信販会社とは?

「信販会社」という単語を聞いた事がある方もいるかと思います。ですが、具体的な内容まで知ってる方は少ないのではないでしょうか。

ここでは、信販会社について知らない方のために、詳しく紹介します。

信販会社って何?

信販会社とは、クレジットカードなどを使用して販売信用を行う会社をいいます。販売信用とは、消費者を信用して商品やサービスを販売し、代金を後払いで受け取るという方法です。


クレジットカードでのショッピングが代表例ですが、料金が分割・後払いの割賦販売や消費者金融との提携したローン販売なども信用販売に入ります。

信販会社による販売信用方式



信販会社による販売信用の方法は大きく分けて3つあります。

1つ目が、販売会社と消費者が直接契約する方式です。(2者間契約)これは、消費者が購入した商品の代金を、販売会社に立て替えてもらい、消費者が後払いする方法です。


2つ目が、販売会社と消費者金融の間に信販会社が入る方式です。(3者間契約)消費者が販売会社で商品を購入し、代金をクレジット会社に立て替えてもらうものです。

後日、消費者はクレジット会社に支払いをする必要があります。


3つ目が販売会社・信販会社・消費者に加えて保証会社が入る方式です。(四者間契約)

いずれも販売信用を行うことには変わりませんが、二者間契約・三者間契約・四者間契約になるという点が違います。

消費者金融との違いは?

信販会社の場合、貸し付けるわけではなくお金そのものを取り扱っています。商品やサービスを先に販売し、後で代金を回収するのが信販会社のスタイルになります。

時々買い物する人にはオススメ

信販会社と言えば、クレジットカードの事業が大きな収入源ではないでしょうか。カード一枚で買い物も借入もできるので便利性は非常に高いです。

しかし、ショッピング枠とキャッシング枠の利用限度枠が一緒なため、普段からクレジットカードを使って頻繁に買い物をしている方は借入が利用できません。

他にも、利用限度額の設定が消費者金融に較べて低いため、買い物がメインで時々借入を利用する方にはオススメです。

<関連記事>
消費者金融とは?サラ金・ヤミ金との違いは?


信販会社とクレジットカード会社との違いは?



信販会社とクレジットカード会社が同じだと思っている方が多いかと思いますが、まったく別ものです。

どこが違うのか以下で見てみましょう。

意味の違い

信販会社にもクレジットカードの発行があるので、同じと思われがちです。しかし信販会社は、消費者の代金を立て替えて支払ってくれる会社です。

詳しくいうと、割賦販売法第31条に定められる「登録割賦購入斡旋業者」あり、経済産業省に認められた会社を指します。

一方クレジットカード会社は、クレジットカードの発行を行う会社になります。消費者が先に商品などを受け取り、後日代金の支払いをするのがクレジットカードです。

審査の厳しさ

信販会社とクレジットカードは利用者にとってほとんど変わりませんが、違いがあるとすれば、審査の厳しさが挙げられます。

みなさんが一般的に使っているクレジットカードは、顧客の消費を促して売り上げを拡大することを目的としているので、審査については通りやすくなっています。

一方の信販会社は、貸したお金を分割払いしてもらい、その利子によって成り立っています。ですので、きちんと返済できるのか見極めるために、審査が厳しくなります。

信用情報システム

信販会社は、独自の信用情報システムを持っています。「CIC」という情報機関で、全ての信販会社が登録している会社は、この情報機関で個人情報のチェックを行っています。

他にも、銀行系のクレジットカードの審査には、「全国銀行個人信用情報センター」という信用情報システムを使って情報をチェックしています。

<関連記事>
消費者金融の借入・延滞履歴はいつまで残る?


信販会社の親会社について

信用販売を主に行うのが信販会社です。割賦販売の斡旋からクレジットカード発行、カードローンなどの業務を合わせて行っている会社もあります。

信販会社は信用販売を行う範囲が広く、大手信販会社だけでなく自動車メーカー系やデパート・スーパーなどの流通系の会社も、子会社に信販会社を抱えています。

以下が、信販会社の主な系列として挙げられます。


・信販系
主として販売信用を行う会社(オリコ、ジャックス等)

・自動車メーカー系
自動車製造会社を母体とする販売信用会社(トヨタファイナンス、スズキファイナンス等)

・電機メーカー系
電機製品製造会社を母体とする販売信用会社(東芝ファイナンス、三菱電機クレジット等)

・流通系
デパートやスーパーマーケット、ホームセンター、コンビニなどを母体とする販売信用会社(クレディセゾン、イオンカード、セブンカード等)

・石油系
石油精製販売会社を母体とする販売信用会社(出光クレジット)



以上で、信販会社について見てきました。

信販会社は取り扱っている範囲がとても広く、柔軟に対応してくれます。またクレジットカードを作れば、キャッシング機能も付いてるので、お金に困った時に便利です。

お金に困ったら、消費者金融と一緒に信販会社も視野にいれてみてはいかがでしょう。


信販会社とは?のまとめ

  • 信販会社とは、販売信用を行う会社のこと
  • 販売信用とは、商品を販売し代金は後払いで受け取る方法のこと
  • 消費者金融との違いは、貸付ではなくお金そのものを扱っている
  • 信販会社とクレジットカードの違いは、意味や審査の厳しさが挙げられる
  • 信販会社の系列には、信販系・自動車メーカー系・流通系などが挙げられる


 消費者金融のオススメ人気ランキング

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング