残高スライド方式とは?

キャッシングや消費者金融の返済方法にはいくつかありますが、その一つに「残高スライド方式」というものがあります。


残高スライド方式がどんな返済方法なのか、以下で詳しく紹介します。

残高スライド方式って何?

消費者金融の3つの返済方式

現在、消費者金融での返済方式は「残高スライド元利定額返済方式(残高スライド元利定額リボルビング方式)」「元利定率リボルビング方式」「元金定率リボルビング方式」の3つが主流になっています。


残高スライド方式は、この1つの返済方式です。


「リボルビング」とは、借入額に関わらず毎月の返済額が一定に設定されている返済方式です。追加で借入をした場合でも、毎月の返済額は変わりません。

残高スライド方式の特徴

残高スライド方式とは、残高(借入金の残高)によって毎月の返済額がスライド(調整・変更)される方式です。これは、消費者金融などでよく用いられる返済方法です。


つまり返済が進むほど、毎月の返済額は減っていきます。


残高スライド方式は、借入残高によって返済する最低返済額が決まっています。この最低返済額のことを「ミニマムペイメント」と言います。


例えば、借入残高が10万円なら返済額は2万円、借入残高が5万円なら返済額は1万円・・・というように段階的に設定されています。


また、残高スライド方式では、最低金額以上なら自分で返済金額の設定ができます。


借入時から返済までがずっと同じ返済額ではなく、返済するほど毎回の最低返済金は減っていく(スライドしていく)という方式なのです。

残高スライド元利定額返済方式について

先ほど紹介した残高スライド元利定額返済方式(=残高スライド元利定額リボルビング方式)について、もう少し詳しく説明していきたいと思います。


残高スライド元利定額返済方式(残高スライド元利定額リボルビング方式)とは、毎月の借入残高に対して返済額がスライドしていく返済方式(=残高スライド方式)と、リボルビング(リボ払い)が組み合わさった返済方式です。


初回に借入した金額で返済額が決まります。



具体的に見ていきましょう。以下が、残高スライド元利定額返済方式の返済例です。



まず、毎回の返済額は借入残高(50万円)によって決定します。(残高スライド方式)


この返済金額は消費者金融各社によって違いますが、例えばモビットなら13,000円になります。一度決まった最低返済額は、借入額を増やさない限り変わることはありません。


次にリボルビングと名前が付いている通り、毎月の返済額は一定なのです。この返済金額は、最終返済日を除いて変わることはありません。


ここで注意して頂きたいのは、残高スライド方式といっても返済金額が減っていくことではないです。


次に返済金額の内訳を確認します。


毎回支払う利息が少しずつ減り、反対に返済元本が増えていますよね。これは、借入残高で利息が計算されているためです。


返済金額は一定のため、返済利息が減ればその分返済元本が増えます。


この、残高スライド方式とリボルビング方式が合わさった返済方法が、残高スライド元利定額返済方式になります。

<関連記事>
消費者金融の返済方式とは


残高スライド方式の注意点



借り手側からすると残高スライド方式は便利ですが、実は注意しなければならない点があります。

残高スライド方式のメリット・デメリットについて見ていきます。

残高スライド方式のメリット

・毎月の負担が少ない
残高スライド方式のメリットは、他の返済方式に比べて負担が少ないことです。


毎月の返済額が一定なので、お金がない時に最低返済額で返済できるのは楽ですし、気持ち的にも余裕が出ますよね。

残高スライド方式のデメリット

・返済期間が長引き、トータルの負担が増える
毎月、設定されている最低返済額で支払えるので、無理なく返済できていいと思っている方が多いのではないでしょうか。


ですが、それがデメリットでもあるのです。返済額が少ないとほとんどが利息に回ってしまうので、なかなか元金が減らせません。返済期間が長引くほど支払う利息の額も大きくなり、返済総額が増えてしまうので負担がかかってしまいます。


・使い過ぎてしまう
毎月返済していても返済額が利息に回されているので、元金が減っていないことに気付かないこともあります。

返済金額が減ったからといって新たに借入をしてしまうと、どんどん借金が増えていき、返済が終わらず苦しむことになります。

<関連記事>
消費者金融の金利・利息の計算方法について


お金に余裕ができたら繰り上げ返済しよう

残高スライド方式は、「繰り上げ返済」が可能です。


残高スライド方式は返済期間が決まっていないので、利息が増えて全額返済するのに時間がかかってしまいます。そうならないためにも、繰り上げ返済の利用をオススメします。


あくまで最低返済額を設定しているだけなので、いつでも追加して返済額を増やすことができます。お金に余裕がある月は、繰り上げ返済を利用するのもいいかもしれません。

繰り上げ返済ができない場合も

繰り上げ返済をすることで、借入元本と利息の負担を減らすことができます。しかし、一部の消費者金融ではミニマムペイメントを使用していると、繰り上げ返済が不可能な場合があります。


ですので、最初に契約した通りにしか返済ができません。大手消費者金融会社のほとんどは、繰り上げ返済に対応しているので、不安な方は確認してみて下さい。



残高スライド方式は、返済の負担が少なく利用しやすいですが、その分デメリットも大きいので注意が必要です。


残高スライド方式で借入をする場合は、返済のシュミレーションを行い計画的に利用するといいです。借入をしたらできるだけ早めに返済して、利息を減らしましょう。

おすすめの消費者金融は?

プロミス ここで、おすすめの消費者金融を一つだけ紹介します。それはプロミスです。


プロミスはネット(スマホ)での申し込み・キャッシング・返済に優れているのが特徴で、大手銀行を振替口座に指定すれば、来店不要でキャッシングできます。しかも、書類の受け取りもありません。

プロミスも「残高スライド元利定額リボルビング方式」なので、その気になれば毎月の返済額をかなり抑えることができます。

ただ、返済負担を軽くする意味でも、毎月少しでも多く返済することをおススメします。

 プロミスの公式HPはコチラ


残高スライド方式とは?のまとめ

  • 消費者金融では主流になる3つの返済方式があり、残高スライド方式はその1つである
  • 残高スライド方式とは、借入残高によって毎月の返済額がスライド(調整・変更)される方式
  • 残高スライド方式の特徴は、ミニマムペイメント(最低返済額)が決まっている
  • 残高スライド方式のメリットは、返済の負担が少なく利用しやすい
  • 残高スライド方式のデメリットは、返済期間が長引き利息も増えるので、負担がかかる
  • お金に余裕ができたら繰り上げ返済で少しでも借金を減らす


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング