消費者金融でお金を借りた方の体験談を紹介します!

「お金を借りたいけれど、消費者金融は不安」という人も多いです。

経験者から話を聞いてみたくても、借金について進んで話してくれる人は少ないですよね。

今回は、実際に消費者金融を利用した人の体験談を、簡単に紹介します。

消費者金融、どんな人が利用してるの?

消費者金融、どんな人が利用してるの?

本題に入る前に、どんな人が消費者金融を利用するのか、その特徴を見てみましょう。

10人に1人が消費者金融での借入経験あり!


実際のところ、どれ位の人が消費者金融を利用しているのでしょうか?

下のグラフでは、全国銀行協会のアンケート調査をもとに、消費者金融の利用経験がある人の割合を示しています。

カードローンとは?
<出典>:銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告‐全国銀行協会より作成


グラフを見ると、全体の約9%の人が、消費者金融を使った事があると回答しています。

つまり、10人に1人が消費者金融での借り入れを経験していることになります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融とは?サラ金との違いは?

消費者金融は、とてもメジャーなサービスであると言えます

「借金がある人=お金にルーズ」は誤解

消費者金融からの借金がある人は、どうしても、お金にルーズなイメージで見られがちです。

ですが実際には、消費者金融を利用している人の多くは「普通の人」です。


特別、お金にだらしない訳ではありません。

正社員であっても給料がなかなか上がらず、生活が厳しいというケースも多く見られます。


また無駄遣いをしていなくても、急なトラブルなどでお金が必要になるのは、誰にでも起こり得ることです。

消費者金融、上手に活用するのは「計画的な人」

消費者金融の利用で最も大切なのは、「計画性」です。

支払期間が長くなればなるほど、利息の負担はどんどん増えていきます。


最初に「いつまでに完済するか」を決めて、返せる範囲の金額を借りるようにしましょう。

無理なく支払える毎月返済金額を設定し、そこから借入総額を決めるのも方法です

~体験談~消費者金融を利用したきっかけは?

ここからは、実際に消費者金融で借り入れした人の経験談を、5つ紹介します。

1.大学の学費を借りるために

大学の学費を借りるために

30代の男性(Aさん)は大学の時、学費を支払いのために消費者金融を利用しました。

親一人子一人の家庭で育ったAさんは、親や親戚を頼るのも気が引けて、援助を申し出られなかったと言います。


クレジットカードのキャッシングも利用しましたが、借りられたのは10万円です。

期日までに学費を用意できなかったAさんは、即日で借りられる、消費者金融の利用を決めました。

<関連記事>:体験談(2):大学の学費のお金を借りるためにキャッシング

2.主婦が生活費をまかなうために

40代の主婦(Bさん)のケースです。


Bさんの夫は、転職によって収入が2~3倍に増えたものの、その後、不況による収入の激減を経験しました。

ですが贅沢に慣れ切っていたBさんは、生活水準を下げられず、貯金を切り崩す毎日でした。


子どもが小さく、外に働きに出る事が難しかったBさんは、内職を探し始めます。

ですが、なかなか仕事が見つかりません。Bさんは、消費者金融を利用してみる事にしました。

<関連記事>:体験談(4):主婦が生活費をまかなう為にアコムでキャッシング

3.転職活動で貯金が底をついてしまったので

30代の男性(Cさん)は、過去に複数回の転職を経験しています。

転職活動中は、貯金を切り崩しながら生活をしていた時期もあるそうです。


その後、就職先が決まったCさんですが、当時の自宅からはとても遠く、引っ越しを余儀なくされます。

ですが転職活動中に貯金を使ってしまったCさんにとって、引越費用は想定外の大きな出費です。


やむを得ず、消費者金融で借り入れを行う事を決めました。

<関連記事>:体験談(7):引っ越し資金が足らずアコムでお金を借りる

4.交通事故の示談金を支払えなくて

交通事故の示談金を支払えなくて

30代の男性(Dさん)は、交通事故がきっかけで、消費者金融を利用するようになったと言います。

営業に転職したDさんは、仕事帰りに上司とお酒を飲む機会が増えました。


ある日、「これくらいの量なら大丈夫」と車に乗って、自転車との接触事故を起こしてしまいます。

幸い相手にケガはなかったものの、示談金として25万円を支払う事になりました。


家計は妻に任せきりなので、自分の手元にそんな大金はありません。

Dさんは、示談金を用意するため、消費者金融からお金を借りる事にしました。

<関連記事>:体験談(12):飲酒運転事故の示談金25万円を払うためお金を借りる

5.突然の入院、収入ゼロで生活に困って

30代の女性(Eさん)は、20歳の時に、初めて消費者金融を利用したそうです。

当時、学校に通いながらアルバイトで生活していたEさんは、体調を崩して入院してしまいます。


実家がもともと裕福でなかったので、入院費は親に出してもらったものの、生活費までは頼れませんでした。

退院後、すぐに日払いのバイトを始めますが、生活費はまだ足りません。


Eさんは、親に内緒でお金を借りたい一心で、消費者金融を利用する事にしました。


 【元銀行員が解説】消費者金融のおすすめランキング!

体験談からも分かる通り、お金が足りなくなる場面は突然やってきます。即日融資が可能な消費者金融は、いざという時の強い味方です


消費者金融でお金を借りた方の体験談を紹介します! 記事一覧

上で挙げた以外にも、消費者金融の利用経験者による体験談を掲載しています。

詳しい内容は、以下ののリンクから見ることが可能です。


あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。キャッシング初心者のため、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






その他の消費者金融