グレーゾーン金利って何?

消費者金融など貸金業に関連してよく耳にする言葉が「グレーゾーン金利」です。グレーゾーンと聞くと、良くない怪しい感じがしますよね。具体的にどんな金利のことを呼ぶのでしょうか。


グレーゾーン金利について、以下で詳しく見ていきます。

グレーゾーン金利とは?

「グレーゾーン金利」とは、「利息制限法」と「出資法」の上限金利の間に存在する法的に曖昧な(グレーな)金利のことです。


この2つの法律で、2010年6月まで上限金利が異なっていたため、グレーゾーン金利の原因となっていました。

2つの法律については以下で詳しく見ていきます。

出資法とは




正式には「出資の受け入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」といい、貸金業者が利用者に融資をする際の高金利などを取り締まるための法律です。


この法律が定められたのが1954年(昭和29)で、貸金業者が法外な高い金利で利用者にお金を貸さないよう、規制する目的で制定されました。

この法律で定めた上限金利は、年29.2%です。

利息制限法とは

経済的弱者である債務者の保護を目的とし、貸金業者が高金利を設定しないよう消費貸借上の利息を定めた法律です。


この法律は1954年(昭和29)に制定され、その上限金利は元本(借入額)が10万円未満の場合は年20%、10~100万円未満は年18%、100万円以上は年15%と定められています。

曖昧な金利によって生まれたグレーゾーン金利

先ほども書きましたが、金利の上限を定めていた2つの法律である、利息制限法と出資法の上限金利の設定は違っていました。利息制限法の上限金利は15%~20%、出資法の上限金利は29.2%と定めていました。


利息制限法の上限金利を超えるものの、出資法の上限金利を超えなければ刑罰にはならない、白黒はっきりしない灰色の金利が存在していました。それが「グレーゾーン金利」です。





消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は、このグレーゾーン金利の設定で貸付をしていました。

理由は簡単で、その方が貸金業者にとって利益が大きかったからです。

グレーゾーン金利の適用条件

利息制限法の上限金利を超える金利は、無効になるとされています。しかし、一定の条件を満たしていれば取り引きは有効とされていました。それが「みなし弁済規定」です。


一定の条件にはいくつかあり、貸主が正式に登録されている貸金業者であること・債務者が納得して自分の意思で利息を払っているなどがあります。この条件を全て満たしていれば、利息制限法の上限金利を超える利息を取っても有効とされていました。


このみなし弁済規定のせいで、法律上は払わなくていい高い利息を債務者は払っていました。違法にならないのならと、ほとんどの貸金業者はグレーゾーン金利を利用して貸付を行っていました。


みなし弁済は債務者にとっては不利な制度だったのです。


<関連記事>
みなし弁済規定とは?

貸主は得をするが、借主には大きな負担が・・・



「お互い金利について納得した上で、借入をしたのだから問題ないのでは?」と思うでしょう。

しかし、実際は貸主は利益を得ますが、借主からすれば高すぎる金利のせいで返済しても元本が減らない・・・といつまでたっても完済できない人が年々増えていました。


毎月の返済が大変で生活も苦しいからと、新たに借入をすれば多重債務者になってしまいます。そうなると最終的に自己破産に陥る、という人が多く社会問題にもなっていました。


グレーゾーン金利だけが多重債務者・自己破産者の原因ではありませんが、原因の一つであることは明らかでした。


<関連記事>
消費者金融の金利を一覧比較すると一番安いのは?

法律の改正でグレーゾーン金利は廃止

多くの貸金業者が「出資法」の高い金利を採用して融資を行っていたため、多重債務で苦しむ利用者が増加していました。


これが社会問題となり、2010年6月に貸金業法が改正されて「出資法」の上限金利は「利息制限法」と同じ、年20%まで引き下げられてグレーゾーン金利はなくなりました。

払い過ぎた利息はどうなるの?

グレーゾーン金利によって、払い過ぎた利息を「過払い金」といいます。この過払い金は手続きをすれば、返還してもらうことができます。これが「過払い金請求」です。


消費者金融など利用者から過払い金請求があれば、利息制限法の上限金利で計算し直して、取りすぎた分の金利を返還しなければなりません。






心当たりのある方は、弁護士など法律の専門家に相談して、払い過ぎたお金を返してもらいましょう。


ちなみに過払い金請求は「完済から10年」で時効になるので注意してください。



グレーゾーン金利って何?のまとめ

  • グレーゾーン金利とは、利息制限法を出資法の間に存在した曖昧な金利のこと
  • 利息制限法の上限金利(20%)と出資法の上限金利(29.2%)の設定の違いからグレーゾーン金利は生まれた
  • 利息制限法の上限金利を超えても、出資法の上限金利を超えなければ刑罰にはならない
  • 社会の利益になるため、出資法の上限金利で貸付をしていた
  • 高金利による債務者問題が増加し、グレーゾーン金利は廃止され金利も20%に引き下げとなった
  • 払い過ぎた利息は、過払い金請求すれば返還してもらえる



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング