信用情報機関とは?

カードローンやクレジットカードを利用すると、信用情報機関に利用記録が残ります。消費者金融や銀行などの金融機関は、申し込み者の審査を行う際、この信用情報を元に審査を行います。また、一度記録された信用情報は、一定の期間保存されます。


どうして信用情報を記録されるの?一定の期間情報が保存されるの?と疑問に思う方もいるかと思います。以下では信用情報機関のこと、記録される情報や保存期間について詳しく紹介していきます。



信用情報機関って何?

信用情報機関とは、個人の信用情報を収集・管理・提供する団体のことをいいます。

現在、国内には3つの信用情報機関があり、収集した個人の信用情報をそれぞれ業界各社に提供しています。3つの信用情報機関については後ほど詳しく説明します。

個人の信用情報とは?



個人の信用情報とは、利用者がどんな人なのか、どの位の借入をしているのか、きちんと返済しているのかを把握するための情報です。

消費者が銀行や消費者金融・クレジットカード会社などが利用者の「返済能力」や「支払い能力」を判断するために使います。

個人の信用情報の内容

信用情報機関に保存される内容は、以下のものが挙げられます。

1.利用者の個人情報
氏名・性別・年齢・生年月日・住所・電話番号
勤務先・職場の住所や連絡先・収入
家族構成・持ち家か賃貸か・・・など


2.利用者の借入情報
銀行・消費者金融・クレジットカード・各種ローン関連
申し込み状況・借入状況・借入金額・契約状況・・・など


3.利用者の返済情報
延滞・滞納・解約・完済・代位弁済・強制回収・返済状況
自己再生(民事再生)・任意整理・自己破産・・・など


こうした個人に関する情報を「信用情報」と呼び、お金の貸し借りとそれに関する全ての情報が信用情報機関に収集されています。

信用情報機関の種類について

先ほどの書いたように、日本には3つの信用情報機関があります。どのような機関なのか、どのような内容が登録されているのか見ていきましょう。

各信用情報機関は、お互いに情報提携しているので、1つの機関が保有している情報は他の2つの機関も保有しています。

全国銀行個人情報センター(KSC)


全国銀行協会(全銀協)が運営し、銀行・信用金庫・信用組合・農業協同組合・労働金庫などが加盟する信用情報機関です。

銀行系クレジットカード情報や金融機関が保有する住宅ローンなどの融資情報なども収集・管理しています。

日本信用情報機構(JICC)

消費者金融業者が運営する貸金業・各種金融機関、クレジット会社などの個人信用情報を保有している信用情報機関です。

主に、消費者金融系の情報を収集・管理していますが、信販会社や各種カード会社(銀行系・流通系・メーカー系)の情報も広範囲に集めています。

シー・アイ・シー(CIC)

主に、信販会社やクレジットカード会社が加盟している信用情報機関で、自動車ローン会社・機械リース会社・小売店・一部の銀行や消費者金融会社・労働金庫なども加盟しています。

信用情報機関にはどのぐらいの期間、情報が残る?


信用情報機関に記録される情報は、どの位の期間保存されているのでしょうか。

1.申し込み情報

クレジットカードやローンに申込むだけでも、信用情報に記録されます。もし、審査に通らず契約ができなくても、申込みの記録は残ります。保存期間は最長6か月間となっています。

2.契約情報



クレジットやローンの審査に無事通過し、契約を結ぶとその情報も記録されます。

保存期間は解約後から最長5年間です。借金を完済したからと、安心するのはまだ早いです。注意したいのが、解約しない限り契約が継続され情報が残ったままになります。完済したらすぐに解約手続きをしましょう。

3.返済情報



返済状況も記録されます。ここでも注意しておきたいのが、完済したら契約を解約しないと、契約したことになってしまいます。こちらも解約後から最長5年間保存されます。

4.延滞発生の情報

信用情報機関では、返済が3ヶ月以上滞ってしまうと「延滞」となります。各金融機関によって保存期間が異なり、CIC・KSCは最長5年間、JICCは最長1年間となっています。


返済が3ヶ月以上遅れると延滞になると書きましたが、他社で2回以降の延滞があった場合は、すぐに記録に残されてしまうこともあります。

5.任意整理の情報

任意整理」とは、どうしても返済ができない場合、合法的に借金を減らす方法です。金融機関と直接交渉して返済額を減らしてもらいます。この任意整理を行う場合も、信用情報に記録されます。


保存期間は最長5年間となっていますが、金融機関によって記録されるタイミングが異なります。任意整理の交渉が成立した後すぐの場合や、任意整理後に完済してからという場合もあります。


ですので、保存期間が終了するのは、返済が終わってから5年間と考えた方がいいでしょう。

6.自己破産・個人再生の情報

自己破産や個人再生をした場合も、情報が記録されます。シー・アイ・シーと日本信用情報機構は最長5年間、全国銀行個人信用情報センターは最長10年間保存されています。


自己破産などの債務整理の情報は、信用情報機関で共有しているので、最長10年間は記録が残ると考えておきましょう。一般的には、自己破産は裁判所から免責許可が下りてから、個人再生は完済してから情報が記録されることが多いです。



上記の内容を表にしてまとめたものが、以下になります。



自分の信用情報を確認できる

自分の信用情報は大丈夫なのか気になる方もいるかと思います。そんな不安な方は、自分の信用情報を確認することができます。


具体的には、信用情報機関に自分の信用情報の開示請求をする必要があります。どの信用情報機関も請求の手続きは同じで、電話や郵送・パソコン・スマホなどで自分の情報を請求できます。


電話・郵送での開示請求をすると、1週間~10日程度で結果が郵送されます。また、手数料が1000円取られてしまいます。支払い方法によっては、別に手数料がかかってしまうので注意して下さい。



信用情報機関とは?のまとめ

  • 「信用情報機関」とは、個人の信用情報を収集・管理・している団体のこと
  • 「個人の信用情報」とは、消費者金融やクレジットカード会社の利用記録のこと
  • 信用状に記録されるのは、基本情報・借入情報・返済情報などが挙げられる
  • 信用情報は、日本信用情報機関・シー・アイ・シー・全国銀行個人信用情報センターの3つの信用情報機関によって管理されている
  • 申し込み情報は最長6ヶ月間、契約・返済・延滞・任意整理は最長5年間、自己破産は最長10年間は情報が保存される
  • 自分の信用情報は、信用情報機関に開示請求を行えば確認できる


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング