消費者金融の借金の踏み倒しはできるの?

借金の返済に困ったとき、「踏み倒すことはできないのか?」と考えてしまうことがあるかもしれません。もちろん、借りたお金はきちんと返済するのは当たり前です。どんなに時間がかかろうが、最後まで責任を持って完済することが大切です。


とはいえ、万が一返済ができなかったら、消費者金融の借入を踏み倒すことは可能なのでしょうか?以下で解説していきます。

借金を踏み倒す方法はあるの?

結論から言ってしまうと、借金を踏み倒す方法はあります。その方法は「時効」を活用することです。

時効とは、一定の期間が経過すれば権利がなくなることをいいます。消費者金融の借入にも時効が存在します。

時効が成立すれば借金がチャラになるけど・・・



時効の期間は、通常5年と決まっています。その期間借金の返済をしないでいれば、借金はなくなり払う義務もなくなります。


これだけ読んでいると、「時効って簡単」と思う方もいるでしょう。しかし、実際はそんな簡単なものではなく、時効を成立させるには高いハードル(条件)があります。

時効を成立させる条件とは?

時効を成立させるには条件があり、これをクリアしないと借金をチャラにできません。


・時効となる5年間を経過している
・時効までに一切返済をしない
・時効援用の手続きをする


この条件を満たすことで、時効は成立します。


とはいえ、5年間何もなく過ごせるほど簡単ではありません。消費者金融もプロですので時効させまいと、色んな手で時効を中断させようとしてきます。


最初の段階として、消費者金融は返済をするよう電話連絡をしてきます。ここで、返済する意思を伝えてしまったり、借金していることを認めてしまうと、時効は中断します。時効が中断されると、時効のカウントは振り出しに戻ってしまいます。


他にも、法的な手続きが行われてしまうと時効は中断となり、成立しません。このように、5年間とは長く時効を迎えるのは、非常に難しいです。



時効について大まかな説明をしましたが、もう少し詳しく知りたい方はこちらのページを参考にして下さい。

<関連記事>
消費者金融の借入は時効でチャラになる?

時効成立の前に取り立てが始まる

上で見た通り、借金の踏み倒しは凄く難しいです。借金を滞納していれば、返済するように消費者金融から催促があり、時効の成立が難しいのは上で説明した通りです。


滞納をすると、以下のような取り立てが始まります。消費者金融が行う様々な取り立て方法の流れについて、見ていきましょう。

1.借金の督促



まず、借金の滞納をすると消費者金融から督促の電話連絡が来ます。この電話を無視して滞納を続けていると、「法的な手続きを検討する」といった通知が届きます。


法的手続きとは「裁判所による支払督促」、「動産・不動産の強制執行」、「給料差押えによる債権回収」などです。

2.給与の差し押さえ

督促の電話連絡や郵送による通知をしても、返済がされない場合は、実際に法的な手続きが実行されます。消費者金融の借金で多いのが「給与の差押え」です。


消費者金融からの借入は、継続的な収入があることが条件なので、給与を差し押さえるのが最も手っ取り早い方法といえます。


差し押さえが行われる際には、裁判所から勤務先に「差押命令」という書類が届きます。勤務先に通知が届けば必然的に借金があり、滞納していることがバレてしまいます。


ちなみに差し押さえ額は、給与の4分の1になります。

3.銀行の差し押さえ

借金の滞納をすると給与だけだなく、「銀行口座」の差し押さえも行われる可能性があります。消費者金融からすると、銀行口座を押さえればダイレクトに現金を得ることができます。


もし、差し押さえられた場合は、預金額を全額押さえられてしまうので預金を下ろすことができません。


さらに、差し押さえられた口座が給与振込み口座だった場合、勤務先からの給与振込みがあっても、引き出すことができません。

4.債権回収会社に債権譲渡

消費者金融が借金の回収が難しいと判断すると、次は債権回収会社に債権譲渡が行われます。債権回収会社は債権(借金)の回収と専門的に行う業者です。


もし債権が債権回収会社に譲渡されれば、以後はその会社が債権者となり、督促や回収のための行動が開始されます。債権回のやり方は消費者金融と特に変わりはありません。

借金を踏み倒すのは非常に厳しい

このように、借金を滞納すると消費者金融は様々な方法で、踏み倒しできないように手を打ってきます。消費者金融もプロですから簡単に時効が成立してしまうようなミスを犯すことはありません。


しかし、極まれに事務のミスで時効が成立してしまうこともあるようですが、ほとんどないと言っていいでしょう。

踏み倒しが成功したとしても待っているのはデメリットばかり



万一、借金の踏み倒しが成功したとしましょう。債務者からしたら万々歳かもしれませんが、その後に様々な代償が待っています。


借金を踏み倒したことは、「事故情報」として信用情報に記録されます。そうなると、5年~10年は新たな借入やクレジットカードを作ることができなくなるなど、不便な問題が発生します。


借金を踏み倒すことは、それほど罪が重いのです。

踏み倒しを考えずにきちんと返済しよう

冒頭でも書きましたが、お金を借りたら返すのが人として当然のことです。「借金を踏み倒せばいい」など、安易な考えを持つのはやめましょう。地道な返済を心がけて下さい。


どうしても借金を返すのが困難なら、法律の専門家に相談しましょう。良い対処法が見つかるはずです。借金を踏み倒そうなどと考えずに、きちんと返済することが大切です。



消費者金融の借金の踏み倒しはできるの?のまとめ

  • 借金の踏み倒しは、「時効」を活用することでできる
  • 時効を成立させるには、厳しい条件を満たさないといけない
  • 借金の滞納をしていると、消費者金融から催促の連絡が来るので踏み倒しをするのは難しい
  • もし、借金の踏み倒しができたとしても、生活していく上で不便な問題が起こる
  • 踏み倒しなど考えず、きちんと返済することが大切


 消費者金融のオススメ人気ランキング


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング