期限の利益の喪失ってなに?

「期限の利益の喪失」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?初めて聞いたという方の方が多いのではないでしょうか。

お金を借りる時に必ず記載されているので、消費者金融などで借入をする際は覚えておいた方がいいかもしれません。

ここでは、期限の利益の喪失について詳しく説明していきます。



期限の利益について



期限の利益とは、お金を借りてもすぐに返すのではなく返済期限までは借りたお金を返さなくていいという権利のことを言います。

期限の利益があるおかげで、借りた側がきちんと返済し続けている限り、貸した側は返済の請求をすることができません。また、貸した側から期日前に返済するよう言われても、借りた側は拒否することができます。

このように、借り手側に有利な権利を期限の利益といいます。

期限の利益があると分割払いができる

期限の利益がないと100万円借りたら、翌月には100万円の返済請求がされてしまいます。ですが、期限の利益があることで、分割での返済が可能になります。

しかし、返済日が過ぎているのにお金を返さず滞納してしまうと、期限の利益の喪失することになります。

この点については以下で説明します。

期限の利益の喪失とは?

先ほど、借り手にとって有利な権利である「期限の利益」について説明しました。ですが、借り手はいつも期限の利益を得られるとは限りません。一定の条件で期限の利益を失うことになります。

期限の利益の喪失するケースとは?

それでは、どういったケースで期限の利益が喪失してしまうのでしょうか。以下が喪失してしまう場合です。


返済日にお金を返さなかった
契約内容に違反した
契約内容が偽りだった
自己破産、民事再生手続きを開始した
弁護士に債務整理を委任した

などがあります。

<関連記事>
消費者金融の借入申込み書にウソを書いたら・・・?


期限の利益の喪失で一番可能性があるのが、「返済日にお金を返さなかった」というケースです。

もし、毎月の返済日に決まった金額を返さなかった場合、期限の利益を喪失します。ほとんどの金銭消費貸借契約書(お金を借りるときの契約書)には期限の利益の喪失について書かれており、「1日でも返済が遅れると喪失する」となっているはずです。

銀行や消費者金融から一括返済を求められる場合も



借り主が期限の利益を喪失した場合(例えば、予定していた返済日に返済できなかったなど)、銀行や消費者金融などの貸主側は、借金の一括返済を請求できます。

<関連記事>
初めて借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン


一括返済とは、借入残額全てを一括でまとめて返済するということです。貸主から借入残額を全て返済するように請求があれば、借り主は一括で返済をしなけばいけません。

1回返済が遅れてしまっただけで、一括返済するよう求められることはほとんどないようです。ですが、貸主には一括返済するよう請求する権利があるので、そのことは知っておくといいでしょう。



以上で、期限の利益の喪失について説明してきました。

期限の利益があるからといって油断は禁物です。上でも書いたように、返済を滞納していまえば期限の利益は喪失してしまうので、きちんと返済日に返済していきましょう。


期限の利益の喪失ってなに?のまとめ

  • 期限の利益とは、期限が来るまでは借りたお金を返さなくていい権利のこと
  • 期限の利益は一定の条件で失うことになる
  • 期限の利益の喪失になるケースとして一般的なのが、「返済日にお金を返さなかった」が挙げられる
  • 期限の利益の喪失によって、貸主は借入残額を一括返済するよう請求できるようになる


 消費者金融のオススメ人気ランキング



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング