消費者金融の借入があると住宅ローンの審査が厳しくなる?

住宅を購入するとなると、金額が大きいので一括で購入するのは難しいですよね。ほとんどの方が「住宅ローン」に申し込んで住宅を購入するかと思います。


とことで、住宅ローンの審査では消費者金融からの借入があると審査が厳しくなるのをご存知でしょうか?審査に通らなければ、住宅の購入も当然難しくなります。

ですが、消費者金融から借入をしているとなぜ審査が通らないのでしょうか?以下で、住宅ローン審査と消費者金融の関係について詳しく紹介していきます。

住宅ローンってどんな審査をするの?

住宅ローンには、「事前審査」と「本審査」の2つの審査があります。

まずは、銀行や金融機関から審査を受ける「事前審査」です。この事前審査は、購入したい物件も決まって、建築工事の請負契約もした後で、住宅ローンの審査が通らなかったというケースを避けるためです。


事前審査では、申込者の年収や職業などから「申込者の収入で購入することができるのか」「銀行などの金融機関から融資が受けれるのか」など申込者の返済能力や信用があるかなどチェックされます。

事前審査に通ると、本審査になります。本審査でチェックされる項目は、事前審査と一緒ですが、本審査では保険会社が審査を行います。


保険会社は、申込者が住宅ローンの支払いが困難になった時、代わりに肩代わりしてくれます。借り主の代わりに支払うのですから、きちんと住宅ローンを支払っていけるのか事前審査より厳しく審査チェックが行われます。

なぜ消費者金融の借入は不利?



先ほども書いた通り、消費者金融で借入をしている方は、住宅ローンの審査を申し込んだ場合、審査が通るのは難しいと考えて下さい。

金融機関からすると、他に借金があるということは借り主は経済的に不安定で、住宅ローンもきちんと返済できないと判断する可能性があるからです。


ですが、絶対に審査が通らないとまでは言えません。住宅ローンの審査基準は各金融機関で違うためです。中には、消費者金融の利用がある方でも住宅ローンの審査に通った人もいます。

とはいえ、審査に影響があることは間違いありません。また、銀行カードローンの借入がある方も審査は不利に働きます。

<関連記事>
【絶対チェック!】消費者金融の審査基準について

完済していれば審査に影響しない?

消費者金融からの借入を完済している方は、審査への影響はそれほど心配する必要はありません。しかし、完済していても過去に消費者金融で借入があった「個人の信用情報」の履歴が残ります。

金融機関では、消費者金融の履歴をチェックされると言われています。他にも、銀行カードローンの借入もチェックされます。消費者金融を利用したというのはマイナスな評価になる可能性があります。


金融機関によってはこうした過去の借入は審査に不利に働く可能性は確かにあります。とはいえ、今現在も借入がある方に比べれば審査は遥かに有利なのは間違いありません。ですので、過去の借入をそれほど心配する必要はありません。

ただし、カードローンなどの完済が済んでいても借入枠が残っていると、借入があるとみなされる場合があります。完済が済んだら確実に借入枠を閉じましょう。


また、消費者金融の完済から5年以上経っていれば、信用情報も消されるので住宅ローンの審査が受けやすくなります。

<関連記事>
消費者金融の借り換えで絶対NGな3つのポイントは?


住宅ローンを融資してくれる金融機関を見つけるには?

上では、消費者金融の借入があると住宅ローン審査が難しくなる理由を紹介しました。


それでは、消費者金融の利用がある方や過去に利用していた方でも、住宅ローンの融資を受けさせてくれる金融機関はあるのでしょうか。この点について解説します。

住宅ローンの複数申込に注意

まず、審査が通るか不安だからと、手あたり次第に住宅ローンを申し込むのはあまり良くありません。


金融機関で住宅ローンの申込をすると、金融機関は借り主の個人信用情報の履歴をチェックします。複数の住宅ローンの申込をしているのが分かると、「審査に通らなかったからうちで申込をしにきたんだ」と思われ審査が通りづらくなることもあります。


とはいえ、住宅ローンの審査は1ヶ月~2か月ぐらいかかります。もし審査が通らず次の住宅ローンを探すとなると、さらに時間がかかってしまいます。ですので、もし複数申込を行いたい場合は、2~3社程度にして審査を受けるのがいいかもしれません。

住宅ローン審査の前に事前相談



自分が住宅ローンを借りられるのかなど、住宅を購入するの事に頭が一杯で住宅ローンについてきちんと調べられていない方も少なくないのではないでしょうか。


住宅ローンの審査は、購入する物件が決まらないと事前審査ができません。ですが、事前に金融機関に相談をして住宅ローンの審査に通るのかを見てもらうと良いかもしれません。自分の年収や借金状況などを参考に、どのくらい借入ができるのか把握することもできます。

事前相談を行えば、手当たり次第住宅ローンを申し込む必要もなくなります。

もし住宅ローンに落ちたら?

消費者金融から借入をしていれば審査が通りにくくなりますが、それだけが審査対象ではありません。

申込者の職業や年収などの情報も含めて審査されます。「自分には審査に落ちるような問題はなかったはず」と思っていても、実は見落としていることがあるかもしれません。


ですので、消費者金融を利用しているだけの理由で審査に落ちるわけではありません。

とはいえ、以前に消費者金融の利用があった方でも5年を過ぎないと融資受けられない可能性もあるので、不安な方は5年経ってから住宅ローンの申し込みをしてみてはいかがでしょうか。


以上で、住宅ローンについて見てきました。

消費者金融を利用しているからといって、住宅ローンに絶対落ちるというわけではありません。しかし、マイナス評価にはなるので審査を通るは難しいです。

住宅ローンの審査申込を考えている方で消費者金融での借入があるのでしたら、なるべく早めに完済してから住宅ローンの融資を受けることをオススメします。



消費者金融の借入があると住宅ローンの審査が厳しくなる?のまとめ

  • 住宅ローンの審査には、「事前審査」と「本審査」の2つある
  • 消費者金融での借入があると住宅ローンの審査が厳しくなる
  • 消費者金融からの借入を完済していれば問題はないが例外もある
  • 手当たり次第他の金融機関から審査を受けると通りづらくなる
  • 審査を受ける前に、金融機関に相談をしてどのぐらい借入ができるか把握する
  • 住宅ローンの審査は、消費者金融からの借入以外にも借り主の個人情報も審査の基準になる


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?