元銀行員が消費者金融の選び方を紹介します

元銀行員が教えるおすすめ消費者金融

消費者金融って、何となく恐そう・・・

こんな風に考えてる人も、いるかもしれません。

ですが消費者金融は、使い方さえ間違えなければ、大変便利なキャッシングサービスです。

ここでは、消費者金融の簡単な紹介と、おすすめ消費者金融の選び方を紹介します。

なお手っ取り早く、おすすめを知りたい人は、「消費者金融のおすすめランキング!」をクリックして下さい。


消費者金融ってどんなサービス?

消費者金融とは?

消費者金融とは手早く融資を受けられるサービス

消費者金融とは、個人客向けの融資サービス、もしくは融資サービスを行う会社を指します。

身分証明書さえあれば、最短1時間でキャッシングできる、便利なサービスです。


法律的に言うと「貸金業者」と呼ばれる業者に分類され、「貸金業法」で規制されています。

同じく融資向けサービスを行う銀行は、「銀行法」で規制されています。

<外部の関連サイト>:貸金業法のキホン:金融庁



消費者金融の借り入れは、カードローン形式の借入枠を使ったキャッシングになります。

言葉ではイメージしづらいと思うので、以下の図をご覧下さい。

住宅ローン

カードローン

住宅ローンは契約時に、まとまった金額(それこそ3000万円とか)を借り入れして、時間を掛けて返済していきます。

一方のカードローンは、審査を通じて借入枠(たとえば50万円)を設定してます。


この借入枠の範囲内でなら、自由にキャッシングしたり返済できます。

何にお金を使うかは自由で、自分の好きなタイミングで借り入れできるのが、消費者金融の魅力の一つです。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融とは?サラ金との違いは?

カードローンで利息が発生するのも、実際に借り入れをしている間だけです。カードローンと住宅ローンでは、借入の考え方が大きく違います。

消費者金融の金利は?いくら借りられる?

消費者金融の金利は少し高めなので、大きな金額の借り入れには向いてません。

まず借入できる額は、総量規制という決まりにより、年収の1/3までとされています。


1社からの借入が1/3までではなく、全社の借入合計が年収の1/3までです。

<外部の関連サイト>:借入は年収の3分の1まで(総量規制)| 日本貸金業協会


次に大手消費者金融の、金利相場を見ていきます。

金利(年率) 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1~800万円
アコム 3.0%~18.0% 1~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 1~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1~500万円

上の表の通り、消費者金融の金利(年率)は3%から18%が相場になります。

ただし初回の契約では、適用金利は上限の約18%になるケースがほとんどです。


実は消費者金融の金利は、契約額(借入枠)によって決まります。

初回の借入枠(契約額)は最大でも50万円になるケースが多く、金利も上限金利が適用されます。


金利は消費者金融の各社で差がないため、どの会社か選ぶ決め手にはなりません

ちなみに仮に30万円借りた場合は、初月の利息は4500円になる計算です。

<関連記事>:【元銀行員が解説!】消費者金融の金利・利息はどのくらい?

金利がやや高めなので、消費者金融での借り入れは少額に抑えるべきです。

消費者金融の申し込み条件は?

消費者金融の申し込み条件は大きく言って、以下の3つです。

    <満20歳以上であること>
    たとえ働いていて収入があっても、未成年は利用できません


    <安定収入があること>
    働いていて、安定した収入があることが条件です。

    正社員でなくても、週3日以上の勤務なら、派遣・パートでも利用可能です。

    一方で自身の収入がない専業主婦や、単発バイト・派遣の人は利用できません。


    <身分証明書(=本人確認書類)を用意すること>
    運転免許証やパスポートなどを、スマホで撮影して送付する必要があります。

    50万円を超える借り入れ希望の場合は、総量規制により収入証明書の提出も義務づけられています。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融の審査基準について

消費者金融で借入までの流れ

消費者金融で借入までの流れ

上は、消費者金融での申し込みから借入れまでの流れを、大まかに示した図です。

申し込み完了から最短30分で審査完了し、最短1時間で融資を受けられます。


契約手続きはスマホ上か、契約機で行います。

スマホで契約した場合はそのまま振込で借入し、契約機ならローンカードを受け取り、近くのATMでキャッシングできます。

 専門家が選ぶ!おすすめの消費者金融は?



消費者金融でのキャッシング、その魅力は?

1. 家族にバレずに借入れしやすい

消費者金融はバレずに借入れしやすい

家族にバレずにキャッシングしやすいのが、消費者金融の魅力です


ご自宅に郵便物が届くのが嫌だという人は、Web完結サービスを使うか、契約機で受け取りましょう。

大手の消費者金融なら対応する契約機の数も多く、移動が便利です。

サービス名 対応する契約機の台数(推定)
プロミス 1800超
SMBCモビット 1100超
アコム 1000超
アイフル 800超
レイクALSA 700前後

<関連記事>:無人契約機でお金を借りる!おすすめの消費者金融は?


もっとも、Web完結を選べば契約までの移動も必要ありません。

Web完結なら申し込みからキャッシングまでスマホ上で行えて、郵便物の受け取りもありません。


Web完結サービスは銀行カードローンと較べて、消費者金融が充実しています。

とはいえ郵便物には社名が記載されてないので、家族に勝手に封を開けられない限り、バレる心配は少ないですが。


また銀行の通帳を見られたくない人は、銀行振り込みを利用せずに、ローンカードで借入れ・返済しましょう。

これなら銀行通帳に、キャッシングの形跡が残りません。


ちなみに銀行カードローンは銀行口座に登録する必要があるため、この方法は原則使えません。

<関連記事>:バレない!内緒でキャッシングする方法は?

ただし口座振替にしないとWeb完結サービスは使えないので、その点はご注意ください

2. 即日融資で今日中に借入できる!!

モアタイムシステムで消費者金融の即日融資がさらに充実!

現在、即日融資が可能な借入サービスは、消費者金融だけです。

ただ以前は、平日の遅い時間や土日祝日に即日融資をしたかったら、契約機まで行く必要がありました。


というのも、平日15時以降は銀行振り込みができないため、ローンカードを受け取ってキャッシングする必要があったからです。

ところが2018年10月から始まったモアタイムシステムにより、一部の銀行間では原則24時間の振込ができるようになりました。


大手消費者金融は、このモアタイムシステムに対応したため、即日振込が圧倒的に便利になりました。

以下は、スマホで申し込みをして即日振込をする場合、契約機で契約する場合の申し込みの締め切り時間です。

振込での締め切り時間 契約機での締め切り
プロミス 21時まで(曜日関係なし) 20時半まで(曜日関係なし)
SMBCモビット 19時まで(曜日関係なし) 18時半まで(曜日関係なし)
アコム 20時過ぎまで(平日)
18時まで(土日祝)
20時過ぎまで(曜日関係なし)
レイクALSA 20時まで(平日・土)
17時まで(日祝)
19時半まで(平日・土日祝)
17時半まで(第三日曜のみ)
アイフル 13時半まで(平日) 20時まで(曜日関係なし)

かなり遅い時間や土日祝日の申し込みでも、即日振込に対応してるのが分かります。

こうして消費者金融の即日融資は、さらに充実したサービスとなっています。

<関連記事>:即日融資で借りる!おすすめの消費者金融は?

3. 無利息サービスが充実

無利息サービスが充実しているのも、消費者金融の魅力です。

無利息サービスとは、初回契約に限り、30日から60日間だけ利息をゼロ円にするサービスです。

以下は大手消費者金融の、無利息サービスと適用条件です。

消費者金融 サービス内容 適用条件
プロミス 初回の出金の翌日から30日間 メールアドレスを登録し、Web明細サービスを利用
初回契約に限る
アコム 契約日の翌日から30日間 初回契約に限る
レイクALSA 契約日の翌日から60日間 契約額1万~200万円
Webからの申し込み
初回契約に限る
契約日の翌日から180日間
※借入額のうち5万円まで対象
契約額1万~200万円
初回契約に限る
アイフル 契約日の翌日から30日間 初回契約に限る

実は銀行カードローンでは、こうしたサービスを行っている会社はありません。

ですので3-6か月程度の借入なら、消費者金融の方が返済負担が軽い、なんてこともあります。

<関連記事>:30万・50万円のお金を借りたら利息はいくら?

せっかく消費者金融で借りるのでしたら、こうしたサービスは上手に使いたいですね。

他のキャッシングサービスとは、どう違う?

