消費者金融の審査基準で絶対外せないポイントは?

消費者金融について「審査に落ちた理由が分からない」「審査基準はどうなっているのか」という疑問の声をよく耳にします。自分自身では審査に落ちた理由が分からず、どうすれば審査に通るのか戸惑ってしまう人も少なくないようです。


消費者金融の審査には、一定の基準があります。各社とも審査基準の中身は公表してませんが、借入希望者のどこを見ているのか、ある程度分かっていることもあります。


ここでは消費者金融の審査について解説します。

消費者金融の審査はどうやって行われてるの?



消費者金融の審査基準の基本は、「お金を貸したら返してもらえるか」です。会社はビジネスとして融資をしているわけで、貸したお金をきちんと完済できる人か否か、を見極めるために審査を行います。


その審査の判断基準の代表的な例が「与信スコアリング」と呼ばれる審査システムです。

与信スコアリングについて



与信スコアリングとは、融資をする相手の与信(信用度)をスコアリング(数値化)して判断するという方法です。

消費者金融各社は独自の評価項目を設定し、その項目に対して借入希望者に点数を付けて、その総合点で審査の合否を判断します。

与信スコアリングには2種類ある

与信スコアリングには、「属性スコアリング」と「信用情報スコアリング」の2つがあります。


属性スコアリングとは、年収や勤務先など借り主の属性を評価します。

・年収
・雇用形態・勤務先・職業
・勤続年数
・住居形態 
・・・など


信用情報スコアリングとは、信用情報機関から借り主の信用情報を得て評価します。

・借入件数
・返済履歴
・借入延滞 
・・・など


以上が2種類のスコアリングに基づいて、消費者金融は借り手の信用力を判断しています。


以下は、消費者金融の与信スコアリングで使われている評価項目の一部とし、その基準はどのようなものか簡単に表にしてみました。


評価項目 評価が高くなる内容
年収 年収が高いほどいい
雇用形態 正社員以上だといい
職業・勤務先 公務員など安定しているといい
勤続年数 長いほどいい
居住形態 持ち家だといい
借入件数 少ないほどいい
借入延滞 ない方がいい
返済履歴 きちんと返済してるといい


上の表では主な項目を挙げましたが、これは一例にすぎません。実際は、消費者金融の審査では何十個と評価項目があり、そこから点数を付けて審査します。


審査項目や判断基準は業者によって異なりますが、ほとんどの会社ではこのような審査項目をもとに与信スコアリングを行なっています。

審査で重要視される項目とは?

上の表で主な審査項目が分かりました。では、具体的に消費者金融が審査する際に、特に重要視する項目を以下で見ていきましょう。

年収

消費者金融の審査で絶対的な条件として、安定した収入が必要です。これは会社員に限らず、アルバイトやパートでも継続的に収入がある方は申し込みすることができます。


返すあてのない人に多額の融資をしても、貸し倒れになる可能性が高いです。ですので、審査基準で最も重要とされているのが年収です。

雇用形態



会社員が有利ではありますが、派遣社員・契約社員・アルバイト・パートなどでも問題はありません。ただし、専業主婦(夫)は自分に収入がないので、申し込むことができません。

居住形態・居住年数



消費者金融の審査には居住形態・年数も影響します。最低でも1年以上の住居年数はあるといいでしょう。1年未満でも、他の項目に問題なければ少額ですが、融資を受けられる可能性があります。


すぐに引っ越しをする人よりも、長く同じ場所に住んでいる人の方が、消費者金融側も安心できるからです。

借入状況・返済履歴

借入件数が多いということは、「お金に困っているからだ」と返済能力が低いと判断されてしまいます。また、過去に返済の遅延・滞納がある方は、より審査に通るのが難しいです。


消費者金融の審査で知りたいのは、借主の返済能力です。返済能力が低ければ、消費者金融も信用できませんよね。


<関連記事>
消費者金融で返済が遅れてる!どうすればいい?

信用情報

信用情報のチェックも必ず入ります。これは「この人はきちんと返済できるのか」を見るためです。返済の延滞・滞納があると審査に影響します。


1回程度の延滞・滞納でしたら、そこまで審査に響くことはないですが、過去に3ヶ月以上の返済の遅延あると、返済能力がないと判断されます。貸す側もきちんと返済してもらわないと困りますよね。ですので、疑わしいと判断されてしまいます。


また、過去5年間に事故情報を起こしている場合、審査に通ることはできません。事故情報を起こすと5年間は借入ができず、新規での借入やクレジットカードを作ることもできません。


期間が過ぎれば、また借入ができるので5年間待たなければなりません。

消費者金融の審査に通るコツは?

審査に有利になるように、事前に用意しておくと審査に通りやすくなります。どんな準備をしておけばいいのでしょうか。


<関連記事>
消費者金融で審査に通らない!原因は?

属性を高めて審査をクリアしよう

属性とは、申し込み者の年齢や収入・雇用形態など情報のことです。


先ほども審査項目で書いたように、雇用形態は会社員の方が審査に有利です。また勤務年数も、最低でも1年程度はあった方がいいでしょう。


他にも、一人暮らしよりは家族と同居していて、持ち家だと属性が高くなります。自分の名義でなくても家族と同居していれば持ち家になるため、実家暮らしの方が有利になります。


他社からも借入がある方は、審査に不利になります。これは借入金額ではなく、借入件数が多い方は審査に通らない可能性が高いです。複数の借入がある方は、おまとめローンを利用した方が何かと都合がいいでしょう。

短期間に何社も申し込みを受けない



短期間のうちに何社も借入の申し込みをすると「申し込みブラック」になってしまいます。


申し込みブラックとは、短期間に何社も申し込みをしたせいで、審査に通らなくなる状態のことをいいます。


消費者金融への申し込み情報は、信用情報機関を通じて各社で情報共有されるため、何社も申し込みをすると他の会社から嫌がられるからです。


一般的に1ヶ月に4社以上の申し込みをすると、申し込みブラックとみなされます。審査に受かるか心配だからと、何社も受ける気持ちは分かりますが、申し込みブラックになってしまっては元も子もありません。


一番は本命1社に絞って申し込みをするのが良いのですが、審査に落ちるかもしれない・・・とどうしても心配な方は、2社までにしておきましょう。

自分の状況を把握する

審査に通るためのコツは、自分の状況を把握することです。


年収が低いのに、高額の借入をしようとすれば審査に通るのは難しいです。消費者金融は総量規制により、年収の3分の1までしか借入ができません。それを超える金額を借りようとすれば、当然審査には通りませんよね。


過去に事故情報などがある場合は、もちろん審査には通りません。自分の信用情報がどうなっているのか確認し、自分に合った消費者金融で借入をすることをオススメします。


他にも、ウソの申し込みをしても必ずバレるので、正直に申請をしましょう。信用情報にキズなどなどない限り、ちょっとのことで審査に落ちることはありません。



消費者金融の審査基準について のまとめ

  • 消費者金融の審査基準は、利用者にお金を貸して返してもらえるかとういう点
  • 融資する相手の信用をスコアリングして、判別する方法を「与信スコアリング」という
  • 審査で重要視される項目は、年収・雇用形態・信用情報などが挙げられる
  • 短期間でたくさんの会社に申し込むと、かえって審査に通らなくなる
  • 事前に自分の属性を高めておけば、審査に通りやすくなる
  • 自分の状況を把握し、自分に合った消費者金融で借入する


 消費者金融のオススメランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング