消費者金融の借入は時効でチャラになる?

消費者金融からお金を借りたら、当然のことですが最後まで返済を行うのが普通ですよね。しかし、何かしらの事情で返済ができず長い期間滞納してしまうと、どうなるでしょうか?

時効で借金がチャラになる事があるのでしょうか?以下で、詳しく見ていきましょう。

消費者金融で借りたまま返済しないとどうなる?

消費者金融からお金を借りたまま返済ができないと、どうなってしまうのか?と不安に思っている方もいるかと思います。


実は、消費者金融の借入には「時効」が存在します。時効とは、一定の状態が続いた場合、何らかの権利を得たり失ったりすることをいいます。


ここでは、消費者金融からの借入が時効になると、返済する義務がなくなることになります。

時効の期間は?



消費者金融の融資には、「商法」という法律が適用されています。商法には「債権は5年で行使しないと時効で消滅する」という条項があります。消費者金融でお金を借りても、5年間返済しないでいると時効となり、借金は消滅します。


ちなみに、貸主が信用金庫や個人である場合、時効の期間は10年間必要となります。


ここまで読んで、「どうすれば消費者金融の借入で時効が成立するんだろう」と興味を持った方も多いかもしれません。以下では、時効を成立する条件について説明します。


時効を成立させるには条件がある

先ほど5年間で時効になると書きましたが、ただ5年間経てば時効になるわけではありません。時効を成立させるには一定の条件が必要です。

以下が、時効を成功させる条件になります。

1.時効は最後に返済した日から5年間と計算する

消費者金融からの借入金の時効は、借りた日からではなく最後に返済した日から5年間と計算します。途中で少しでもお金を返済すると、時効が延びてしまい、時効の援用権がなくなります。


時効の援用については後ほど説明します。

2.時効の中断があれば5年間経過しても時効にならない

債権者(消費者金融)から内容証明郵便による借金の催促が来たり、裁判所への差押え・仮差押え・仮処分の申し立てなどの法的手続きが行われると時効が中断します。

3.借金をしている本人が借金を認めると時効は中断する

消費者金融業者に対して、「必ず返済します」「もう少し返済を待ってください」など、借金をしていることを認める言動を取ると時効は中断します。

時効の日が来ても時効の支援をしなければ無意味になる

消費者金融からの借金の時効が過ぎても、援用という手続きをしなければ時効は成立しません。援用を行うには、債権者(消費者金融)に対して、配達証明付の内容証明郵便で時効援用通知書を郵送する必要があります。

時効の援用について



時効の援用とは、時効を主張するための行為のことをいいます。

何の問題もなく期間を過ぎたからといって、簡単に時効になるわけではなく、時効の援用をしなければ時効とは認められません。時効の援用は「内容証明郵便」を債権者に送ります。この時効の援用を行うことで、時効は成立し借金は消滅します。


つまり、ここまでやることで、消費者金融の借金がチャラになるということです。ただし理屈の上ではそうでも、実際にやるとなると、かなりハードルがあります。

以下で説明します。

時効の成立は極めて難しい

ここまで読んで、「自分も何とか時効に持ち込もう」と考える方もいるかもしれません。しかし、実際に時効を成立させることは難しいでしょう。


なぜなら、借金の返済が行われない場合、まずは消費者金融から電話での催促・督促状などが送られてきます。それでも返済がされない場合は、裁判所からの通知が届き最終手段として、法的な回収手段に入る可能性があるからです。


消費者金融側も、簡単に時効にさせないように手を尽くしてきます。そうなれば、時効は中断されるのでなかなか時効にはなりません。


まれに事務のミスによって、時効が成立してしまうこともあります。ですが、消費者金融もプロですから、そういったことが起きることはまずないです。


<関連記事>
消費者金融の借金の踏み倒しはできるの?

どうしても返済が難しい時は事前連絡をしよう

いくら借金をなくしたいからといって、時効に頼ろうとするのは間違いです。借りたお金はきちんと返済するのが当たり前です。

返済の期日を過ぎてしまうようなら、事前に消費者金融の担当者に連絡をして返済が遅れることを伝えましょう。返済する意思を伝えれば、催促の電話も来ません。


どうしても返済が困難な場合は、そのままにするのではなく弁護士などの専門家に相談して、正しい対処をしていきましょう。

おすすめの消費者金融は?

プロミス ここで、おすすめの消費者金融を一つだけ紹介します。それはプロミスです。


プロミスはネット(スマホ)での申し込み・キャッシング・返済に優れているのが特徴で、大手銀行を振替口座に指定すれば、来店不要でキャッシングできます。しかも、書類の受け取りもありません。

ただし、仮に滞納したら時効を成立させまいと手を尽くすのは、プロミスといえど同じです。

時効成立という起こりえないことを期待するのではなく、借りたお金は地道に返済しましょう。

 プロミスの公式HPはコチラ


消費者金融の借入は時効でチャラになる? 

  • 長い期間返済が行われないと、借入にも「時効」がある
  • 時効の期間は、5年経ってから成立される
  • 時効には一定の条件があり、消費者金融が権利行使をすれば時効は中断される
  • 「時効の援用」の手続きをしないと、期間が経っても時効は成立しない
  • 返済しないでいれば、消費者金融から催促や法的な回収手段に入る可能性もあるので、時効を成立させるのは難しい


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング