キャッシング・消費者金融の知っておきたい豆知識

お金に困っているとき、一時的なピンチを乗り切るための手段として「消費者金融」の利用を考える人は少なくありません。

しかし、消費者金融というと“怖い人からお金を借りる場所”というイメージから、借りることをためらってしまった経験がある方も中にはいるのではないでしょうか?


実は、消費者金融が怖い場所というイメージは誤解です。この他にも、これから消費者金融のキャッシングを利用する人が知っておくべき知識がいくつかあります。

ここでは、消費者金融でキャッシングする際の基礎知識を見ていきます。


消費者金融って一体どんな会社?



日常生活の中でも耳にすることの多い「消費者金融」という言葉ですが、一体、どのような会社のことを言っているかご存知でしょうか?

ここでは、消費者金融がどのような会社なのかを見ていきます。

消費者金融 = 怖い人からお金を借りる場所?

消費者金融と聞くと、「よく分からないけど怖い会社」「お金を借りたら恐ろしい目にあう」というイメージを思い浮かべる方は少なくありません。

しかし、このイメージは完全に間違いです。


消費者金融は、法律(貸金業法)に沿って健全に営業する至って真面目な企業です。

多くの人が想像する“怖い人”は消費者金融にはいません。いるとすれば、それは法を守らずに営業する「ヤミ金」でしょう。

消費者金融とヤミ金の違い

消費者金融とヤミ金は、まったくの別物です。

上でも書いたとおり、消費者金融は法律に従って営業をする企業です。


そのため、違法に高い金利の支払いを求めてきたり、返済が遅れたからといって脅迫まがいの迷惑行為を行うことは絶対にありません。

返済が遅れた場合の督促に関しても、深夜や早朝には電話をしないなど、法律で定められた範囲で行われます。


一方で、ヤミ金は違法な業者ですから、「何でもあり」です。

法外に高い金利を要求する、返済が少しでも遅れれば早朝や深夜でも何度も電話をかけてくる、家や職場の前で待ち伏せされた上に暴言を浴びせられるなども十分に考えられますし、場合によっては暴力事件に発展するケースなども有り得ます。


このように、消費者金融とヤミ金はまったく違うものであることを覚えておきましょう。

銀行とは何が違うの?

お金を借りる先として、消費者金融の他に「銀行」を思い浮かべた方もいるかもしれませんね。

ネットやテレビの宣伝を見ていても、消費者金融系カードローンと銀行カードローンの 両方を同じだけ見かけるので、一体この2つがどのように違うのかよく分からないというケースもあると思います。


銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは、大きく分けて「適用される法律」と「審査の厳しさ」の点にあります。

銀行カードローンに適用される法律は「銀行法」、消費者金融に適用される法律は「貸金業法」となり、貸金業法が適用される企業からの借入は年収の3分の1までという規制があります(総量規制)。


また、銀行カードローンは消費者金融に比べ低金利な点がメリットですが、その反面、消費者金融よりも審査が厳しいというデメリットもあります。


昔ほどキャッシングの宣伝を見かけなくなった?



ひと昔前までは、路上で消費者金融の宣伝を目的としたポケットティッシュ配りが行われていたり、至るところで大きな広告を見かけたりしました。

しかし、最近では、前よりもだいぶ宣伝が大人しくなっています。以下では、その理由を見ていきます。

宣伝が減ったのは広告規制が厳しくなったから

以前よりもキャッシングの宣伝が目立たなくなったのには理由があります。

2006年、消費者金融は「広告規制」を行うことになりました。


この広告規制には貸金業法による規制と貸金業協会が行っている自主規制の2つがあり、それぞれに規制内容は異なります。

簡単に一例を挙げると、広告に貸金業者の称号や名称(または氏名)・利率を表示する、誇大広告を禁止する…など、その規制内容は多岐に渡ります。


この他にテレビCMに関しても放映してよい時間帯、本数などの規制が生まれたため、消費者金融などが加盟する「貸金業協会」では、広告に関して自主規制を行うようになりました。

その結果、昔に比べ、広告を見かける機会が少なくなったのです。

ネットではよく宣伝を見かけるけど?

街中で大々的にキャッシングの宣伝がされているのはあまり見かけなくなったけれど、インターネットでは頻繁に見かけると感じた方もいるのではないでしょうか。

それは確かにそのとおりで、その理由の1つにはテレビCMに比べるとネット広告の規制が若干緩く、宣伝しやすいことが挙げられます。


また、現代ではネットの持つ威力はテレビに引けを取らないくらい大きいので、そういった理由からもネット上に広告を出すカードローン会社が多いと考えられます。

ネットの情報にはヤミ金もまざっているので注意

消費者金融をはじめ、大手のカードローン会社がネット上に掲載している広告にもやはり最低限の規制があります。

そのため、そういった企業のネット広告は信用して問題ないでしょう。


しかし、ネットに広告を載せている業者の中には「ヤミ金」も存在しているため、気づかずに利用してしまわないよう十分な注意が必要です。


審査に関係あるという「事故情報」って何?



「事故情報があると審査で不利になる」という話を耳にしたことがある方はいませんか?

「事故」という言葉の響きから、良くない情報であることはなんとなく想像がついても、具体的にはどのようなものを指すのかは分からないという方も多いはずです。


ここでは、事故情報とは一体どのようなものなのかを見ていきます。

事故情報 = 金融事故のこと

事故情報とは、借りたお金の返済が遅れたなど、「お金の借り入れに関する事故」のことを言います。

こういった情報は「信用情報機関」という団体に登録され、一定期間のあいだその情報が保管されることとなります。

事故情報があると何が起きる?

事故情報があるということは、お金の貸し借りに関しての社会的信用を失っている状態です。

そのため、信用情報機関に情報の登録がある間は

・住宅ローン審査に通れない
・携帯電話を分割購入することができない
・クレジットカードの新規作成ができない
・今持っているローンカード、クレジットカードも利用できなくなる(返済しかできなくなる)

といったデメリットがあります。

事故情報はなくせる?

ここまで読んで、事故情報の心当たりがある人は「なんとか情報を消すことはできないものか?」と考えたのではないでしょうか。

事故情報は、自分の意思で消すことはできません。


しかし、一般的には5年(自己破産者の場合は10年)待つことで情報が消えると言われていますので、もし事故情報が載っている場合は、時間が過ぎるのを待ちましょう。

自分に事故情報があるかどうかを知りたい場合は、電話・郵送・スマホで信用情報の開示を請求することで知ることができます。


開示請求には手数料として500円~1000円がかかります。


ニュースでよく聞く「過払い金請求」とは?



ニュースで聞くことの多い「過払い金請求」という言葉。これがどのような意味かご存知でしょうか?

ここでは、過払い金請求について見ていきます。

過払い金請求=払いすぎた利息の返還請求

「過払い金請求」とは、これまでの返済で払いすぎていた利息の返還を求める手続きのことを言います。

なぜ利息に「払い過ぎ」が発生したかというと、その原因は「グレーゾーン金利」にあります 。

過払い金が発生した原因は「グレーゾーン金利」

グレーゾーン金利とは、2010(平成22年)年まで存在していた出資法の上限金利である29.2%と、利息制限法の上限金利である20%という2つの法律それぞれの上限金利の差のことを言います。

多くの貸金業者は、より高い金利を取れる「出資法」に基づき、上限金利29.2%の条件で貸付を行っていました。


この高い金利が原因で、多くの多重債務者が生まれるという社会現象が起きてしまったのです。

このことを受け、2006年(平成18年)に「グレーゾーン金利を認めない」という判決が最高裁で下され、利息制限法の上限金利を超える過払い金は返還するよう決まりました。

過払い金を請求できる条件

過払い金請求は、過去にグレーゾーン金利に該当する利息を支払っていた方でなければできません。

すでに借金を完済していても、完済から10年以内は請求が可能です。

過払い金請求は事故情報として残る?

平成22年までは過払い金請求は事故情報として信用機関に登録されていましたが、その後、金融庁によって「過払い金請求は事故情報には記録しない」と決まったため、現在は事故情報として残ることはありません。

しかし、過払い金が返還された後でも借金が残る場合は、「債務整理」になるため事故情報に記録されます。その場合、信用情報に傷が付くので、注意が必要です。

キャッシング・消費者金融の豆知識 関連記事一覧


消費者金融のキャッシングで注意すべきポイント



最後に、消費者金融のキャッシングを利用するうえで注意すべきポイントをまとめて見ていきます。

消費者金融の借入には規制がある

先でも書いたとおり、消費者金融は「貸金業法」の対象であるため、最大で年収の3分の1までの借り入れしか行えません。

「年収の3分の1」というのは、他社での借り入れも含めた額です。


また、申込者の条件によっては、年収の3分の1よりも低い額の借り入れしかできないケースもあります。

無職・専業主婦は申込不可

消費者金融に限らず、カードローンの申し込みには「安定収入があること」が絶対条件です。

この場合の「安定収入」とは、自分自身が働いて得た給与・報酬のことです。


安定収入があればアルバイトでも正社員でも問題ありませんが、年金収入・家賃収入・配偶者の給与・親からの仕送りなどは安定収入とはみなされないので注意が必要です。

生活保護受給者の場合は、働いていてもカードローンに申し込むことはできません。無職や専業主婦の場合も同様です。

甘い条件を提示する業者は避けること

消費者金融とヤミ金はまったくの別物です。

違法に営業する業者の利用は避けるよう先でも書きましたが、どうすればきちんとした会社(消費者金融)とそうでない会社(ヤミ金)の区別がつくのかわからないという方のために、ヤミ金を判別する簡単な方法をお伝えします。


まず、名前を聞いたことがないような会社の利用は控えましょう。

ヤミ金の中には大手消費者金融の名前を真似たような会社もあるため、これで万全という訳ではありませんが、できるだけ名前が知れた大手の消費者金融を利用することが騙されないための第一歩となります。


2つ目は、甘い条件を提示する業者を避けることです。

多くの場合、ヤミ金は「無審査」「絶対に断りません」というような、通常では考えられない甘い条件を提示してきます。


まともな企業であればこのような条件を提示することはありませんから、甘い条件を提示してくる業者=ヤミ金だと捉え、絶対に関わらないようにしましょう。


 消費者金融のおすすめランキングを紹介します!


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

消費者金融ランキング