消費者金融の体験談(11):事業の再建を目指す為に借入

初めまして。私は岩手県に住む27歳です。仕事は自営業者_兼大学生です。

私はつい先日消費者金融からお金を借りたばかりですので、お金を借りた1ヶ月前、返済前のエピソードを書いていきますので、これからお金を借りる予定の皆様のご参考になればと思います。


なぜ、お金を借りたのか。

私は障害者で、「てんかん」の発作がよくでます。ですのでまず車には乗れません。てんかんの人が大きな事故を起こしたニュースから医者に止められました。そうなると仕事にも就けません。車の免許は持っていますが、障害者、特に「てんかん」のことを伝えると面接の段階で不採用と言われます。

また、てんかんのことを隠していても、社会保険の加入の際にばれてしまいます。じゃあ、てんかんのことを隠して車の運転がないアルバイトをしたら良いと思い、コンビニでアルバイトをしていました。アルバイトを初めて2日目、発作が起きました。


発作時、バックヤード(商品の在庫側)にいたのでお客様には迷惑がかからなかったのですが、店長が救急車を呼び、てんかんであることが
ばれて、すぐにクビになりました。

他にも、職業安定所に行って求人を探しましたが、面接までは行けても「てんかん」のことを話すと必ず不採用になりました。こうして最終的に自営業という形で、物を売っているのですが、私は店の前には立たずに在庫の管理などをしています。


店員は私を入れて3人。そこまで雇うお金もありません。そんな時に、東日本大震災が発生し、私のお店はあまり被害は受けなかったのですが、一気に需要が減りました。日用品を売っているわけではないので全く売れません。さらに、消費増税により、客足は遠のき、従業員を泣く泣く1人解雇しました。

収入も安定せず、収入といえば、障害者年金くらいです。障害者年金とは、障害者がある一定の等級になれば、国からお金がもらえることです。私は2級で2ヶ月ごとに12万円をいただいています。しかし、12万円と言えど、月に換算すると6万円です。


私の店は商売上、ネット回線も引かねばなりません。そう考えると食費、光熱費、水道、ガス代、ネット代だけで6万円はすっとなくなってしまいます。足りない時は泣く泣くお店の売り上げから払っています。お店自体の売り上げも年収200万円ほどで、一般家庭のようにボーナスも出ません。

そう考えた時に、自営業は辛いと改めて実感しました。そして、2015年の2月のことでした。たった1人の従業員が店の売り上げを持って逃げました。約68万円の損失になりました。


これでは何も払えない。せめて、生活費くらいは、と思って、クレジットカードから初めてキャッシング機能を使いました。しかし、キャッシング機能は金利というものがあり、12%ほどの金利で返さなければいけません。

私はその分をなんとかやりくりして払いました。でも翌月3月の分はありません。思い詰まった私は、消費者金融からお金を借りる決意をしました。

キャッシングの経緯

そこで、消費者金融のCMを見て、クレジットカードの金利より安いことがわかり、早速審査をしてもらいました。「プロミス」さんです。なぜプロミスさんなのか。その時は思い詰まっていて一番場所が近いところを選んだ結果でした。

まずはインターネットで登録をして、そこからプロミスのATMがある場所に行きました。すると、普通のATMとは違い、目の前に小さなカメラがあります。書類をスキャンする場所があります。普通のATMは座りませんが座る椅子もあり、電話もあります。


まず、インターネットで登録した番号などを打ち込みます。すると電話が鳴ったので、取りました。すると、まずは本人確認のために氏名、生年月日、住所、電話番号などを言います。すると「電話を持ったままでいいので、前を向いてください」と言われ前を向きました。これは顔の写真を撮影していたのだと思います。

それが終わると、年収、職業、なぜ借りたいのか、どのくらい借りたいのか、の質問がありました。私は素直に、自営業であること、年収が200万円だということ、従業員にお金を盗まれたこと、それで生活が苦しくなったこと、を説明しました。


すると、「まずは、ご自分で解決できることはご自分で解決してください」「それ以上に困った時に利用していただければと思います」と、いわゆる、まずは冷静になって、本当に借りてしまっていいのか?ということを考えさせられました。イメージと違って、借りたいと言ったらすぐに貸してくれるわけではないようです。しっかりと考えさせてから借りれるようになるようです。

私は考えました。利息がクレジットカードよりは安いが、なんとかもう一度店を再開してなんとか借りれずにやっていけるのではないだろうかと、考えました。


しかし、現状、そんな余裕はどこからもありませんでした。親は私のことをほぼ見捨てて(20歳になったら完全に独立して、お金のことは何があっても関与しないと約束してました)もうどこからもお金は降ってこないのです。そう考えて、お金を「借りる」という決意をしました。

その後、審査が終わり、カードが発行されて、隣にある普通のATMから初回最大10万円借りれるところを必要最低限の6万円を借りました。自分の決意が固まるまでと、審査中(約30分)が異常に長く感じたのが今でも覚えています。

そして、その6万円を3月の食費、光熱費、水道代、ガス代、ネット代、クレジットカードのキャッシング返済に使いました。自分で使えるお金は190円しか残っていませんでしたが、まずはもう一度店を始める決意をしました。

お金を借りたあとはどうなったのか?

お金を借りて、もうすぐ1ヶ月になります。返済期限まであと1週間です。最初の30日は利息がないので、障害者年金から6万円返済する予定です。

変わったのはお店を立て直すのはほど不可能に近かったことです。なぜかというと、お金を盗んだ従業員がインターネット上でうちの店を悪く口コミを書いていました。本人には合っていませんが、本人だとわかる内容も書いてありましたので間違いありません。もちろん、お金を盗まれたことは警察には届けを出していますが、音沙汰なしです。


そこで私は、なにか資格を取ろうと思い、資格サイトにアクセスしましたが、ピンとくるものがありませんでした。諦めかけた時に、通信制大学の文字が目に入りました。私は高卒で大学に行きたかったのですが、お金がなくていけませんでした。

しかし、通信制大学だったら入学金も安く、授業料も自分のとりたい単位分だけです。私は、今の店を少し規模を小さくして、通信制大学へ入学しました。入学費と最初の授業料は貯金を切り崩して2万5千円でまずは2015年4月から学び始めました。でも、お金の返済期限までは1週間です。


しかし、私は16日にお金を借りたので、障害者年金が入ってくる15日に返済をすれば利息はかかりません。正直、またお金を借りるかどうかは微妙なラインです。またピンチの時には借りるかもしれませんが、大きい額が借りないつもりでいます。また、確実に返せるという確実収入がないと借りないと自分に誓っています。

これからキャッシングする人へのアドバイス

私は、障害者年金をもらっていて、月に6万円は入ってきます。これからキャッシングする方へのアドバイスは3点あります。まず1点目。「お金を借りたら必ず返さないといけない」という使命感を常にどんな買い物の時でも持っていなくてはいけません。

コンビニでコーヒー1本買うにしても、そのコーヒー、我慢すれば120円くらいは返済に充てませんか? 1日1本買うのであれば120円×30日=3600円。極端に、10本くらい飲む人だったら36000円です。少ない金額ですが、なにか、毎日買うものに対して「返済」という使命感を持ってください。


2点目。「確実に返せるお金は持っておく」これについては、じゃあそのお金を使えば借りなくていいでは?との声も聞こえてきそうですが、ようは「ヘソクリ」のことです。お金を借りる上で、「来月の給料で返せばいいや」という考えは少し甘いです。

私のように盗まれる可能性もあります。会社員でしたら、もしかしたら大統領がなにかで倒れて、日本の為替に大ダメージを受け、倒産、リストラがいつあるかわかりません。東京にいつ巨大地震がくるかと同じようなものです。未来は予知できません。ですので、確実に返せるお金を用意しておいてください。


3点目。「借りたあと後悔しないこと」です。「あぁ、借りてしまった。これで自分も消費者金融から借りてしまった……」と思わないでください。そう思うのであれば借りなければ良いのです。親がまだご健在であれば事情を話し、頭を下げれば貸してくれます。

3点目については上記1点目と2点目を理解した上で、行動しているはずですので、それなりの覚悟はできていると思います。ですので、借りたことについては後悔しないでください。逆に、消費者金融も会社なのですから、「借りた」ではなく「利用した」というイメージの方が良いと思います。確実に返せて、使命感があれば、あとはそのお金を何に使うか、です。

お金がないから借りる方が多いと思いますが、どういう使い方にするかで、これから続けて消費者金融でお金を借りていくのか、それとも1回きりなのかをハッキリさせないと、いけません。


最後に、上記のことは、障害者である私が自分のお店の再建をかけて、生活費として借りたものです。気軽に借りるな、とは言いません。使い道と返し道をしっかり自分でしっかり決めてからATMに足を運ぶことをお勧めします。

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング