会社員が消費者金融で借りる時の5つの注意点

消費者金融での借入を検討しているのが、会社員の方でしたら収入も安定しているので、基本的に問題なく借入が可能です。

しかし、消費者金融で借入には気を付けるべき点がいくつかあります。消費者金融で借りることが良くないというわけではありませんが、会社員ならではの注意が必要です。

以下では、会社員(サラリーマン)が消費者金融を使う上での注意点について紹介していきます。

サラリーマンが消費者金融を気を付けたいことは?

会社員が消費者金融を利用する上で、注意する点はどんなものがあるのでしょうか。

注意1. 勤務先に消費者金融から連絡が来る



消費者金融で申し込みをすると、消費者金融の担当者から勤務先に連絡が来ます。これを「在籍確認」言います。なぜ連絡が来るのかというと、申込者が本当にそこで働いているのかを確認するためです。

確認の電話がかかってきても、先方は個人名を名乗るだけで、消費者金融の会社名を出すことはないので心配はありません。しかし、あまり自分宛に電話がかかってこない方や外回りが多く、同僚が電話を取ることが多い方は目立ってしまうかもしれません。

どうしても心配な方は、自分が席にいる時間帯に電話をかけてもらうことも可能です。どの消費者金融も申込をすると、基本的に確認電話があるので注意しましょう。

注意2. 借り過ぎないこと

初めて消費者金融で借りた時は、「お金を借りてる」「早く返さないと」という意識が強いので借り過ぎることはないようです。しかし、消費者金融での利用が続いてくると徐々に慣れてきてしまい、自分の口座から引き出してる感覚になり借り過ぎてしまうことがあります。

安定収入のある会社員といえど、借入が増えすぎると、生活が圧迫されます。

消費者金融での借り入れは、本当に必要になった時だけ利用するようにしましょう。また、限度額を高く設定してしまうのも借り過ぎてしまう原因になるので、限度額の見直しをしましょう。

注意3. 多重債務者にならないこと

消費者金融での借入で起こりやすいトラブルの一つに挙げられるのが、多重債務の問題です。

返済が困難になってしまったり、限度額まで借入をしてしまい他社から融資を受ける・・・というのを繰り返してしまい、気付けば多重債務になっていたというケースが多くみられます。

急にお金が必要になった時など、すぐに借りることができるのでとても便利です。しかし、心理的に追い込まれ、仕事に支障をきたしたり、退職に追い込まれては目も当てられません。借りやすさが逆に自分の首を苦しめることになるので、消費者金融を利用する際は計画的に借りるようにしましょう。

注意4. 家族に内緒で借入する

会社員が家族に内緒で借入することは難しくありません。



電話連絡の場合、申込者の携帯電話に直接かけてもらうようにすればいいので、家族にバレる心配はないです。ですが、郵便物は自宅に届いてしまうので注意が必要です。

最近では、明細書などの管理がインターネットでできるので、申し込む際にネットで管理する項目にチェックをしておけば郵便物が届くことはないでしょう。契約書だけ郵送されることがありますが、別名で送られてくるので消費者金融と分かることはありません。

しかし、借り主の返済が確認できず連絡も取れないことがあると、返済をするようハガキや電話・督促状が来るケースもあります。万一にも家族に借入がバレたくない方は、きちんと返済していきましょう。

注意5. 住宅ローン審査が通りづらくなる



将来的には住宅を購入のために、住宅ローンの活用を検討している会社員の方も少なくないでしょう。

消費者金融での借り入れがあると、住宅ローン審査が通りづらくなります。住宅ローンは大きな額を借入するので審査が厳しくなります。消費者金融で借入があるということは収入が不安定で返済するのが難しいと判断されてしまうからです。

しかし、住宅ローン審査は消費者金融での借入があるというだけで審査されるわけではありません。申込者の個人情報を元に審査されるので「自分はどこも問題ない」と思っていると、落とし穴が見つかるかもしれません。

とはいえ、消費者金融での借入がある方が不利であることには変わりません。

住宅ローン審査を申し込みたい会社員の方は、消費者金融での借入を早めに完済してから申し込むようにしましょう。だいぶ前に完済しているけど心配・・・という方は完済から5年経っていれば、住宅ローン審査が通りやすくなるので良いかもしれません。


以上で、サラリーマンが消費者金融で借りる時の注意点について見てきました。

消費者金融は手軽に借り入れができる分、注意しなけらばならない点がたくさんがあります。会社員で収入が安定しているとはいえ、借り過ぎてしまえば返済が困難になりますし、住宅ローンが組めなくなるのも困りますよね。

会社員の方でも、注意して計画的に借りるようにしましょう。


会社員が消費者金融で借りる時の5つの注意点のまとめ

  • 消費者金融から勤務先に「在籍確認」の連絡が来る
  • 安定した収入のある会社員でも、借り過ぎてしまえば生活に支障が出る
  • 多重債務になってしまうことで、心理的追い込まれて仕事に手がつかず退職に追い込まれることもある
  • 会社員が家族に借入がバレることは難しくないが、返済が滞ると通知が来るケースもある
  • 住宅ローンを検討している会社員の方は、消費者金融での借入があると住宅ローンの審査に通りづらくなる


 消費者金融のオススメ人気ランキング



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング