任意整理による債務整理について

債務整理にはいくつか方法があり、例えば自己破産した場合、裁判所を通す必要があります。その一方、任意整理による債務整理は裁判所を通す必要がないので、自己破産と較べるとデメリットは少ないです。


では、裁判所を通さずに借金の整理ができる任意整理とは、どのような方法なのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。

任意整理とは?

「任意整理」とは公的機関(裁判所)を通さず、借金整理や倒産整理を行うことをいいます。任意整理で債務整理をすると、裁判所の手続きをせずに当事者同士の話し合いで、借入金の返済方法を決めることができます。

任意整理の特徴



上でも書いたように、任意整理は債務者と債権者で話し合って解決するので、法律に沿った手続きがなく簡潔になっているのが特徴です。


他にも、任意整理をすれば利息や延滞損害金などをカットし、借入元金またはその金額に近い金額での返済にできるので、返済への負担が軽くなります。


さらに、利息制限法の金利に基づいた引き直し計算を行い、過払い金がないかを確認し、請求することもできます。

任意整理の条件

任意整理は自己破産とは違うので、返済を免除されるわけではありません。ですので、ある程度の安定した収入がないと、利用することはできません。


基本的に、3~5年で借金を返済するよう計画を立てるので、借主に返済能力があるかも重要になります。

このような条件をクリアしないと任意整理は行えません。

任意整理のメリットは?

任意整理をすることで、返済の負担がだいぶ軽くなります。どのようなメリットがあるのか以下で見ていきましょう。

1.裁判所を通さず債務整理ができる



裁判所を通した債務整理は、官報に記載されてしまいます。そこから周囲に知られる可能性がありますが、任意整理ではそのような不安がありません。


一方で、任意整理なら面倒な手続きもなく、話し合いという形で債権者と交渉を行うので、債務者の負担も少ないです。

弁護士や司法書士に金融業者との交渉を依頼できる

個人では交渉が難しい問題でも、専門家ならスムーズに話し合いができます。将来の利息カットの話合いや過払いのチェックなどは個人には難しいものです。

3.金業業者からの督促が来なくなる

代理人との交渉が開催されると、金融業者からの督促が来なくなります。度重なる督促で生活に支障をきたしているような場合は悩みが解消します。

4.無理なく合理的に借金が返済できる

任意整理という方法を用いると、無理な返済をする必要がなくなります。代理人は債務者の状況に合わせた返済方法(期間・金額)を取れるように交渉してくれるので大きな無理をしないでも、借金を消すことができます。


具体的には、借入額にもよりますが3年~5年かけて、毎月数万円ずつ返済していくとい計画を立てるのが一般的です。


<関連記事>
消費者金融で返済できない場合、自宅は取り上げられるの?

任意整理のデメリットは?

先ほど説明した通り任意整理はたくさんメリットがありますが、デメリットがまったくないわけではありません。次にデメリットについて見ていきましょう。

1.信用情報機関のブラックリスト入りしてしまう



ブラックリスト入りすると新規の借り入れができなくなるだけでなく、クレジットカードの利用や新しいローンを組むことができなくなります。その期間は約5年程度といわれ、その間は借入やカードの利用はできないと考えておいてください。

2.弁護士や司法書士に支払う報酬が発生する

弁護士または司法書士に任意整理を依頼すると、金融業者1社ごとに報酬(費用)が発生します。報酬額は弁護士や司法書士によっても異なりますが、1社あたり数万程度というのが一般的です。

借金を全額免除してもらえるわけではない

任意整理は、あくまで話し合いで解決策を決めることになります。話し合いのポイントは「債務者が無理をしないで借金を返済していけるか?」ということなので、自己破産などのように借金の免除が行われるわけではありません。

任意整理後の生活はどうなる?

任意整理をするのに、一番気がかりなのが任意整理後の生活ではないでしょうか。実際は任意整理しても、その後の生活にほとんど影響が出ることはないので安心して下さい。


とはいえ、任意整理をすると「事故情報」の情報が記録されてしまいます。信用情報に約5年間は情報が残るので、新しくローンを組んだり、クレジットカードを作ることができません。何か買い物をする時は一括払いが基本になります。



任意整理にも良い面・悪い面があります。もちろん、債務整理に頼らず自分の力で返済することが基本です。ですが、どうしても返済が困難になったときはこのような方法も検討してみてはいかがでしょう。


妊整理による債務整理について のまとめ

  • 「任意整理」とは、公的機関を通さずに、当事者同士の話し合いで借金の返済方法決めることができる
  • 手続きが簡潔で、債務者への返済の負担が軽くなるなどの特徴がある
  • 3~5年で返済するように求められるので、ある程度の収入がないと任意整理を利用することはできない
  • 裁判所を通さずに手続きができる・弁護士などの専門家に交渉の依頼を頼めるなどのメリットがある
  • 事故情報になるので5年間は新規の借入ができない・返済の負担は減るが免除されるわけではないなどのデメリットもある
  • 任意整理後の生活にはほとんど影響はないが、数年間はクレジットカードなどが使えないため、買い物は現金での支払いになる


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング