消費者金融とクレジットカード、オススメはどっち?

キャッシングのサービスとして良く利用されるのが消費者金融ですが、クレジットカードでもキャッシングの機能があります。では、消費者金融とクレジットカードの違いって何でしょう?どちらが便利なサービスなのでしょうか?


以下では、消費者金融とクレジットカードの違いや、どちらがオススメなのか見ていきます。

消費者金融とクレジットカードについて



消費者金融とクレジットカードの違いの前に、両者について簡単に紹介します。

消費者金融とは

消費者金融とは、個人が保証人なし・無担保でお金を借りられるサービス、またそれを運営する貸金業者のことを指します。


消費者金融を利用する場合、借入申込み後すぐに審査が行われます。問題なく審査に通れば契約は完了となり、キャッシングできます。スピーディーな対応をしてくれるので、即日融資も可能です。


消費者金融の利用には、店舗窓口や自動契約機ほかに、ネット(スマホ)での申込みからキャッシングの利用が可能です。ネット申込みなら周囲にバレることなく、安心してお金を借りることができます。

<関連記事>
消費者金融とは?サラ金・ヤミ金との違いは?

クレジットカードとは

クレジットカードとは、後払いで買い物やキャッシングのできるカードのことを言います。


クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類のサービスがあります。ショッピング枠は買い物や支払いをする時、キャッシング枠はお金を借りる時の限度額になります。


キャッシング枠は、一度審査に通ればその枠内でなら何度でもキャッシングが可能です。ただし、クレジットカードの中にはキャッシング機能がないものもあります。クレジットカードは買い物で利用するのがメインで、キャッシング機能はおまけと思って下さい。

消費者金融とクレジットカードは、どんな違いがある?



消費者金融とクレジットカードは、似ている部分もありますが、違いも少なくありません。以下では、その違いについて詳しく見ていきます。

申込み条件

消費者金融の借入申込みは、年齢が20歳以上で継続した安定収入があるのが条件となります。一方クレジットカードは、年齢が18歳以上で、本人または配偶者に継続した安定収入があることを条件としています。


クレジットカードは、ショッピング機能だけのカードなら学生でも作れますが、本人の安定収入がないとキャッシングはできません。また、どちらも主婦やアルバイトでも安定収入があればキャッシングが可能です。

審査の難易度

消費者金融とクレジットカードの審査を比較すると、クレジットカードの方が厳しめとされています。クレジットカードはキャッシングだけでなく、ショッピングにも利用できるためです。


どちらの審査も、きちんと支払いができるのか返済能力をチェックされるのは同じです。しかし、クレジットカードの方はショッピング枠とキャッシング枠の審査が異なります。


ショッピング枠の審査には通ったのに、キャッシング枠の審査には通らなかった・・・というケースもあります。ですので、クレジットカードのキャッシング枠を利用する際は、信用情報に問題はないか確認しておくといいでしょう。

ショッピング枠



上でも書きましたが、クレジットカードにはショッピング枠があります。クレジットカードがあれば、現金を使わずに買い物の支払いができるので、手持ちの現金が足りない場合など便利です。


このショッピング枠は、総量規制の対象外になります。つまり、年収に関係なくどれだけ高額な買い物をしても、法的には問題ありません。


ただし、総量規制の対象外だからといって、ショッピング枠は事実上お金を借りている事と同じです。クレジットカード会社の審査基準に従って、利用者の年収や信用情報などから利用限度額が決まります。


一方で消費者金融は、お金を貸すことをメインとしているため、ショッピング枠はありません。

金利と限度額

どちらの上限金利も約18%程度と、ほとんど違いはありません。借入限度額は、消費者金融は500~800万円程度、クレジットカードは100~150万円程度が標準です。借入限度額に関しては、消費者金融の方が高めとなっています。


ちなみにどちらも、総量規制の対象になるため年収の3分の1までしかキャッシングができません。利用者の収入などで実際に借りられる金額が違うので、借入限度額全てを使えるわけではありません。


クレジットカードのショッピング枠を使いきることで、キャッシング枠が少なくなる場合があります。


例えば、限度額を50万円でショッピング枠40万円、キャッシング枠30万円の枠で設定するとします。買い物で40万円使った場合、キャッシング可能な金額は10万円となります。



キャッシング枠が30万円あるなら30万円借りられるように見えますが、上の図のように限度額50万円のうち40万円を使っているので、残りの限度額は10万円となり、キャッシング枠は10万円になります。


<関連記事>
消費者金融の金利・利息の計算方法について

利用までにかかる期間

消費者金融の審査は、最短30分となっています。審査後のて手続きの時間を入れても、申込みから最短1時間でキャッシングが可能です。


審査時間をこれ以上早めることは難しいですが、書類など事前に準備をしておくとよりスムーズに審査が行えます。


消費者金融での申込みは、ネット(スマホ)を使って行うのが主流となっています。書類提出を郵送でなく、スマホで写真に撮りメールに添付して送れるので、急いでお金を借りたい方には、オススメです。



クレジットカードですと、申込みからキャッシングまで1~2週間ほどかかってしまいます。これは、会社によって審査期間は違いますが、申込者によって変わってくることもあります。


