銀行の審査に落ちてしまった方は、消費者金融カードローンの利用を検討するとよいかもしれません。

数あるキャッシングサービスで、消費者金融が即日融資に一番強い

信金や労金だけでなく、クレジットカードのキャッシング枠など、お金を借りる方法は複数あります。

しかし、このどれも、申し込んだ当日には審査結果が出ません。その点、消費者金融カードローンであれば、今後も継続して即日融資が受けられます。

事実上、今後も「即日融資」ができるのは消費者金融だけになるので、急いでお金を借りたい場面では消費者金融を利用するとよいでしょう。


消費者金融しか即日融資ができないのはナゼ?のまとめ

  • 2018年1月以降、銀行カードローンは即日融資できなくなる
  • 銀行が警察庁のデータベース照会を始めるのが、その理由
  • 即日融資の対応不可と 同時に、銀行の審査は今後厳しくなる見込み
  • 信金・労金は即日融資を行っていない場合がほとんど
  • 2018年1月以降も、「即日融資」を受けられるのは消費者金融だけ

 即日融資に強い消費者金融、おすすめランキング!


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング