消費者金融の利用限度額、いくらまで借りられるの?

消費者金融を利用したいと考えた時、気になるのが「いくらまで借りられるか」ということですよね。


消費者金融からの借入限度額は会社ごとに異なり、借り主の年収や職業、居住環境などによって大きく上下します。


ここからは、消費者金融の借入限度額と、借入する際の注意点について深く掘り下げていきます。

消費者金融からの借入の限度額ってどうやって決まるの?




消費者金融からの借入限度額を決める判断材料には、大きく分けて2つあります。


一つは「利用者の年収」で、もう一つは「消費者金融の審査」です。以下では、この点についてより詳しく見ていこうと思います。

借入の限度額は年収によって決まる

貸金業法の改正で「総量規制」という規制が設けられました。


総量規制では「貸金業者は年収の1/3までしか貸付してはならない」と定められています。例えば年収が300万円の場合は、借入の限度額は100万円になります。


「じゃあ複数の消費者金融を使えば、限度額以上に借入できるの?」と疑問に思った方も多いでしょう。しかし、それは違います。


総量規制では「全ての貸金業者からの借入合計が、年収の1/3以下でなければならない」と決められているのです。


つまり、「A社で限度額まで借りてしまったから、次はB社でお金を借りる」といったことはできません。


このような理由から、消費者金融の借入上限を決める最大の要素は、「借り主の年収」なのです。


消費者金融の審査で限度額は変わってくる

総量規制で年収の1/3まで借入できると決まっていても、消費者金融がいきなり上限金額まで融資してくれるとは限りません。


消費者金融で借入する際には審査があり、様々な情報から返済能力をチェックされます。


仮に総量規制の限度額が100万円だとしても、消費者金融が「この人には50万円しか貸せない」と判断したら、それ以上の融資を受けることはできないのです。


では、消費者金融の審査では具体的にどのようなことがチェックされるのでしょうか。


消費者金融は審査基準を公表していないので確かなことは言えませんが、以下の項目が特に重視されていると言われています。


・年収
・職業(勤務形態、勤続年数)
・配偶者、子どもの有無
・居住環境(居住年数、賃貸か持ち家か)
・他社からの借入、返済状況



収入が特に安定している職業(例えば公務員)ですと、借入の限度額も高くなる傾向にあります。パート・アルバイトでも安定収入があれば借入できますが、正規雇用よりは限度額が低めになります。


また、他社から融資を受けている場合は審査自体に通らなくなる可能性が高いです。仮に通ったとしても、やはり限度額は少なくなってしまいます。


ですが、審査で不利になりそうだからといって、虚偽(ウソ)の申込をするのは絶対にやめましょう。


審査の際は、信用情報機関に照会して調べられるので、虚偽申告は必ずバレます。正直に申告すれば、限度額が少なくても借入できる可能性は残ります。

しかし、嘘の申告をすればその可能性もゼロになるでしょう。


最悪の場合は賠償責任を負わされてしまうこともあり、今後ほかの消費者金融からも融資を受けられなくなってしまうかもしれません。


そのため、申告の際は正直に現状を伝えるようにしましょう。

限度額以上の融資を受けたい時はどうすればいいの?



上では借入限度額の話をしました。ですが、消費者金融で上限以上に借入したい時は、どうすれば良いのでしょうか?


 以下ではその方法を紹介します。また、追加で借り入れする際の注意点についても、お話したいと思います。

消費者金融からの信用を得よう

限度額を上げたいと考えている方は、消費者金融から信用してもらえるように努力しましょう。最も重要なのが、「予定通りに返済を続ける」です。


初めて利用する場合は、借入の限度額が10万円以下というケースも多く、不便に感じると思います。


しかし、こうした少額の借金をきっちり返済していくことで、消費者金融からの信用を得ることができるのです。


そして「この人ならもっとお金を貸しても大丈夫だろう」と判断されると、限度額も上がります。




また、限度額を上げるためには、複数の消費者金融の利用は控えたほうが良いでしょう。


複数の消費者金融から借入していると、「借金を返すために借金を繰り返している?」と疑われ、返済能力に問題ありと判断されるリスクがあるからです。


それから、本人情報(住所、電話番号、勤務先など)に変更があった場合は、すぐに変更の届け出を提出しましょう。


「連絡するために電話したのに繋がらなかった……」なんてことになったら、せっかく築いてきた信用を失うことになります。


限度額が上がるどころか、減額されてしまうケースもあるので要注意です。

消費者金融を利用する際は、借入のしすぎに注意!

限度額が上がっても、借入しすぎないように注意してください。

限度額のギリギリまで借りて返済が滞ってしまったら、今後の借入にも悪影響を及ぼすからです。


そのため、消費者金融からの借入は最小限に抑えることをおすすめします。


また、融資を受ける前に返済計画を立てるようにしましょう。生活費はもちろんのこと、突発的にお金が必要になるケース(入院・葬儀など)も頭に入れて計画を練るようにすると良いと思います。


借金の返済だけで生活がカツカツになってしまうような場合は、借入金額を見直したほうが良いかもしれません。


消費者金融なら、いくらまで借りられるの?のまとめ

  • 総量規制により借入は年収の1/3までに制限されている
  • 借入の限度額は各社で違うため、総量規制の上限まで借入できるとは限らない
  • 借入の限度額を上げるには、消費者金融から信用を得ることが重要
  • 限度額が上がっても、消費者金融からの借入は最小限に抑えよう


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?