消費者金融の完済と解約は何が違う?

消費者金融を利用している方で、完済すれば借入を解約になると思っている方も多いのではないでしょうか。ですが、実際は違います。完済したからといって、消費者金融の契約が解約されたわけではありません。


ここでは、消費者金融の完済と契約の違いについて詳しく解説していきます。

消費者金融の完済と解約の違いとは?

消費者金融で使われる「完済」と「解約」には大きな違いがあります。完済は借入金を全部返済すること、解約は契約を取り消して解除することを意味します。

完済について



消費者金融でいう「完済」は、「弁済を完了する」という意味で使われる用語です。弁済とは、借りていたお金を返して債務を消滅させることで、「完済=借金を全て返す」といった意味になります。


ただしこの時点では、契約は残っている(=カードローン枠は残っている)ため、新たにキャッシングすることが可能です。

解約について

「解約」は契約を取り消すという意味で、借入契約そのものを解除することを指します。消費者金融との借入契約を解除するためには、完済する(借金を全部返す)ことが前提ですので、借入金の返済分が残っている状態では解約そのものができません。

完済しても解約になるわけではない

冒頭でも書きましたが、「借入金を完済すると契約が自動的に解約される」と勘違いする人も、少なくないです。



上の図のように消費者金融の取引は、「カードローン(借入枠)」というものがあり、この枠内なら何度でも借入することができます。ですので、借入枠が残っている以上、消費者金融との契約は解約されていない状態になるので、契約は続いています。

契約が残っていることのメリット・デメリット

契約が残っていることのメリットは、困ったときはいつでもキャッシングできることです。一方デメリットとしては、クレジットカードを新たに作るのに多少不利になる可能性があります。


実際にキャッシングしていなくても、カードローン枠が残っている(=いつでも借りられる)ということで、借入しているとみなれれるためです。


もう一つのデメリットは、住宅ローンの申し込みに関係してきます。この点については、後で改めて説明します。


<関連記事>
消費者金融で借りるデメリットとは?

消費者金融を解約したら取引記録はどうなる?

借入履歴などは、信用情報機関という団体が信用情報の収集・管理を行っています。金融機関から求められたときに応じて、信用情報のデータを提供しています。


信用情報機関に個人データが保存される期間は、借入の完済から5年間とされています。これは借入金を完全に返済した完済記録として残されているもので、消費者金融を解約してもこの期間中は、データが保存されているので見ることが可能です。

消費者金融を解約したい場合は?



先ほども書きましたが、完済=解約ではないので解約を希望される場合は、コールセンターに申し出る必要があります。申し出がないと、契約が残っていることになります。

利用する予定がないなら解約しよう

消費者金融や銀行カードローンの場合、契約を解除しない限り契約は残っています。なので、限度額の範囲内でしたら、いつでも利用できる状態になっています。


もう、消費者金融を利用する予定もないのでしたら、解約をオススメします。先ほども書いた通り、消費者金融の契約が残っていると、ローン審査の時に不利になる可能性もあるからです。


ただし、一度解約してしまうと新たにお金を借りたい場合、再申込・再審査を受ける必要があるのでご注意ください。


自動的に解約になる場合もある

消費者金融の契約は申し出がないと、契約はそのまま続いていることになります。しかし、会社によっては契約が自動的に解約されるケースもあります。


完済してから一定の期間利用がないと、自動的に解約されることがあります。利用せず放置しているけど、今後のために引き続き契約していたい方は、消費者金融の担当者に確認をしてみると良いでしょう。

住宅ローンの申し込みをする前に消費者金融の解約を!



住宅ローンの申し込みを検討している人は、消費者金融の解約をしておいた方が良いでしょう。消費者金融からの借入金を完済しても、契約が解除されていないと住宅ローンの審査に影響が出る可能性があるからです。

借入があって返済中の場合

消費者金融から借入があって返済途中の場合、審査結果には悪影響が出ると言われています。


他社から借入を行っている方は、経済的に不安定で返済能力が低いと判断されてしまい、審査に通りづらくなります。審査に通りたいからとウソをつくのは厳禁です。


申込者の借入情報は、信用情報機関で保管されているので、信用情報を確認をすれば、すぐにウソだということが分かってしまいます。

ウソだと分かれば、信用度はさらに下がりますから、住宅ローンの審査に通ることはないでしょう。


住宅ローンは借入額が大きいため、融資側もあらゆる面から厳しい審査が行うのです。


<関連記事>
消費者金融と銀行カードローンの違いは?

借入があったが完済している場合

消費者金融からの借入が完済している場合でも、審査でマイナスになる事があります。これは、完済はしたのに契約を解約していない場合です。


先ほども説明した通り、借入枠(カードローン枠)が残っていると、いつでもお金が借りれる状態と判断されてしまうため、住宅ローンの審査に影響が出ることがあります。

借入の返済に延滞履歴がある場合

借入の返済で延滞履歴などがあれば、ローン審査に受かる可能性が低くなります。すでに借入金を完済していても、延滞履歴の記録は5年程度は残ってるため審査のときに知られてしまいます。


住宅ローンを検討されている方は、審査に悪影響が及ぼさないためにも、借入がある方は一日も早い返済を優先させましょう。すでに完済・解約している方も、延滞履歴が残っている5年間は住宅ローンの申し込みは厳しいかもしれません。



以上、見てきたように住宅ローンの活用を考えている方は、消費者金融や銀行カードローンのキャッシングを早めに完済・解約することをオススメします。


消費者金融の完済と解約は何が違う?のまとめ

  • 「完済できた=解約した」というのは間違い
  • 「完済」は借金を全額返す、「解約」は契約を解除すること
  • 消費者金融の契約を解約したいなら、コールセンターに連絡して解約の申し出をする必要がある
  • 借金の完済ができても、取引記録は5年間は残るので注意しよう
  • 住宅ローンを考えてる方は、消費者金融の解約をしないと審査に影響する


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング