消費者金融の過払い金請求とは?

以前から、テレビCMで「過払い金請求」という言葉をよく見かけますよね。見かけるけど、過払い金請求って何?と知らない方も多いのではないでしょうか。


消費者金融を利用していない方には、特に馴染みのない言葉だと思います。


ここでは、過払い金や過払い金請求について詳しく解説していきます。

過払い金とは?

「過払い金」とは、消費者金融などの貸金業者からお金を借りた利用者が、支払い過ぎていた利息のことを指します。


この払い過ぎは、過去に存在していたグレーゾーン金利が原因で起きました。


現在では、払い過ぎてしまった分の返還請求ができるようになり、払い過ぎていた利息分の返還請求のことを「過払い金請求」と呼びます。

過払い金の原因となったグレーゾーン金利について



過払い金の原因になった「グレーゾーン金利」とは、2010年(平成22)まで存在していた出資法の上限金利は29.2%と、利息制限法の上限金利20%という2種類の法律の上限金利の差を意味します。


多くの貸金業者は、上限金利の高い出資法に基づいて上限29.2%の金利で貸付を行っていました。この高い金利によって、数多くの多重債務者を生むという問題にまで発展しました。


このことから、2006年(平成18)に最高裁で「グレーゾーン金利を認めない」と判決が下され、利息制限法の上限金利を超える過払い金は返還するよう決まりました。

過払い金請求の条件

過払い金請求ができる条件は、消費者金融などの貸金業者にグレーゾーン金利分の利息を払っていた方が対象です。つまり、これから新たにキャッシングする人は対象外です。


ちなみに、すでに借金の完済している人でも10年以内なら過払い金請求が可能です。

過払い金請求したら事故情報に残る?



過払い金請求したら事故情報として記録が残ってしまうのでは、と気になっている方も少なくないはずです。実際、過払い金請求したら事故情報に残ってしまうのでしょうか。

過払い金請求しても事故情報にならない

平成22年までは、過払い金請求をすると事故情報として信用情報機関に登録されていました。しかし、金融庁から「過払い返還請求は事故情報として記録しない」と発表されたので、過払い金請求をしても事故情報になりません。


しかし、過払い金を返還後にも借金が残る場合は、債務整理になってしまうので事故情報として記録が残ってしまいます。そうなると信用情報に傷が付いてしまうので、注意して下さい。


<関連記事>
消費者金融で審査に通らない!原因は?

過払い金請求のメリット・デメリットについて

過払い金請求は多少手間がかかりますが、払い過ぎたお金が戻ってくるなら、とメリットに思っている方が多くいます。


しかし、ひとつ注意したいのが、過払い金請求をするとメリットの他にデメリットも生じる可能性もあるという点です。


以下で、過払い金請求のメリット・デメリットについて紹介します。

過払い金請求のメリット

過払い金のメリットといったら、払い過ぎたお金が戻ってくることです。債務整理などは、返済額を減らすことはできますが、直接お金が戻ってくるのは過払い金請求だけです。

過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリットは、過払い金請求した消費者金融からは2度と借入ができないことです。追加で借入をしたいと思ってもできません。


ですが、他社からなら借入することはできます。お金が必要な場合は、新しく他の会社で借入をしたくてはなりません。


他には、時効があることです。過払い金請求は完済した日から10年の間に請求しないと、無効になってしまうので注意してください。

過払い金を請求できないケースとは?



過払い金がある方は、過払い金請求を検討してみてください。ただし、過払い金請求ができないケースもあります。

返してもらえると思って請求したらできない・・・ではショックですよね。事前にどうなると請求ができないのか、調べておくと良いです。


以下は、過払い金の請求ができないケースになります。


<関連記事>
消費者金融の借り入れ(・延滞)履歴はいつまで残るの?

時効になっている

先ほども書きましたが、過払い金請求には時効があります。完済した日から10年以内に請求しないと、時効になって消えてしまいます。


そうなると、過払い金請求することができないので、払い過ぎた利息は返ってきません。

消費者金融が倒産してしまった

お金を借りていた消費者金融に過払い金請求しようにも、請求先が倒産していたら過払い金を請求することはできません。


貸金業法の改正によって、貸金業者は経営が苦しく倒産していまう会社が少なくありません。さらにそこに、過払い金請求が追加すればお金がなくなり倒産してしまう、というケースです。

違法業者だった

ヤミ金などの違法業者からお金を借りていた場合、過払い金は請求することができません。


違法業者は利息制限法の上限金利を平気で無視し、高い金利で貸し付けをしてきます。また、社名や担当者、住所もデタラメと実態がつかめないので、過払い金の請求をするのは難しいです。

過払い金を請求するにはどうしたらいい?

過払い金請求は特別な資格がなくても行えます。しかし、慣れていない仕事なので手間と時間がかかります。加えて、書面が自宅に届いてしまうので、家族に借金していたことがバレてしまう可能性もあります。


手間もかからず、家族にもバレずに請求するにはどうしたらいいのでしょうか。

自分では難しいので専門家に相談しよう

一番の方法は、弁護士や司法書士などの専門家に相談することです。


自分でやるのでは大変なのと、消費者金融側は過払い金の返還を渋ることもあるので、スムーズにいきません。専門家に頼めば、手間もかかりませんし、スムーズに交渉を行ってくれます。


相談など無料で行っている法律事務所も多いので、一度自分の過払い金はどのくらいなのかなど、相談してみてはいかがでしょうか。


気を付けておきたいのが、中には過払い金をごまかして着服したり、必要な手続きをごまかして相談料だけ取る悪徳弁護士もいます。まずは、自分の過払い金がいくらになるのか資料をもらいましょう。


資料をもらっておけば、何か問題があった時の証拠になります。以上のことを参考に、悪徳弁護士に騙されないように気を付けて下さい。



消費者金融の過払い金請求とは?のまとめ

  • 過払い金とは、消費者金融などからお金を借り、多く払い過ぎた利息のこと
  • 過払い金の原因はグレーゾーン金利によるもの
  • 過払い金請求のデメリットは、過払い請求をした消費者金融では2度と借入することができない
  • 時効になっている・消費者金融が倒産している・違法業者には過払い金請求ができない
  • 過払い金請求するなら、法律の専門家に相談するのが一番だが、中には悪徳弁護士もいるので注意が必要


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング