消費者金融の体験談(12):主婦が生活費をまかなう為にキャッシング

私は岡山県に住む43歳女性。専業主婦です。結婚前は仕事をしていましたが、結婚と同時に仕事を辞め家庭に入っています。結婚生活も20年近くになりますが、その間一度も働いたことはありません。

パートやアルバイトなども経験がありません。そんな私ですが、2008年ごろにわけあって以前消費者金融でお金を借りた経験があります。

なぜお金を借りようと思ったか

結婚当初から専業主婦としてやりくりをしていました。結婚当初の主人の給与はたいして多くなかったので、何とか赤字にならないように頑張っていました。その後主人が転職をした途端、急激に給与が増えました。

以前の倍~3倍もの給与額でしたから、家計にかなりの余裕も出てきました。

貯蓄も行っていましたが、やはり給与額にあった生活水準に変わっていき、多少のぜいたくをするようになっていきました。結婚当初我慢して節約していた反動かと思うほど、主人も私も贅沢をするようになっていきました。


しかし、不況のあおりを受け急激に給与が下がり始めました。赤字にならないようにと頑張ってはいましたが、急激に生活水準を落とすことはなかなか難しく、子供たちの教育費用なども重なり、貯蓄を切り崩すことに。

それまで十分な給与額をもらってはいましたが、貯蓄は決して多くはありません。

次第に貯蓄を切り崩すだけでは足りなくなりました。かといって主人に毎月赤字だとは言いだせず、また親や兄弟にお金を工面してもらうこともできません。悩みに悩んだ挙句にキャッシングをしようと決意したのです。

<関連記事>
主婦が消費者金融で借りるには?

キャッシングの詳しい経緯

そのころの私は貯蓄を切り崩してもどうしても赤字になってしまうので、何とかしなければならないと常に考えていました。働くことも考えましたが、まだ子供も小さく、まとまった時間が取れないので外に働きに出ることは難しい。

また、近くに両親が住んでいるわけではないし、子供を見てもらうわけにもいきません。


保育園に急に入れることもできないので、家でできることはないかと考えました。少しの時間でも自宅で仕事ができれば保育料を余計に払うこともなく、多少なりともお金を手にすることができると考えたのです。

しかし現実はそんなに甘くありません。これだと思うような仕事に巡り合うことはできませんでした。


子育て真っ最中でも自宅でできる仕事はないか、パソコンでできる内職はないかと探しているときに目についたのが「キャッシング」の文字でした。

消費者金融からお金を借りることは全く頭にありませんでした。それどころか、消費者金融とはお金を借りたら最後、家計も家庭も破綻してしまうと思っていましたから。


キャッシングについてパソコンで調べて行くうちに、自分が考えていたほど怖いものではない。使い方を間違えなければ大変便利なものであるということも分かりました。申し込んで即日に現金を手にすることができるということにも、かなり心惹かれました。


消費者金融には色々な会社がありました。テレビCMで見かけるような大手のところから、中規模なところ名前を聞いたこともないような小規模なところまで。

やはり初めての利用なら大手が安心して利用できると思い、誰もが名前を知っているような大手の消費者金融を一つずつ調べて行きました。

テレビCMの歌で「初めてのアコム~」というフレーズが頭に残っていたこともありますが、色々と調べた結果アコムなら安心して利用できるのではないかと思い、「アコム」を選びました。


私が消費者金融を利用しようとしたのは2008年です。2010年に貸金業法が改正され、仕事を持っていない専業主婦はキャッシングができなくなりましたが、法が改正される前でしたので、専業主婦でもキャッシングをすることができました。

ただし、主人が安定している職業についてきちんと給与をもらっていることが前提です。そのため、キャッシング利用の際には主人の給料い明細をFAXで送りました。


まずはじめに、インターネットでアコムのサイトに行き、そこから自分が本当にキャッシングできるかをコンピューターで調べました。借り入れ可能という文字ができたので、そのまま申し込みのページに進みました。

名前、住所、電話番号、仕事の有無、借り入れ状況など、指定されている内容を間違えることなく入力してから送信。しばらくするとアコムから電話がきました。


電話のオペレーターは女性でした。私は電話があるまでかなり緊張していたのですが、オペレーターの人は大変丁寧にまた優しい口調で話しかけてくれたので安心して話をすることができました。

電話では、パソコンに入力した内容が間違っていないかの確認が行われました。

また、なぜキャッシングを利用しようと思ったのかも聞かれました。すべて包み隠さず話をしました。すべて話し終わった後に、「これから審査に移りますので、もうしばらくお待ちください」と言われ電話を切りました。


もしキャッシングの利用を断られたらどうしよう、と思いながら電話連絡が来るのを今か今かと待っていました。待つこと10分程度で電話連絡がきました。キャッシング利用可能と聞いた時にはかなりホッとしました。

利用可能金額は30万円でした。利用方法や返済方法なども細かく電話で教えてもらえるので、何も困ったことはありませんでした。


利用は専用のカードが自宅に届いて体と言われましたが、今すぐに利用したいのであれば銀行口座を指定すれば全額でも一部の金額でも入金してくれるというので、とりあえず5万円を指定口座に入金してもらうことにしました。必要最低限の金額だけを銀行口座に入れてもらったのです。

借りたお金はその後どうなったか?

計画的に利用しなければならないと考えつつも、いつでも30万円までは借り入れできるのだという気持ちが頭の隅にあったのでしょう。

ついムダ使いしてしまうこともありました。欲しいものがあればアコムのカードでお金を引き出して簡単に購入してしまうこともありました。


結局1年ほどで契約していた30万円をすべて利用してしまいました。

ある程度返済して利用できる金額が増えるとまたキャッシングを繰り返していたので、なかなか完済までは到達することはありませんでした。そうするうちに法改正になり、仕事を持っていない主婦はキャッシング利用が制限されることになってしまいました。


法改正もしばらくはキャッシングの利用はできましたが、アコムから連絡が来た途端利用できなくなり、返済だけになってしまいました。

毎月の返済額はたいして多くなかったのですが、なかなか完済できないので、毎月の返済額にプラスして返済をすることに。返済だけになって3年弱で完済することができました。

<関連記事>
消費者金融の返済はおまとめローンを利用しよう!

(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

キャッシングは大変便利です。最近はパソコンやスマホから申し込みをすることができますし、申し込みをしてからわずか数十分で利用可能となります。まとまったお金を手にすることも容易です。ただ、容易に利用できるからこそ慎重にキャッシングを利用することが大切です。

キャッシングはすべて自分の借金です。借り入れすることによってどんどん借金が膨らんでいきます。簡単に借り入れすることができるからと言って、どんどん利用していると返済のときに慌てる状況になってしまいます。返済が滞ってしまう危険性も含んでいます。


本当に今必要な金額はいくらなのか、毎月の返済額がいくらになるのか、自分の収入が少なくなってしまってもきちんと返済していくことができるのかなど、しっかりと考えてから申し込みをしたいですね。



人気の消費者金融は?