ここで改めて、消費者金融と他のキャッシングサービスを比較します。

消費者金融は他のキャッシングサービスとは、どう違う?

消費者金融は即日融資も可能ですが、金利が高めです。

少額(多くても30-50万円)を、手早く借りたい人向けのサービスと言えます。


銀行カードローンは金利が少し高め(とはいえ15%程度)で、審査結果が出るのは最短でも翌営業日です。

とはいえ銀行が運営してることから、安心感・イメージを気にする人向けのサービスと言えます。


クレジットカードは金利が消費者金融と同じ18%程度で、キャッシングまで1週間ほど掛かります。

キャッシングよりも、ショッピング目的で利用してる人がほとんど(9割)です。

<関連記事>:【元銀行員が解説】お金を借りるなら、どこがおすすめ?


このように3つで、強みになる部分は違います。

自分にあったサービスを選ぶと良いでしょう。

 専門家が選ぶ!おすすめの消費者金融は?



消費者金融を利用する上での注意点

ここまで消費者金融の魅力や、便利な点について見てきました。

ここからは消費者金融を利用する上での、注意点について見ていきます。

イメージは、あまり良くない

消費者金融,マイナスイメージ

<外部の関連サイト>:銀行カードローンに関する消費者意識調査 に関する報告−全国銀行協会

消費者金融は使い方さえ間違えなければ、安全で便利なサービスですが、あまりイメージが良くありません。

上の図の通り、8割を超える人が、消費者金融を利用したくないと回答しています。


消費者金融がまだ「サラ金」と呼ばれていた時期に、今ほど法律が整備されていなかったため、強引な取り立てが横行し悪いイメージが定着していました。

<関連記事>:【5分で分かる】消費者金融・サラ金の歴史について


特に「武富士」と呼ばれる業者の横暴さは有名で、今でも消費者金融にマイナスな印象を持つ人もいます。


一方で今や、強引な取り立てをしたら、一発で営業停止処分を喰らいます貸金業法 第21条「取り立て規制」)。

昔のイメージを引きずる人が多いのは事実ですが、消費者金融は今や安全に使えるサービスです。

<関連記事>:消費者金融でお金を借りるデメリットとは?

借り過ぎには注意!

上で見た通り、消費者金融は気軽に借り入れができます。

それゆえ油断してると、つい借り過ぎてしまい、後で返済に苦しむことになりかねません。


先ほど説明した通り、総量規制により、各社からの借入合計が年収の1/3を超えることが出来ません。

ですので限界まで借りたとしても、それで生活が破たんすることはないでしょう。

とはいえ給料が落ちたり、何らかの事情で急に失業することも起こりえます。


そうなったら返済は、かなり厳しくなるでしょう。

消費者金融での借り入れは、必要最低限の額に留めて下さい。

<関連記事>:借金返済ができない場合、どこに相談すれば良い?

返済のために知っておきたい点は?

消費者金融の返済方法は、口座振替・振込・ATMでの入金があります。

ご自分に合った方法を選ぶとよいですが、忘れっぽい人は口座振替を選ぶとよいでしょう。

通常の返済額に上乗せ

返済日は月1回の場合が多いですが、1日でも遅れると「遅延損害金」と呼ばれる利息が上乗せされます。

返済忘れには、くれぐれも気を付けて下さい。


また毎月、決められた金額をキチンと返済していくのも一つの手ですが、可能なら「繰り上げ返済」や「一括返済」も検討しましょう。

上乗せして返済することも可能

繰り上げ返済:毎月決められた返済額に上乗せして返済すること

一括返済:残りの借金の元本部分を一度に全部返済すること



繰り上げ返済・一括返済の利点は、元本返済にあてられた分の利息を払わずに済むため、返済負担を大幅に減らせることです。

上の図で言うと、灰色の部分の利息を払わずに済みます。


誰でも取れる方法ではないですが、ボーナスや臨時収入が入った時に、検討して見て下さい。

<関連記事>:消費者金融・カードローンの一括返済で気を付けるべきこと

消費者金融は便利なサービスですが、使い方には気を付けましょう!


以上、消費者金融の選び方や、利用にあたっての注意点を見てきました。

これらを踏まえ、おすすめの消費者金融を3社紹介します。


元銀行員が教える!おすすめの消費者金融は?

イチオシはプロミス!

イチオシはプロミス

金利(年率) 借り入れ上限額 ネット完結取引
4.5%~17.8% 500万円 完全対応
サービスポイント 審査時間 キャッシングまで
30日間無利息サービス 最短30分 最短1時間

数ある消費者金融の中でもイチオシは、プロミスです。おススメのポイントは以下の通りです。

・「Web完結」なら郵便物の受け取り一切なし

・自動契約機の数、業界トップ

・30日無利息サービスあり



「Web完結」で申し込みをすれば、郵便物の受け取りがないので、家族にバレづらいです。

大手銀行の口座を振替口座にする必要がありますが、曜日に関係なく21時までの申し込みでも、即日キャッシングが可能です。


大手銀行の口座を持ってない人は、スマホで申し込み後、自動契約機で契約しましょう。

プロミスは三井住友銀行の契約機でも契約が可能で、対応する契約機の数は業界トップ(1800台超)です。


また初回契約に限り、30日間の無利息サービスがあります(メールの登録が必要です)。

借り入れ負担を減らしたい人にもオススメです。


<もっと詳しく>
プロミスの申込・即日融資の方法を紹介します


2番手はSMBCモビット

2番手はSMBCモビット

金利(年率) 借り入れ上限額 ネット完結取引
3.0%~18.0% 800万円 完全対応
サービスポイント 審査時間 キャッシングまで
電話連絡なしも可能 10秒簡易審査 最短即日

2番目にオススメしたいのは、SMBCモビットです。おススメのポイントは以下の通りです。

・「WEB完結申込」なら郵便物の受け取り一切なし

・「WEB完結申込」なら勤務先への電話連絡なし

・自動契約機の数、業界No.2



プロミスと同じく、SMBCモビットも「WEB完結申込」なら郵便物の受け取りを一切なしにできます

しかもSMBCモビットの「WEB完結申込」だと、勤務先への電話連絡がいきません

会社に電話がいくのが嫌な人も多いだけに、これは嬉しいですね。


「WEB完結申込」を利用するには、以下の条件が両方必要です。

・三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のどれかを振替口座にすること

・社会保険証か組合保険証を持っていること



即日キャッシングしたい人は、曜日に関係なく、19時までに申し込みを済ませておきたい所です。

上で挙げた条件を満たさない人は、スマホで申し込み後、ローン契約機で契約しましょう。


SMBCモビットは自社の契約機に加えて、三井住友銀行の契約機でも契約が可能です。

対応する契約機の数は業界No.2です。


<もっと詳しく>
SMBCモビットの金利・即日融資の条件は?


3番手はアコム

アコム

金利(年率) 借り入れ上限額 ネット完結取引
3.0%~18.0% 800万円 一部対応
サービスポイント 審査時間 キャッシングまで
30日間の無利息キャンペーン 最短30分 最短1時間

テレビCMでもおなじみの、知名度が抜群で、売上も業界No.1です。

オススメポイントは、以下の通りです。

・30日間の無利息サービス(初回契約に限り)

・親切・丁寧なサポート

・業界トップクラスの自社契約機の台数



プロミスと同じく初回契約に限り、30日間の無利息サービスがありますが、プロミスと違って、特に条件はありません。

アコムのスタッフによる親切なサポートは定評があり、口コミでも「銀行かと思うほど、丁寧な接客だった」という投稿も見かけます


またアコムの自社契約機の設置台数は1000台超と、業界トップクラスです。

Web完結にも対応してますが、契約機を使った借り入れでも便利です。


<もっと詳しく>
初めてのアコム!借り入れの注意点は?



上では、消費者金融のおすすめランキングの1位~3位を紹介しました。

より詳しい消費者金融のランキングを知りたい人は、以下をクリックして下さい。

 【元銀行員が解説】消費者金融のおすすめランキング!




もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ





【当社関連サイト】
【元銀行員がおすすめ】カードローン教室~即日・金利など目的で選ぶ!

【元銀行員おすすめ】即日でお金を借りる!最短キャッシング


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング

    消費者金融ランキング

    女性向けカードローン

    消費者金融で即日融資

体験レポ(実際に借りてみた)