消費者金融の事故情報とは?

消費者金融や銀行カードローンを利用していると、「事故情報」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。


とはいえ、聞いた事はあってもどのような状態を「事故」というのか、またこの記録はずっと残るものなのかまでは分からない方も少なくないはずです。


以下では、事故情報について詳しく紹介します。

事故情報って何?

金融の分野では、「事故情報」という言葉がよく使われます。ここでいう事故は、一般の交通事故や火災事故ではなく、お金の貸し借りに関連する「金融事故」のことをいいます。


こうした事故情報は「信用情報機関」という団体に集められ、そこで一定期間にわたり保管・管理されています。

信用情報機関とは

信用情報機関とは、個人の情報の収集や保管・管理を行っている団体のことです。以下の3つが日本にある信用情報機関になります。それぞれの信用情報機関によって、担当する業界が違います。


・全国銀行個人情報センター(KSC)・・・銀行、銀行系カード会社
・日本信用情報機構(JICC)・・・消費者金融、信販会社
・シー・アイ・シー(CIC)・・・クレジットカード会社、信販会社




上の図は信用情報機関・利用者・会員会社(消費者金融など)の3社の関係を表したものです。利用者の消費者金融の利用情報は、信用情報機関を通じて業界内の各社で共有されています。


これに加えて、先ほどの3つの信用情報機関でも信用情報共有されています。つまり、銀行・消費者金融・クレジットカード会社のどれがで事故情報があると、それが全ての会社・銀行で共有されることになります。

事故情報の保管について

信用情報機関に収集・保管される事故情報には何があるか、保管期間がどの程度か紹介します。


・延滞情報・・・返済が延滞された記録(5年程度)
・延滞継続情報・・・返済が延滞されている記録(延滞中は継続保管)
・延滞解消情報・・・延滞が解消された記録(1年程度)

・債権回収情報・・・財産差押えなどの記録(5年程度)
・自己破産情報・・・自己破産をした記録(5年程度)※官報公告記録は10年程度
・個人再生情報・・・個人再生をした記録(5年程度
・任意整理情報・・・任意整理をした記録(5年程度)
・特定調停情報・・・特定調停をした記録(5年程度)
・保証会社情報・・・保証会社が代わりに返済した記録(5年程度)



以上が信用情報機関に収集・保管され提供されている主な事故情報です。信用情報機関によって、事故情報が消える期間は異なりますが、5年~10年程度です。

その他の情報について

他に、事故情報ではない情報も収集・保管・提供されています。

・取引情報・・・借入を返済に関する記録(5年程度)
・利用者個人情報・・・氏名・生年月日、住所、勤務先、電話番号など
・問い合わせ情報・・・利用者が情報機関に問い合わせた記録(3ヶ月程度)


事故情報があると借入審査はどうなる?

事故情報があると、借入審査にどのような影響があるのでしょうか。以下で詳しく紹介します。

住宅ローンが通らなくなる




事故情報があると、住宅ローンの審査に通るのは厳しいです。当然のことですが、信用情報に傷がある人を信用するのは難しいですよね。ですので、事故情報が記録されていると住宅ローンを申し込んでも、融資を受けるのはまず難しいでしょう。


しかし、事故情報は一定の期間を過ぎると情報が削除されます。事故情報が消えればローンを組むことができるので、それまで待つしかありません。


他にも、1社だけ申込むのは不安だからと短い期間に複数申し込みをしてしまうと「申し込みブラック」と信用情報に記録されてしまいます。確実に融資を受けたいのでしたら、同時に複数の申し込みをするのは止めましょう。


<関連記事>
消費者金融の借入があると住宅ローンの審査が厳しくなる?

携帯電話の分割購入ができなくなる

最近の携帯電話やスマホは、本体料金だけで数万円以上かかるものが主流となっています。数万円を一括で支払うのは大変なので、本体料金を分割して支払えるようになりました。


以前は、分割払いの審査もそれほど厳しくはありませんでしたが、スマホが普及し以前よりも審査が厳しくなりました。


支払いが遅れたなどの事故情報が残ってしまうと、携帯電話の分割購入の審査が通りにくくなります。当たり前ですが、支払いができていないという場合は、分割購入の審査には通りません。



他にも、携帯電話の利用料金の滞納があっても審査には通りません。この利用料金の滞納が、携帯電話の分割購入の審査に通らない一番の原因となっています。

クレジットカード作成・キャッシングができなくなる

過去にクレジットカードなどの支払いの遅延履歴があると、信用情報に傷が付き、新しくクレジットカードを作るのは難しいです。


「返済を滞納している人が新しくクレジットカードを作っても、返済できるわけがない」ということです。ですので、事故情報がある方は、基本的に事故情報が消えるまでクレジットカードは作れないと思って下さい。


事故情報に記録が残ってしまうと、キャッシングも難しくなります。キャッシングの事故情報は、返済の延滞・滞納などしたことがある人に当てはまります。


借りたお金を返さないわけですから、貸主から信用を失ったわけです。信用がない人にお金を貸すことはできないですよね。


「1回だけ延滞してしまった」程度なら事故情報になる可能性は低いですが、断言はできないので、返済は期日を守ることが大切です。


<関連記事>
消費者金融の借入があるとクレジットカード審査は不利なる?

事故情報を確認する方法はある?



自分に事故情報があるのか気になる方は、自分の信用情報の開示請求することで確認することができます。


開示請求は、電話・郵送・スマホの中から請求でき、1週間~10程度で結果が郵送されます。ただし、手数料に500円~1000円かかるので注意して下さい。

事故情報をなくすには?

上で見た通り、事故情報があると審査に通るのは難しいです。一度事故情報が付いてしまうと5年~10年は記録が残ってしまいます。


自己破産の場合は、官報公告記録ですと10年となっていますが、それ以外は5年間待てば、事故情報は消えるのでまた借入をすることができます。


とはいえ、5年も待つのは長いですよね。そんな方は先ほど書いたように、自分の信用情報を調べることができるので、確認してみてはいかがでしょうか。


上でも見てきて通り、事故情報があると借入で色々不都合があります。信用情報に傷がつかないようにしたいなら、返済の遅延・滞納せずきちんと支払うように心がけてください。無理のない借入はしないように気を付けましょう。



消費者金融の事故情報とは?のまとめ

  • 事故情報とは、利用者の返済が遅れたり支払いがされていないことを指す
  • 事故情報は信用情報機関という団体が保管・管理している
  • 事故情報が記録されている信用情報機関によって違うが5年~10年程度である
  • 事故情報があると、住宅ローンが組めない・携帯電話の分割購入ができないなどが挙げられる
  • 自分の信用情報を確認して、事故情報にならないように気を付けよう


人気の消費者金融は?