消費者金融の借入があるとクレジットカード審査は不利なる?

クレジットカードがあれば買い物など何かと便利ですよね。そんなクレジットカードですが、消費者金融の借入があると審査に通りにくいという話を聞いたことはあるでしょうか。実際、そうした情報をネット上で見かけることが少なくありません。

クレジットカード審査が消費者金融の借入でどんな影響があるのか、以下で見ていきましょう。

消費者金融の借入があり、クレジットカードの申し込みを考えている方は是非参考にしてみて下さい。


クレジットカードを作るには

まずはクレジットカードを作る簡単な流れを説明します。

クレジットカードを作るには審査を受ける必要があります。クレジットカード会社によって違いますが安定した収入・勤務年数・事故情報などをチェックされます。

信用情報もチェックされる



信用情報とは、申込者の借入や返済・滞納などが記録されています。つまり、この人はいくら借りていてきちんと返済しているのかなどを知るための情報です。

こうした信用情報は信用情報機関に管理・保管されています。信用情報機関は3つあり、お互いに情報を共有しています。

クレジットカードの申し込みをすると、CIC(株式会社シー・アイ・シー)やJICC(株式会社日本信用情報機構)に申し込み者の信用情報を照会します。

クレジットカード会社は、申込者の申し込み情報と信用情報を元に審査を行います。

どんな人がクレジットカード審査に不利?

クレジットカード審査については分かりました。では、どんな人が審査に不利になってしまうのでしょうか。

例えば、以下のケースでクレジットカード審査が通りにくくなります。

1.消費者金融から借入したことがある



消費者金融から借入をしたことがあるということは、お金に困っている証拠と判断されしまいます。

借入をしたことがあるからといって絶対に審査に落ちる可能性は低いですが、借入をしたことがない方に競べると不利になる可能性があります。

2.過去に借入の滞納があった

過去に返済の遅れがあった場合も審査に影響します。1~2回程度のちょっとした返済の遅れや毎回滞納してしまうなど違いはありまが、どちらにしても滞納していることには変わりません。

クレジットカード会社からすると申し込み者の返済能力に不安を感じるので、ちょっとの遅れでも審査にかなりの影響があると考えて下さい。

3.複数の消費者金融から借入している

複数の消費者金融から借入しているということは、お金に困っているだけでなく計画性のない生活をしていると思われてしまいます。

1社だけでなく2~3社からもお金を借りているとなると、クレジットカード審査も不利になる可能性が高くなります。

完済から5年経てば借入情報が消える

もし、消費者金融から借入をしていた方でクレジットカード審査に影響があるのを不安に思う方もいるかもしれません。

信用情報は、完済から5年で消えるので、安心してクレジットカードの審査を受けることができます。

ここで注意してほしいのが、完済しても契約は続いたままになっなっています。借入枠も残っているので借入をしていなくても借りていることになりますし、また借入をしてしまうかもしれません。

ですので、クレジットカードの審査をスムーズに進めたいなら、完済したら消費者金融との契約を解除しましょう。


以上で、消費者金融の借入でクレジットカード審査が不利になるのかについて見てきました。

絶対に審査に通らないことはありませんが、借入をしていない人に競べると不利だというのは当然ですよね。また、過去に滞納がある方が審査で圧倒的に不利になるのは上で見た通りです。

先ほども書いたように完済から5年経っていれば、借入情報も消えるので真っ白な状態になります。もし、審査に通るのか不安な方は完済から5年過ぎてからクレジットカードの審査を受けてみてはいかがでしょうか。


消費者金融の借入があるとクレジットカード審査は不利?のまとめ

  • クレジットカードの審査は、申し込み書とその人の信用情報を元に審査する
  • 信用情報とは、申し込み者の借入や返済・滞納などの情報のことである
  • 過去に借入を滞納していると、クレジットカード審査にかなり影響する
  • 完済から5年で借入情報が消えるので、安心してクレジットカード審査を受けられる



 消費者金融のオススメ人気ランキング



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング