消費者金融による悪質な取り立ては訴えることができる

皆さんのなかに「消費者金融でお金を借りると怖い取り立てが来る」と考えている人はいませんか?
金融コミックやドラマの影響もあって、貸金業の借金返済が滞ると暴力的な取り立てをされると勘違いしている人は少なくないようです。

しかし、現在では貸金業法という法律の定めによって違法な取り立ては禁止されているのでコミックやドラマなどに描かれているような暴力的な取り立ては行なわれていません。


貸金業を利用してお金を借りた場合、返済が滞れば業者からの督促があるのは当然です。ただし督促には一定のルールがあり、どんな取り立て方をしても構わないと認められているわけではないのです。消費者金融を含めた貸金業者による取り立てには、法律による厳しい制約が設けられています。


次に、貸金業法に定められている取り立てに関する制約について、分かりやすく紹介していきましょう。

・真夜中や早朝の取り立てはしない
 取り立ての時間帯は原則として朝9時から夜8時までと決められており、正当な理由がなければそれ以外の時間に取り立てを行なうことはできません。

・ひんぱんに取り立て電話をしない
 取り立ての電話連絡は1日3回までが基本、電話が鳴りっ放しというような方法は禁じられています。

・大人数で取り立てをしない
 借入者の自宅などを訪問して取り立てを行なう場合の取り立て人は2名以内と決められています。

・勤務先まで取り立てに行かない
 融資の取り立てをする場合、借入者の勤務先(職場)に行くことは禁じられています。

・暴力的な態度や言葉は使わない
 取り立てをするにしても、暴力的な態度や乱暴な言葉、大声での脅しはしてはいけないという決まりがあります。

・第三者に知らせてはいけない
 借入金の取り立てをしていることを周囲の人に知らせることは禁じられています。

・正月やお盆の取り立てはしない
 不適切な時期(正月、お盆など)に取り立てをしてはいけないという制約があります。

・第三者を巻き込まない
 親、兄弟姉妹、知人などの第三者を取り立てに巻き込むことは禁止されています。

・債務処理の書面通知後は取り立てをしない
 弁護士や司法書士に民事事件の手続き委託をすると、業者宛てに債務処理の書面通知が届きます。これ以降は取り立てをすることができません。


このような制約があるため、大手の消費者金融が違法な取り立てを行なうことはまずありません。ではどのように取り立てを行なうかというと、郵送での督促を経た後に電話などで担当者から「入金(返済)をお願いする」というスタイルが用いられています。

もちろん、電話でも乱暴な言葉使いや大声で怒鳴るというようなことはなく、ビジネスマナーにしたがって行なわれていることは言うまでもありません。

ただし、これはあくまで大手消費者金融の場合で、違法なヤミ金や中小の消費者金融では必ずしもルールが守られているとは限らないことも事実なので注意してください。そのような目に遭わないためにも、借入をするときには信頼できる業者を選ぶことが大切です。


人気の消費者金融は?