他人が勝手に消費者金融で借入をした場合どうする?

消費者金融などの貸金業者は、銀行と比べると審査のスピードが早く、手軽に借入ができるのでとても便利ですよね。


ただし、審査がスピーディーな反面、デメリットも存在します。貸金業者は審査がシンプルな分、他人が勝手に自分名義で借入してしまうリスクもあります。

本人確認書類が他人の手に渡ることが、自分名義で勝手に借入される主な原因となっています。


紛失や盗難で免許証などを不正利用されるケースは容易に想像できると思いますが、見落としがちなのが身内による犯行です。

親族や友人に本人確認書類を勝手に持ちだされ、借金を背負わされるというトラブルは決して少なくありません。では、万が一、身に覚えのない督促状が届いた時はどうすればいいのでしょうか。


以下では、その対処法ついて詳しく見ていきます。



知らないうちに借金を背負わされたら、どう対処すればいいの?

他人が本人に無断で申し込んだ借入は、原則的に支払いを拒否することができます。しかし、自分名義で借入されている以上は放置する訳にもいきませんよね。

何の対処もせずに返済を拒否すれば、自分自身の信用情報に傷が付きます。今後もし融資を受けたくなっても、審査に通りづらくなるので厄介です。


では、勝手に自分名義で借入されていたと気付いたら、どのように対処すればいいのでしょうか。

借入先の貸金業者と相談



不正利用に気付いたら、まずは借入先の貸金業者に内容証明を郵送しましょう。貸金業者が調査を行ってくれるので、大抵はここで問題は解決すると思います。

内容証明を送っても催促が続く場合は、貸金業者に直接相談してください。


しつこく取り立てされても、焦ってお金を支払ってはいけません。「自分ではなく他人が融資を申し込んだのだ」としっかり説明し、貸金業者の判断を待ちましょう。

例えば、申込書が手書きだった場合、本人の筆跡と照合することが可能になります。筆跡が違えば、他人が勝手に行った借入だったと認められるケースもあるのです。


ただし、インターネットで手続きが完結している場合は、他人による借入だと証明することが難しく、貸金業者が納得してくれない可能性があります。

また、カードの暗証番号を簡単なものに設定していたり、自分で紛失してしまったケースでは、自身の過失が問われることもあります。


このようなケースで、貸金業者と話し合っても事態が解決しない時は、弁護士に相談してみましょう。

債務不存在確認訴訟を起こす



貸金業者との話し合いが平行線になった場合は、「債務不存在確認訴訟」を起こすという選択肢があります。


債務不存在確認訴訟とは、「債務が存在しないこと」を証明するための裁判訴訟です。

債務が存在しないと判決で認められれば、もちろん借金を返済する必要がなくなりますし、信用情報の履歴を削除することも可能です。


裁判を起こすには時間も費用も掛かりますが、裁判の手続きは素人には難しいので、プロである弁護士に相談することを強くおすすめします。

本人確認書類の管理は厳重に!



上では、他人が勝手に自分名義で借入した時の対処法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

仮にこのような事態に遭遇しても、解決する方法があるということがわかって頂けたと思います。


しかし、解決策があるからといって、本人確認書類の管理が甘いと大変な目に遭います。紛失や赤の他人による盗難に気をつけるのは当然ですが、親しい人の前でも無防備になりすぎると危険です。

席を外した際に鞄や財布を預けたりして、身分証明書を抜き取られるケースは少なくありません。こういったトラブルを避けるためにも、本人確認書類は厳重に管理してください。


万が一紛失してしまった際は、すぐに警察署(最寄りの交番でも可)に届出を出すようにしましょう。


他人が勝手に消費者金融で借入をした場合どうする?のまとめ

  • 本人確認書類が他人の手に渡ることが、自分名義で勝手に借入される主な原因
  • 他人が本人に無断で申し込んだ借入は、原則的に支払いを否定することができる
  • なんの対処もしなかった場合、自分の信用情報に借入や滞納履歴が残る
  • 不正利用に気付いたら、借入先の貸金業者と相談しよう
  • 話し合いで解決しなかった時は、「債務不存在確認訴訟」をおこすという方法もある
  • 本人確認書類の管理をしっかり行おう


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング