連帯保証人とは?

「連帯保証人だけはなってはいけない」と耳にしたことがある方もいるかと思います。「連帯保証人」について、みなさんはどのくらいの知識をお持ちでしょうか?

もし、家族や友人から連帯保証人をお願いされたら場合、どうすればいいのでしょうか?連帯保証人について、以下で詳しく解説していきます。

連帯保証人とは何?

ここでは連帯保証人について、保証人との違いについて紹介します。

保証人とは?



保証人とは、万が一債務者がお金を返せなくなった場合、債務者の代わりに返済を行う人のことをいいます。


保証人になったからといって、債務者の借金に対して必ずしも返済の義務を負うとは限りません。「債務者が払えるはずだから、本人に請求して」という権利があります。それでも債務者が返済できない場合は、保証人が代わりに支払うことになります。

連帯保証人とは?

連帯保証人とは、債務者が返済できない場合や自己破産した場合、債務者の代わりに債務や延滞損害金など連帯保証人が返済しなければいけません。

債務者とほぼ同じ立場になるため、債務者が1日でも返済が遅れると連帯保証人のところに請求がいく場合もあります。


金融機関からお金を借りる場合、連帯保証人を求められることがあります。高額を融資したまま返ってこないと、貸した側が大損することになりますよね。そのような事態になってもお金を返してもらうように、連帯保証人を付けます。


以上が、連帯保証人の簡単な説明でした。では、保証人と連帯保証人で何が違うのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。

連帯保証人、保証人の違いとは?

連帯保証人と保証人は債務者が返済できなくなった場合や、代わりに返済しなけらばならない点については共通しています。しかし、3つの点が違います。

連帯保証人には、以下の権利がありません。


1.検索の抗弁権がない
1つ目は「検索の抗弁権」です。検索とは何かを調べて探すこと、抗弁権とは反論する権利のことをいいます。

保証人ですと、「Aさんには返済する財産があるからAさんに請求して」と債権者に反論できるのに対し、連帯保証人は反論する権利がありません。


2.催告の抗弁権がない
2つ目は、「催告の抗弁権」です。催告とは義務を履行しろと要求すること、抗弁権は反論する権利です。

債務者が返済できないので、代わりに保証人に返済するように求められますが、債務者が返済できることを保証人は主張することができます。しかし、連帯保証人にはその権利がないため、支払うよう求められたら連帯保証人が返済する義務を負います。


3.分別の利益がない
3つ目は「分別の利益」です。債務者に保証人が複数いる場合、保証額を人数分で割った金額払うことになります。しかし、連帯保証人は分割の利益がないので、残りの債務を全額支払う義務を負います。

連帯保証人は責任が重い



上でも書いたように、連帯保証人は債務者とほぼ同じ立場に立たされ、債務者が返済できない場合は代わりに返済しなければなりません。一方、通常の保証人は債務者がどうしても返済できない場合、代わりに返済することになります。


ですので、連帯保証人の方が責任が重いのです。

連帯保証人は一括返済しないといけない

連帯保証人として債務者の代わりに返済する場合、一括返済しないといけません。とはいえ、数十万~数百万円ならともかく、数千万円と大きい額の借金を一括で返済するのは無理ですよね。


その場合は、「任意整理」をして分割払いにしてもらう必要があります。債権者に交渉することで、分割払いにしてもらうことができます。また、全額は無理だが一部なら返済できる場合、債務を減らしてもらえる可能性があります。

もし、連帯保証人を頼まれたら?

もし、家族や友人に連帯保証人を頼まれても、安易に受けてはいけません。連帯保証人になるということは、「自分が借金をした」と思った方がいいでしょう。「連帯保証人にだけはなるな」と言うのは、こうした理由があるためです。


また、「普通の保証人でいいからなってほしい」と言われるケースも少なくないかもしれません。確かに、保証人の方が負担は少ないかもしれませんが、債務者が返済できない場合は保証人が代わりに借金の返済をする必要があります。


どのような状況になっても、自分が負うことになる責任と金額を十分理解した上で、対応できるのかをよく考えて連帯保証人を受けるかを決めるようにしましょう。


連帯保証人になってしまうと、簡単に辞めることができません。すでになっている方は、弁護士や法律専門家に相談してください。


連帯保証人とは?のまとめ

  • 連帯保証人とは債務者が返済できない場合、代わりに借金の返済を行わなけらばならない
  • 連帯保証人と保証人の違いは、検索の抗弁権・催告の抗弁権・分別の利益の3つである
  • 債務者とほぼ同じ立場になって借金を負うことになるので、通常の保証人よりも責任が重い
  • 連帯保証人を頼まれた時は、自分が負う責任と金額を理解し、対応できるかをよく考えて受ける
  • 連帯保証人になると簡単に辞めることができないので、弁護士などの専門家に相談する


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?