消費者金融の返済方式について

消費者金融の返済方式は「リボルビング方式」が主流になっていて、ほとんどの消費者金融で採用されています。


「リボルビング」という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。しかし、どんなものなのかよく分からない・・・という方もいるのではないでしょうか。


具体的にどんな返済方式なのか、以下で詳しく説明します。

消費者金融の3つの返済方式

先ほど消費者金融の返済方式は「リボルビング方式」が主流を書きました。この方式を詳しく見ていくと、「定額方式」「定率方式」「残高スライド方式」の3つに分けられることが分かります。


つまり、消費者金融が採用している返済方式は以下の3つになります。



それぞれの説明は後でしますが、ここではリボルビング方式と残高スライド方式について簡単に解説します。

リボルビング方式

リボルビング方式とは、毎月一定の金額を返済することです。


毎月の返済額が決まっているので、返済の計画を立てやすいのがリボルビング方式の特徴です。


リボルビング方式は「リボ払い」とも呼ばれ、クレジットカードの支払いにも採用されています。リボ払いという名前の方が馴染みがある方もいるかと思います。

スライド方式

残高スライド方式とは、借入残高によって毎月の返済額がスライドしていく返済方式です。


借入残高が増えれば、これにスライドして返済額も増え、借入残高が減るにつれ毎月の返済額も減っていきます。

消費者金融で採用されている返済方式

返済方式は3つに分けることができますが、現在、大手消費者金融で使用しているのは「残高スライド元利定額返済方式」と「元利定率リボルビング方式」の2つです。


以下では、この2つについて詳しく説明します。


残高スライド元利定額返済方式(=残高スライド元利定額リボルビング方式)

残高スライド元利定額返済方式(=残高スライド元利定額リボルビング方式)は、リボルビング方式と残高スライド方式が組み合わさった返済方式です。


まず、リボルビングと名前が付いている通り、毎月の返済金額は一定です。


次に残高スライド方式の名前の通り、借入残高に応じて毎回の返済額が決まります。


この返済額の決め方は会社によって違いますが、例えばモビットですと、20万超~30万円以下なら11,000円、40万超~50万円以下なら13.000円が最低返済額になります。



下の表は、モビットで金額50万円、利率18.0%の条件で借入した場合の返済シュミレーションです。




ご注意頂きたいのが、残高スライド方式といっても返済額が毎回変わるわけではないです。


返済額が決まるのは、キャッシングをした時点です。(上の表なら50万円)


ちなみに、毎回の支払い利息は少しずつ減っている(=返済元本が増えている)のは、借入残高で利息が計算されているからです。

元利定率リボルビング方式

借入残高に対して一定の割合をかけた金額を毎回の返済とする方式です。また、リボルビング方式なので毎回の返済額は一定です。


例えばアコムは、30万円未満の借入なら借入額4.2%、100万円借入なら3%を毎回の返済額をしています。




それでは具体的に元利定率リボルビング方式(ここではアコム)の返済シュミレーションを見てみましょう。




まず、毎回の返済額は50万円の3%なので15,000円です。また先ほども書いた通り、この返済額は一定です。(リボルビング方式)


借入残高に一定の割合をかけて、返済額を決めるのはキャッシング時の話です。


返済期間中に借入残高が減っても、それに応じて返済額が変わるわけではないのでご注意下さい。


また、借入元本が減れば、それに応じて毎回の支払い利息が減り、反対に元本返済は増えます。この点は、先ほどの残高スライド方式と一緒です。

消費者金融の返済方式の注意点

手軽に利用できるリボルビング方式ですが、注意点もあります。以下では、消費者金融の返済方式のメリット・デメリットについて見ていきます。

メリット

毎月の返済額が一定なので、少ない金額で支払いができます。また、返済計画が立てやすいので、負担が減り生活面でも余裕が出ます。

デメリット

毎月の返済額が少ないので、なかなか返済額が減りません。そうなると、返済期間が長引いてしまいますよね。返済期間が延びれば、その分の利息も増えてしまい、負担が大きくなります。


消費者金融は限度額の範囲内でしたら、何度でも借入ができます。

その一方で、いくら返済金額が少なく済むといっても、借入金額が増えればそれに比例して、返済金額が増えるのは先ほど説明した通りです。


返済金額が膨らむと生活を圧迫することになりかねないので、無理のない範囲でお金を借りるのが大事です。

繰り上げ返済で負担を減らそう

負担を少しでも減らすように、「繰り上げ返済」をオススメします。

先ほどもモビットやアコムを例に上げて、返済シュミレーションをお見せしました。上の例では、返済額は13,000円なり15,000円でしたが、これ以上の額を返済することも可能です。これを繰り上げ返済と言います。




元金にあてられるので返済期間も短くすることができます。少しでも返済期間が短くなれば、その分利息も減らせます。


お金に余裕が出た時は、繰り上げ返済してみてはいかがでしょうか。



リボルビング方式は便利で利用しやすいですがその分、返済に時間がかかってしまい、トータルの負担が増えてしまいます。


メリットがあれば必ずデメリットも出てきます。借入する際には十分に気を付けて、利用するようにして下さい。


消費者金融の返済方式についてのまとめ

  • 消費者金融の返済方法は「リボルビング方式」が主流である
  • リボルビング方式は大きく分けて「定額方式」「定率方式」「残高スライド方式」の3種類である
  • 大手消費者金融では、「残高スライド元利定額返済方式」と「元利定率リボルビング方式」の2つの返済方式を使用している
  • 消費者金融の返済方式は返済金額は少なくなるが、返済期間はそれだけ長くなる
  • 繰り上げ返済を活用することで、少しでも利息を減らすことをオススメ


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?