審査では、年収・勤務形態・勤続年数などの属性情報の他に、信用情報機関に記録されている申込者の信用情報について問題はないかをチェックされます。


ここで属性や信用情報に問題があると、審査に時間がかかってしまいます。また、審査に通ってもカードが郵送されるまでキャッシングはできません。


ですので、手元に届くまでに時間がかかってしまうというわけです。

返済方法



消費者金融の返済はインターネット・店頭窓口・提携ATM・自動契約機など利用できます。返済方式は、「残高スライドリボルビング方式」が一般的です。


クレジットカードの返済は、銀行口座からの引き落としが一般的です。返済方式は、一括払いまたはリボルビング払いや分割払いなどが中心となっています。

イメージ

見ない日はないほどテレビCMが流れている消費者金融は、クリーンなイメージに変わりつつあります。手軽に利用しやすいと、若い人にも人気となっています。とはいえ、まだまだネガティブな印象を持つ人も少なくないようです。


一方のクレジットカードは、消費者金融に較べて利用しやすいと思っている方が多いです。クレジットカードなら使っている方も多いので、申込みもしやすく、持っていても恥ずかしくないからです。

<関連記事>
消費者金融の取り立ては怖い?その実態を教えます

住宅ローン審査の影響

どちらもキャッシングをしていると、住宅ローンの審査に通りづらい可能性があります。ただし、どちらが不利かと言えば、消費者金融の方が不利な面が大きいです。


クレジットカードならショッピング目的の利用もありますが、消費者金融ならキャッシング目的しかないからです。


絶対とは言えませんが、他社からお金を借りているということは、お金に困っていると判断されます。


どちらのキャッシング履歴も、信用情報機関に5年間は記録されています。この情報が消えるのは、返済を完済してから5年間となります。


住宅ローンを考えている人は、キャッシングの完済をしてから申込みをしましょう。ただし、不安な人は、5年間待ってキャッシングの履歴が消えてから、住宅ローンの申込みをするといいでしょう。



以上で消費者金融とクレジットカードを比較しました。これらを表にまとめたので、参考にして下さい。

消費者金融 クレジットカード
借入申込み 20歳以上で安定収入がある 18歳以上で安定収入がある
審査 クレジットカードより厳しくない 消費者金融より厳しい
ショッピング枠 対応してない ある
上限金利 18.0% 18.0%
借入限度額 500~800万円 100~150万円
借入できるまでの期間 最短1時間 1週間~2週間程度
返済方法 ネット・自動契約機
・携帯ATM・店頭窓口
口座振替
イメージ まだマイナスなイメージが残っている 一般的に利用者が多いので印象は良い
住宅ローン 審査に通りづらい 審査にやや不利

消費者金融とクレジットカード、オススメは?

以上を踏まえた上で、どちらが自分に合っているのか見ていきましょう。

クレジットカードがオススメな人



クレジットカードは、手軽に買い物したい方にオススメです。手持ちが足りない場合や、ネットで買い物をする時に、わざわざ銀行やコンビニで振込みをしなくても、すぐに支払いができます。


また、クレジットカードにはキャッシング機能も付いています。少額ではありますが、お金を借りることも可能です。


ただし上でも説明したように、キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれているので、買い物で使い過ぎるとキャッシングで使える枠が限られてしまいます。


また、クレジットカードの審査はやや厳しめで、カードの発行に1週間~2週間程度かかるため、すぐに利用することができないのがデメリットです。

消費者金融がオススメな人

消費者金融は、手早くお金を借りたい方にオススメです。申込みからキャッシングまでの時間が早いのが特徴で、クレジットカードなら最短でも1週間のところ、消費者金融なら最短1時間です。


それに較べて消費者金融では、審査にかかる時間は最短で30分、キャッシングまでを考えても1時間ほどです。最短でキャッシングできるのはいいですよね。


加えて、ネット完結サービスが充実しているので、どこにいながらでもキャッシングできます。大手消費者金融であるプロミスとモビットなら、申込みからキャッシングまでネット(スマホ)で完結できます。


郵便物が自宅に届くこともないので、家族にバレることなく申込みやキャッシングがしやすいのも強みです。


ただし、消費者金融は周りのイメージが良くないこと、住宅ローンの審査に通りづらくなる可能性もあるなどのデメリットも持っています。

キャッシングするなら消費者金融が強い

消費者金融もクレジットカードも多少の違いはあるものの、金利や総量規制の対象など、どちらもほとんど変わらない部分もあります。


上で説明した通り、クレジットカードは買い物には便利なので、ショッピングでお金が必要な人はクレジットカードの方が便利でしょう。加えて、クレジットカードならキャッシング機能もあります。


ただし、クレジットカードは利用までに時間がかかるのが難点です。すぐにキャッシングをしたり、買い物以外でもお金が必要な人には消費者金融の方が便利です。急いでお金を借りたい人は、消費者金融を使うと良いでしょう。




以上、消費者金融とクレジットカードの違いについて見てきました。


申込み条件や借入限度額など違いはありましたが、お金を借りるという意味では消費者金融もクレジットカードも違いはありません。


ただし、場面によって便利なサービスは違います。上の説明を参考に、どちらが自分にとって便利なのか選択すると良いでしょう。


消費者金融とクレジットカードの違いは?のまとめ

  • 消費者金融は個人が無保証・無担保でお金を貸す貸金業者を指し、クレジットカードは後払いで買い物ができるカードのこと
  • 消費者金融の借入申込みは20歳以上で安定収入がある人、クレカは18歳以上で安定収入がある人
  • 消費者金融もクレジットカードも上限金利が変わらないが、利用限度額は消費者金融の方が高い
  • 買い物に利用したいならクレジットカード、その日にキャッシングしたいなら消費者金融がオススメ


人気の消費者金融は?