消費者金融でお金を借りるのに必要なものは?

初めて消費者金融で借入をする際に、どんな書類がいるのか、迷ってしまうかと思います。

借入申し込みをしたいけど、何が必要なのか分からない方のために、借入の申し込み時に必要な書類を以下で説明します。

初めて消費者金融で借入する方は、参考にしてみて下さい。

本人確認ができる書類は必須!

消費者金融でお金を借りるのに必要となるのは、借り主の本人確認ができる身分証明書になります。


具体的には、運転免許証・パスポート・健康保険証などが当てはまります。このうち、1点を用意する必要があります。


その他の身分証明書でも可能

もし、運転免許証などの身分証明書を持っていない人は、住民基本台帳カード・印鑑証明書・各種公的証明書などで代用できる場合もあります。

また、外国人であれば外国人登録書や、在留カードを身分証明書にすることも可能です。


他にも、公共料金・社会保険料等の領収書でも可とする貸金業者もあります。この点については直接、消費者金融会社にご確認下さい。

本人確認書類の住所と違う場合は?

申し込みの時に、本人確認書類の住所と現住所が違っている場合、本人確認書類の他にもう1つ書類が必要になります。


必要になる書類は以下のどれかです。

・納税証明書
・国税の領収書・請求書
・社会保険料の領収書・請求書
・公共料金の領収書・請求書
・住民票の写し・住民税の記載事項証明書



身分証明書以外の書類が必要なケース



消費者金融でお金を借りる時、一定の条件を超えると身分証明書の他に、収入証明書が必要になります。

返済能力があるのかを確認

なぜ、収入証明書が必要になるかというと、お金を借りる人に返済能力があるのかを判断するために必要とされます。

借り入れ希望額が50万円を超える、もしくは他社の消費者金融を含めた借入金の総額が100万円を超える場合に、提出を求められます。

これは、総量規制によって決められた決まりです。この総量規制を守らないで、借り手に貸付をしてしまうと、貸金業者は法律で罰せられます。


ただし、この条件に当てはまらない場合でも、借り手が会社員以外(自営業者など)であると確定申告書の写しなどの提出を求められることがあります。この辺は貸金業者の審査判断によります。

<関連記事>
消費者金融は収入証明書不要でも借りられる?

収入証明書の種類

提出を求められる収入証明書の種類は、以下のものになります。


◎源泉徴収票・・・勤務先から交付される所得税額を証明する書類
◎給与明細書・・・勤務先から交付される給与の明細書
◎確定申告書・・・税金の確定申告で制作した書類
◎所得証明書・・・各市町村が発行する所得を証明する書類
◎課税証明書・・・各市町村が発行する住民税の課税金額を証明する書類



消費者金融で高額の借入をする場合は、これらの書類の1つが必要になります。


給与明細書を収入証明書として提出する際は、住民税の記載があれば1ヶ月分でも大丈夫な会社や、2ヶ月分必要なところなど会社によって異なります。

必要書類の提出方法は?

必要書類の提出にはいくつか方法があります。これは申し込み方法によって違います。

店頭窓口で提出するか、自動契約機で提出するか、ネット(スマホ)で提出するかです。


スマホで本人確認書類を写真に撮り、指定のメールアドレスに添付して送る事ができます。申し込みの必要事項を記入し、一緒に送れば提出は完了です。


近くに消費者金融の店舗や自動契約機がない、直接行くのはちょっと・・・という人には、その場で申し込みができるので便利ですよね。



融資を受けるために必要な書類は、消費者金融会社によって違いがあります。どの会社からお金を借りるか検討する際には、事前に調べて必要書類などの準備をしておけば、スムーズに借入ができます。


消費者金融で借りるのに必要なものは?のまとめ

  • 消費者金融で借入する時は、本人確認ができる書類(運転免許証・パスポート・健康保険証)が必要
  • 免許証等がない場合は、住民基本台帳カードや印鑑証明書なども必要書類として使える
  • 一定の条件を超える場合は、収入証明書の提出も必要になる
  • 必要書類の提出方法は、店頭窓口・自動契約機・インターネット(スマホ)などがある
  • ネット(スマホ)なら、必要書類を写真に撮って送るだけなので便利


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング