結婚式費用でお金を借りる時の注意点は?

結婚式は新婦さんにとって、一生に一度の晴れ舞台です。素敵な式場で、たくさんの招待客にお祝いしてもらって最高の思い出にしたいですよね。


しかし、結婚式には高額な費用がかかります。せっかくの結婚式ですから妥協したくないと思うはずです。でも、費用が足りるか不安・・・と感じている方も多いのではないでしょうか。


そんな、結婚資金の準備で困っている方のために、費用を準備するにはどうしたらいいのかなど以下で紹介します。これから結婚式を挙げる方は、是非参考にしてみて下さい。


結婚式の費用の相場はいくらぐらい?

「結婚式の費用はピンからキリまで」といっても、やはり相場というものはあります。標準な日本の結婚式の場合、平均的な費用は約300~400万円程度と言われています。

地域別の結婚式費用

地域によって式の費用も変わってきます。以下はエリア別の費用の平均です。



やはり首都圏は、華やかな結婚式を好むので首都圏だけでみると、結婚式の平均費用は350万円を超えています。


北海道の平均費用は低いですが、札幌では招待客の人数が200人~300人ということも珍しくないようです。招待客の人数が多ければ、その分費用も変わってきますよね。


これは平均値なので、中には平均を超える高額な費用を挙げている地域もあります。

費用はさまざまな要素によって違う

結婚式の費用はさまざまな要素によって違ってきます。例えば、結婚式をどのくらい豪華にするか、招待客はどのくらい呼ぶかなど、どのような結婚式にするかによって金額も大きく変わってきます。


また、地域による結婚式に対する意識の違いなどによっても異なってきます。仮に新郎新婦はシンプルな結婚式にして費用を節約したいと思っていても、地元の習慣やご両親の意向次第では、考えていた通りにいかない場合もあります。


平均的な結婚式の費用の内訳は、以下のようになっています。(招待客70人の場合)


ご祝儀だけでは式の費用をカバーできない

よく「結婚式の費用は招待客のご祝儀でまかなえる」という意見を聞きますが、実際のところ祝儀だけでは赤字になるので注意が必要です。


先ほどの結婚式費用の内訳例でいうと、招待客が70名程度と設定してます。1人辺りのご祝儀が標準額の3万円程度と仮定すると、70名×3万円で総額は210万円という計算になりますよね。結婚式の平均総費用は367.5万円です、約157.5万円の不足になっています。


これは単純計算ではありますが、どう考えても結婚式の費用をご祝儀で全額まかなうことはできません。さらに、一部のお客様の交通費を包んだり、司会者へのお礼(プロであれば出演料)なども加われば、予想外に赤字は膨らむ可能性もあります。

<関連記事>
20代が消費者金融から借りるならオススメの会社は?


借入を考えてるならブライダルローンを検討しよう



費用が足りなく、両親からお金を借りる相談を考えている方もいるかと思います。中には、「二人の新しい出発である結婚式だから、両親からお金をかりたくない」「お互いお金の面では親に頼るのは難しい」と言う人もいます。


そんな人のために銀行などの金融機関が行っている「ブライダルローン」を検討してみてはいかがでしょうか。ブライダルローンとは、結婚式にかかる費用を必要な金額貸してくれるローンのことです。

ブライダルローンの特徴

ブライダルローンは、知名度は低いものの結婚費用で利用するには、条件もよくお金を借りやすいのが特徴です


ブライダルローンの金利は5~6%程度となっています。消費者金融の金利は18%なので、較べるとブライダルローンの方が低金利で借りやすくなっています。

ブライダルローンの利用には注意点もある

ただし、ブライダルローンにも難点があります。借りたお金の利用が自由な消費者金融に対し、ブライダルローンは結婚費用にしか使うことができません。


融資の前の審査で、結婚式の費用などの見積もりを見せるよう求められることもあるので、事前に用意しておく必要があります。

場合によっては審査に通らないこともあります。低金利と金利の条件が良い分、審査も厳しくなっています。融資を受ける条件を満たしていても、複数の金融機関から借入があったり、過去に滞納履歴が残っていると信用度を下げてしまい、審査に通らない可能性もあります。


融資を受ける際は、希望するブライダルローンの融資条件を満たしているか、事前に確認しておきましょう。

<関連記事>
消費者金融の金利を一覧比較すると一番安いのは?


消費者金融で結婚費用の借入はできる?

結婚式の費用のために消費者金融から借入は問題なくできます。しかし、結婚式の費用ともなるとちょっとした金額では足りないので、大口融資をお願いする必要があります。


小口融資で借りやすいのが消費者金融ですが、高額の融資ともなると審査がより慎重に行われる可能性があります。

ブライダルローンと消費者金融どちらで借入したらいい?


ブライダルローンと消費者金融どちらで借入したらいいのか迷ってしまう方もいるかと思います。


低金利で考えてるのであれば、ブライダルローンが便利です。また、結婚費用のためのローンなので高額な借入に対応しています。しかし、ブライダルローンは融資までに時間がかかってしまうデメリットもあります。

<関連記事>
消費者金融の審査基準で絶対外せないポイントは?


急いでまとまったお金が必要な場合は、消費者金融を利用してみてはいかがでしょう。ブライダルローンより金利は高いですが、審査にかかる時間は早いので今すぐ借入をしたい方は、消費者金融での借入も一つの方法です。


ブライダルローンと消費者金融、どちらを利用するのか良く考えた上で、自分に合った借入をしましょう。



結婚式の費用のために借入するには?のまとめ

  • 結婚式の費用の平均は、300~400万円程度となっている
  • 結婚式の費用に困った時は、「ブライダルローン」と検討してみよう
  • ブライダルローンは結婚費用にしか使えないのが難点
  • 消費者金融でも借りることができるが、高額な借入になるので審査に時間がかかる場合もある
  • ブライダルローンと消費者金融どちらが自分に合っているのか、よく考えてから借入する


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング