消費者金融の金利を一覧比較すると一番安いのは?

初めてお金を借りるのに、どの消費者金融を利用したらいいのか分からない方が多いと思います。金利もどのぐらいかかるのか分からないと、どの会社で借りるのか選べないですよね。


ここでは、大手消費者金融の金利を比較し、どこの会社が一番安いのか紹介します。

大手消費者金融の金利一覧を比較します

こちらが大手消費者金融の金利を比較した一覧です。

金利 借入上限金
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
ライフティ 8.0%~18.0% 500万円

比較してみると、どの会社も上限金利の差はあまりないように見えます。一方、下限金利だけ見ればモビットやアコムが1番低金利に見えます。


ですが、ほとんどの大手消費者金融は初めての借入の場合、上限金利での貸付になります。下限金利はあまり関係ありません。ですので、上限金利が最も低いプロミスが一番金利が安い会社ということになります。


 プロミスについて詳しくはこちら

金利も大事だけど、金利以外も大事

「少しでも金利が安いほうがいい」と誰もが思うことでしょう。もちろん低金利で借りるは前提ですが、金利の他にも注目しておくと、より賢く借入をすることができます。


消費者金融の中には、借入が初めての方に初回30日間の無利息キャンペーンを行っている会社があります。期間内に返済すれば金利はかからずに済むのでこういったサービスと合わせるのも手です。


他にも即日融資を考えている方は、即日融資の取り引きの相性がいいかも確認しておくといいです。どの会社もネットでの申し込み、送金が基本になっていますが、送金の締め切り時間が違うので注意してください。


大手消費者金融の金利の比較について見てきましたが、なぜどの会社も上限金利が17~18%と同じなのでしょうか。この設定されている金利は、法律によって決まっています。なぜこの数字なのか、以下で詳しく見ていきます。

消費者金融の金利は利息制限法で上限が決まっている

インターネットやテレビドラマなどでは、少ししかキャッシングできないのに驚くほどの利息を取られてトラブルになる、といった場面を見たことがあるかと思います。


しかし、実際には「利息制限法」という法律で消費者金融の上限金利は決まっています。ですので、正規の貸金業者であれば、驚くような金利を要求されることはありません。


利息制限法では金利を次のように定めています。

融資額 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円以上~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

もし、消費者金融などの貸金業者が上記の金利を超えた利息を取ろうとしてきた場合、超過分は無効になるので借りた側は払う必要はありません。


これは、利息制限法によって定められています。したがって消費者金融でお金を借りる場合の上限金利は15~20%ということになります。


<関連記事>
消費者金融の金利・利息の計算方法について

利息制限法について

利息制限法は、1954年に一定の利率を超える金利を制限し高利を防ぐ目的で制定されました。


ところが、利息とは別に「出資法」という法律があり、上限金利が29.2%となっていました。そのため、2つの法律の上限金利が違っていたため、多くの消費者金融はその上限金利の間の20~29.2%で設定していました。


現在では、利息制限法も出資法も同じ金利に設定され、高利の心配なくお金を借りれるようになっています。

ほとんどの消費者金融会社が上限金利を適応する


消費者金融会社によって提示金利は違いますが、初回の取り引きではほぼ上限金利を提示してきます。


例えば、融資の宣伝ページなどで「借入利率4.8%~17.8%」といった記載があった場合、下限金利の4.8%という数字に目が行きがちですよね。


実際の融資にあたっては、最大金利である17.8%が適用されることが多いです。


ですので、初めて消費者金融でお金を借りる場合は、ほぼ上限金利が適用されると考えておいた方がいいでしょう。

金利が下がるケースはある?

貸金業者からお金を借りるための契約を「金銭消費貸借契約」といいます。この契約において金利の上限を守っていれば、貸す側と借りる側が自由に金利を決めることができます。


そのため、貸金業者によっては条件次第で15%以下の金利で融資を行うケースもあります。


例えば、長期間に渡ってきちんと返済を続けていると、信頼できる借り主と判断され金利が下がることがあります。


他にも、100万円以上の借入をすると金利が下がる可能性があります。これは、貸金業法で100万円を超える借入の場合、15%以上の金利は設定できないこと、高額の借入は消費者金融にとっても魅力的なためです。

返済が遅れた時に発生する遅延損害金

消費者金融で融資を受ける際に知っておきたいのが、「遅延損害金の料率」です。遅延損害金とは、融資の返済が遅れた時に発生する損害賠償金のことです。


定められた期日までに返済が行われなかった場合に、借り主が貸し主に支払わなければならない利息のことを指します。


遅延損害金の利率は、利息制限法で金利の1.46倍までと定められています。融資の金利が20%であれば、遅延損害金の料率は「20%1.46倍=29.2%」ということになります。


ですが、ほとんどの消費者金融では遅延損害金の設定を20%にしています。

この遅延損害金は返済が遅れた日数によって計算され、日割りで加算されますので注意しましょう。



以上、消費者金融の金利の比較について見てきました。低金利で借りるのはもちろんですが、金利以外にもチェックすると、より自分に合った消費者金融が見つかります。



消費者金融の金利はどの位?のまとめ

  • 初めての借入は、ほとんどの会社が上限金利で貸し付けをするので下限金利は関係ない
  • 低金利以外にも、各会社のサービスや即日融資の取り引きの相性などもチェックするといい
  • 利息制限法により、消費者金融の上限金利は15%~20%と決まっている
  • 「金銭消費貸借契約」の金利の上限をを守っていれば、貸す側と借りる側が自由に金利を決められる
  • 返済が遅れると遅延損害金が発生するが、各社ともこの金利を20%に設定している


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?