金銭消費貸借契約書とは?

消費者金融や銀行カードローンなどでお金を借りる場合、「金銭消費貸借契約」という契約を交わし、「金銭消費貸借契約書」の作成をする必要があります。

聞き慣れない方やどんな契約なの?と疑問に思う方も多いかと思います。お金を借りようと考えている方は、この契約のことを覚えていた方がいいでしょう。

この金銭消費貸借契約書がどのようなものなのか、以下で詳しく説明していきます。まずは、金銭消費貸借契約について見ていきましょう。

金銭消費貸借契約について

ここでは金銭消費貸借契約の意味について説明します。

金銭消費貸借契約は別名「金消契約」や「ローン契約」とも呼ばれ、法人取引や個人取引などの種類があります。


金銭消費貸借契約という用語は分かりづらいですが、「金銭」と「消費貸借」という2つの言葉に分けて考えると理解できます。

消費貸借契約とは?



消費貸借契約とは、借主が貸主に種類や品質・数量の同じものを返還すると約束し、貸主から物を受け取る契約のことをいいます。「消費貸借」は借りたものと同等のものを返還すること、「契約」は法律的な約束のことを指しています。


「金銭消費貸借契約」とは、返済を前提としてお金を借りる契約のことをいいます。文字通り「金銭」はお金のこと、「消費貸借」は先ほど書いた通りです。目的の物がお金である場合のことで、お金を借りる代わりに同じ金額を返すことになります。


具体的には、金融機関などからお金を借りて必ず返すと、法的に約束することが金銭消費貸借契約です。

どのようなケースで契約を交わされる?

では、金銭消費貸借契約はどのようなケースで、契約を交わされるのでしょうか。代表的な金銭消費貸借契約としては、次のものが挙げられます。


・銀行から融資を受ける
・消費者金融から借入をする
・住宅ローンで融資を受ける
・カードローンでお金を借りる
・親戚や知人からお金を借りる


このようにお金にからむ借入で、契約を交わされるのが金銭消費貸借契約です。

金銭消費貸借契約書について

金銭消費貸借契約では、契約書や借用書を作成するのが一般的です。しかし、借主側が貸主側に対して「将来、必ず返済する」と約束すれば契約は成立したとみなされます。


とはいえ、親戚や友人知人にお金を借りる場合はともかく、銀行や消費者金融などからお金を借りる場合は、金銭消費貸借契約書を作成されることは言うまでもありません。

これは万が一、借り主が嘘をつくなど約束を破っても、必ず返済することを約束した、と証明できるようにするためです。

契約書の契約事項や記載事項について

契約書には、つきの契約事項や記載事項があります。


・貸主・・・お金を貸す側の氏名(会社名)や住所など
・借主・・・お金を借りる側の氏名(会社名)や住所など
・契約年月日・・・金銭消費者貸借契約をした日
・債権額・・・借入した金額
・貸付条件・・・金銭貸借の条件
・弁済期・・・返済する期日
・利息・・・金利(利率)、返済方法
・延滞損害金・・・返済が遅れた場合の賠償金


他にも、連帯保証人や抵当権などの契約があることもあります。

利息制限法を超える利息設定はできない



金銭消費貸借契約には、利息制限法という法律による金利の上限が定められています。

例えば、借入金の元本が10万円未満であれば年20%、10万円以上から100万円未満であれば年18%、100万円以上であれば年15%以上の利息を設定することはできません。

さらに、返済期日より遅れた場合の賠償金である延滞損害金も約定金利の1.46倍を上限とし、それ以上の賠償金を設定することは、法律で禁じられています。

契約書の内容をきちんと確認することが大切

こうした法律の定めに沿った契約であれば、金銭消費貸借契約に掲載された事項はすべて法的に有効とみなされます。仮に、借主側が一方的に金利は10%だと思い込んで署名捺印しても、契約書に15%と明記してあればそれに沿わなくてはなりません。


契約書は法律で守られたものですから、お金を借りる際にはしっかり契約書の内容を確認することが重要です。難しい言葉ばかりで読むのが面倒だと、契約書を読まずにいると後で後悔することになるかもしれません。


署名捺印をする前には内容をきちんと確認するようにしましょう。



金銭消費貸借契約書とは?のまとめ

  • 「金銭消費貸借契約」とは、返済を前提としてお金を借りる契約のこと
  • 「消費貸借契約」とは、借主が貸主から借りたものと同じ種類・品質などをもって返済する契約のこと
  • 必ず返済することを約束すれば、契約書がなくても契約は成立するが、消費者金融などで借りる場合は作成が必要
  • 利息制限法によって金利の上限が決まっているので、利息制限法より設定を高くすることはできない
  • 面倒だからと契約書を読まずに済ませず、きちんと内容を確認して契約を行いましょう



 消費者金融のオススメ人気ランキング



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング