消費者金融で返済を滞納するとブラックリストに載るって本当?

消費者金融など貸金関係で「ブラックリスト」という言葉がよく用いられています。ブラックリストとは注意が必要な人の一覧表といった意味で、貸金業界では融資対象としては要注意人物のことを指します。

例えば、「どこの消費者金融でも審査に受からない」「もしかするとブラックリストに入れられているかも」のように使います。といっても、実際に貸金業界にブラックリストという一覧表が存在するわけではなく、信用情報機関の事故情報に記載されることをブラックリストという通称で呼んでいるだけです。

信用情報機関とは信用情報を収集・管理する団体で、消費者金融などの貸金業者はこの団体を通じて個人の借入状況や返済状況などの情報を入手しています。言い換えると、自分の借入や返済状況は貸金業者にすべて知られているわけで、返済を滞納した過去があったりすると消費者金融に筒抜けになっているという可能性もあるのです。

この信用情報のうち借入金の滞納や延滞を「事故(金融事故)」といい、滞納履歴・延滞履歴は通称で「事故情報」と呼ばれています。

滞納・延滞は借入金の返済期日までに決まった返済金を入金しなかったり振込が遅れたりすることを指します。一定の事故情報がある人はブラックリストに載っていると解釈すればいいでしょう。

このような説明を聞くと「そういえば、前に滞納したことがあるから自分もブラックリストに入っているのかな」と心配になる人もいるかもしれませんね。

しかし、悪意がなく誠実に借入金を返している人でも、うっかりミスで返済が1~2日遅れてしまうことはあるでしょう。そのため、1~2日程度の遅れなら事故とはみなされず、信用情報機関に事故情報が載ることはないとされています。

では何日くらい遅れると事故と判断されるかという問題ですが、実のところ明確な基準は公表されていません。一説には61日(2カ月)以上もしくは91日(3カ月)以上の滞納・延滞で信用情報機関に事故情報が載るとされていますので、少なくとも期日から60日が経過する前に返済を行なうようにする必要があると考えるべきでしょう。

万一、ブラックリストに載ってしまうと、信用情報機関の事故情報が消える(削除される)までは消費者金融を含め正規の金融機関や貸金業者から融資を受けるのはむずかしくなります。

かりに融資を申し込んでも審査で落とされる結果になりますから、実質お金が借りられないという状態に陥るわけです。もちろん消費者金融だけでなく銀行からの融資も審査で落とされますし、クレジットカードを作成したりローンで商品を買うのも無理ということになります。

信用情報機関の事故情報は、滞納や延滞が解消してから1~5年程度で削除されるのが一般的とされています。この期間に幅があるのは、どのような原因で事故になったかという点と、複数ある信用情報機関の団体ごとの基準の違いによるものです。(滞納や延滞ではなく自己破産などの事故でブラックリストに載ると、その情報が削除されるまでに7~10年程度掛かります。)

最後に、消費者金融からの借入金の返済が1日でも遅れそうな場合は、事前に業者に連絡しておくことをオススメします。事前連絡があれば業者側の心証も良くなり、いざというときの助けになることがあるからです。

人気の消費者金融は?