消費者金融は保証人は必要なの?

お金を借りる時に、保証人が必要だという話を聞きます。

保証人とは、借り主がお金を返済できない場合、代わりに弁済を行う人のことを言います。では、消費者金融から借入をする時も保証人は必要なのでしょうか?

以下では、消費者金融からの借入に保証人が必要なのか見ていきます。

消費者金融の借入に保証人は必要?

上でも書いたように、お金を借りる時に保証人が必要だと思っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言ってしまうと、消費者金融や銀行カードローンなどで借入をする時は、保証人は必要ありません。

大口の借入や住宅ローンなどには連帯保証人を求められるケースがあります。ですが、借入額が少ない消費者金融には保証人は必要ありません。

消費者金融で保証人がいらない理由とは



先ほど消費者金融では、保証人が必要ないと説明しました。保証人が必要ない理由として、以下のものが挙げられます。

1.銀行などの金融機関との差別化

銀行などの金融機関から融資を受ける時、保証人や担保が必要になる場合があります。金額が大きい取り引きの場合、保証人も担保もないと金融機関からの融資を受けるのが難しくなります。

その点、消費者金融は無担保・無保証人で借入ができるので、金融機関との差別化を図っています。

ただし、銀行も個人向けのカードローンを保証人なしで始めたので、消費者金融がこの面で差別化を図るのは難しくなっています。

2.顧客獲得のアピールポイント

保証人なしをアピールすることで、サラリーマンや自営業者だけでなく、主婦やアルバイト・パートの方なども利用することができます。保証人を見つける手間もなく、手軽に借入ができます。

また、消費者金融は個人向けに少額融資を行っているので、大きい額の融資でなくても利用者がたくさんいれば、取引の採算が取れると判断しています。

3.保証人が不要の代わりに金利が高い

消費者金融の金利は、比較的高く設定されています。保証人が必要ないと、万が一借り主からお金を回収できなくなった場合、消費者金融が損失することになるためです。

そうならないために、金利を高めに設定して保証人や担保なしのリスクを補っています。

4.借入総額は年収の3分の1まで



現在は総量規制によって、消費者金融での借入は年収の3分の1までしかできません。総量規制は、個人の借入できる総額を制限する規制のことで、貸金業法の改正で導入されました。

ですが、もともと消費者金融は個人向けの融資を行っているので、少額融資が基本です。ですので、保証人なしでも貸し倒れ金額が少なくて済み、消費者金融としても取り引きメリットがあるのです。

保証人不要で便利な分デメリットも

保証人が不要なことで、返済できなかったとしても家族や友人に迷惑をかける心配もありませんよね。とはいえ、返済の滞納は良くありませんし、後になって自分の首を苦しめることになるかもしれません。


また、先ほども書きましたが保証人が必要ない代わりに、金利が高いといったデメリットもあります。



以上、消費者金融の借入で保証人が必要ないという話でした。

基本的にどの消費者金融も、保証人は必要ありませんが絶対ではないので、借入前に確認して下さい。また、保証人がいないからと返済を滞納すると後で自分が苦しむことになるので、計画的に消費者金融を利用するようにしましょう。



消費者金融は保証人が必要なの?のまとめ

  • 消費者金融の借入には保証人は必要ない
  • 保証人が必要ない理由として、金融機関との差別化や保証人が不要の代わりに金利が高いなど、挙げられる
  • 保証人は必要ないので便利だが、借り過ぎには注意
  • 保証人不要だからと、返済を滞納すると後で自分が苦しむ


 消費者金融のオススメ人気ランキング



人気の消費者金融は?