債権回収会社とは?

債権回収会社という名前を聞いたことがあるでしょうか?名前は聞いたことあるけど、そこまで詳しく知らない・・・という人の方が多いかと思います。

債権回収会社とはどんなことをするのか、債権回収とはどういったことなのか、以下で詳しく説明します。

債権回収会社について

債権回収会社とは別名、サービサー(servicer)と呼ばれ、金融機関からの委託や譲渡により債権回収を行う専門業者です。


かつては、弁護士や弁護士法人のみに許されていた債権回収ですが、1998年(平成10)に「サービサー法(債権管理回収業に関する特別措置法)」が施行され、法務大臣の認可を得た民間会社でも債権回収が行なえるようになりました。


サービサー法は、メガバンクの不良債権が大きな社会問題となった、1998年に議員立法として成立した法律です。一定の要件を満たした債権回収会社は、特例として再建代行業を行えるとしたものです。

債権とは

債権とは、貸主が借り主にお金を返すよう請求することができる権利です。

きちんと支払いが行われていれば「債権」は消えます。しかし、支払われずにずっと「債権」が残ったままです。ですので、債権者が督促状などの通知を送り「債権」の回収をします。

債権回収とは



債権回収とは、借り主が借りたお金を返済をせずに滞納していた場合、消費者金融や銀行から債権を買い取り(または委託され)、代わりに債権の回収を行います。

特定金銭債権とは

債権回収会社が管理回収を行うのは、次のような特定金銭債権です。


・金融機関の貸付債権
銀行や消費者金融などが企業や個人に貸付けたお金で支払いが滞ったもの


・リース・クレジット債権
リース会社のリース料やクレジット会社のカードやローンの支払いが滞ったもの


・資産の流動化に関する金銭債権
企業などが資産の売却や証券化に関して発生した債権(金銭)


・ファクタリング業者の金銭債権
企業の売掛債権の買取業者の金融業務で発生した債権(金銭)


・法的倒産手続き中の金銭債権
法的な倒産手続きを行っている人が負っている借金


・保証契約に基づく金銭債権
借入金の保証(保証人、連帯保証人)などで支払いが滞ったもの


・その他、政令で定めた債権
政令で定められている金銭関連の債権

債権回収会社から連絡が来るのはどんな場合?



消費者金融や銀行カードローンの借入を滞納した場合、債権回収会社から通知状などの連絡が届く場合があります。これは債権回収会社が消費者金融や、銀行から債権回収の委託を受けたか、もしくは債権そのものを買い取って回収しようとしています。


当然のことですが、通知や督促を受けた場合、借金を返済する必要があります。とはいえ、消費者金融や銀行などに借入をしているからといって、いきなり債権回収会社から債権が回るということはありません。


債権回収会社から連絡があるということは、滞納していると自覚しているはずです。

債権回収会社から連絡が来たらどうすればいい?

聞き慣れない会社から通知や督促が届けば、誰でも驚くと思います。もしも債権回収会社から連絡が合った場合は、まずその内容を慎重に確認してみて下さい。

債権回収会社からの通知が来ても返済が難しい場合は、回収会社と返済に関する交渉を行うか、弁護士などの専門家に相談することをオススメします。

怪しい債権回収会社にはご注意

債権回収会社は、法律にのっとって督促業務を行っているので、悪質な取り立てはしません。

悪質な行為をする債権回収業者は、もしかすると悪徳業者の可能性があります。少しでも怪しいと思ったり、違法な行為を行ってくる場合は、消費者センターなどに問い合わせをして確認してみて下さい。


他にも、債権回収会社の名前を装って、ハガキやメールなどで架空の請求を送り、振り込ませるといったケースがあります。

うっかり振り込まないように注意して下さい。


債権回収会社とは?のまとめ

  • 債権回収会社とは、金融機関などから債権の委託・譲渡を受けて代わりに債権回収を行う業者のこと
  • 債権とは、貸し主が借り主に対してお金を返すように請求できる権利のこと
  • いきなり政権回収会社から連絡が来ることはないが、借金の滞納を続けていれば当然回収に来る
  • 債権回収会社から連絡が来ても返済が難しい場合は、弁護士など専門家に相談する
  • 債権回収会社のふりをして、悪質な取り立て・架空請求してくる悪徳業者には注意が必要


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?