【元銀行員が解説】自営業(個人事業主)がカードローン審査で知っておきたいこと

カードローンは、お金を借りたい場合に非常に便利で、多くの人が利用しています。

ですが申し込み者の職業によって、審査の厳しさが違います。


中でも自営業は、カードローン審査に通りにくい職業の1つです。

何の備えもせずに申し込みをしたら、審査落ちする可能性もあります。

今回は、自営業の人がカードローンの審査を受ける上で、大事なポイントを解説します。


自営業者でもカードローンは利用できる

自営業者のカードローンの利用状況

自営業者のカードローンの利用状況

カードローンを利用していることを、友人や同業者に積極的に話す人は少ないでしょう。

そのため、自分以外の自営業者でカードローンを利用している人がどれぐらいなのか、気になる人も多いはずです。


全国銀行協会の調査によると、銀行カードローンや消費者金融の利用者の中で自営業者の割合は、全体の約10%です。

カードローンを利用している自営業者は、決して珍しくないことが分かりますね。

<関連記事>:パート・バイトのカードローンで注意すべき点

個人事業主でも利用可能な大手カードローン

先ほどのデータからも分かる通り、自営業者(個人事業主)でもカードローンを利用できます。

では大手のカードローンでは、どこが自営業者の借入れに対応してるのでしょうか?


以下の表が、消費者金融・銀行カードローン大手で、自営業者にも対応しているカードローンです。

個人事業主の申し込み 借入金の資金使途
プロミス 個人事業主の方は、生計費および事業費に限る
SMBCモビット 自由
アコム 自由
アイフル 自由
レイクALSA 自由
バンクイック 自由(事業性資金を除く)
三井住友銀行カードローン 自由(事業性資金を除く)
みずほ銀行カードローン 自由(事業性資金を除く)

上表の通り、基本的にどのカードローンでも対応しています。

ただ表からも分かる通り、銀行カードローンでは資金使途を制限しています。


「カードローンの資金使途は原則自由」と説明されることが多いですが、事業目的については話が別です。

銀行カードローンで自営業者がキャッシングする場合、事業目的での借り入れはNGと思っていてください。


一方の消費者金融は、資金使途は自由です。

ただし以前、筆者(もぐお)が消費者金融の審査担当者に取材したところ、職業が「自営業」というだけで審査がそれなりに厳しくなるそうです。


申し込み時に資金使途を必ず聞かれるので、「生活費」と答えておく方が無難でしょう。

それでも審査が甘くなることはなく、自営業者は他の職業に較べて審査は一段厳しいと理解しておいて下さい。


なおカードローン審査については、「自営業者のカードローン審査の特徴は?」で解説します。

銀行カードローンの審査担当者にも取材しましたが、たとえ会社の社長でも、自分で商売をしてる方への審査は厳しくするそうです

カードローン以外で資金調達するには?

しかし自営業である以上、事業資金の借り入れを行いたい場合もあるでしょう。

以下では個人事業主が、カードローン以外で事業資金を借入する方法を簡単に紹介します。


<日本政策金融金庫>
言わずと知れた、公的な金融機関です。

民間の銀行融資に較べても、かなりの好条件で借入れが可能です。

場合によっては、保証人・担保なしでの借り入れも可能です。


条件だけ見れば良いことづくめですが、審査に最大2か月程度かかるのと、提出書類がかなりの数になります。

また仲介してくれる専門家がいないと、審査に通すのが格段に難しくなる等の難しさもあります。


<信用保証協会>
銀行からの融資に信用保証を付けてもらうことで、銀行からの融資を引き出しやすくなります。

銀行とは別に、保証協会の審査を通過する必要があります。


無担保での保証も可能なこと、創業すぐの保証も可能など、色んな種類の保証が用意されてるのがメリットです。

ただし審査に3週間から1か月掛かること、保証料を取られること、時期によって審査が通りづくなる場合があるなど、デメリットもあります。

<関連記事>:連帯保証人とは?保証人との違いを分かりやすく解説


<銀行融資>
銀行からの事業資金の借入れです。

創業当初の借入れは難しいでしょうが、事業が好調な個人事業主から低利での借り入れも可能です。


審査期間は1週間から2週間程度で、公的融資よりも短期間で結果が出ます。

難点は担保や個人保証を(ほぼ確実に)求められること、業績が思わしくないと融資が受けられないことです。


<ビジネスローン>
自営業者・中小企業向けのキャッシングサービス、と考えると分かりやすいです。

必要最低限の書類で借入れできて、最短当日で借入れ可能な会社もあります。

デメリットは金利が消費者金融なみに高いこと、高額の借入れに向いてないことです。


上の4つの中でご自分にあったサービスを検討するとよいですが、最も手軽に利用できるのがビジネスローンです。

ただ、借入額は少額(50万から100万円)に抑えるべきで、それ以上なら別の手段を検討すると良いでしょう。

<関連記事>:ビジネスローンとは?借り入れで悩んでる中小企業は必見!

公庫の利用を検討している人は、公庫の審査に詳しい税理士を探すと良いですよ!


自営業者のカードローン審査の特徴は?

個人事業主のカードローン審査は、そもそも厳しい

個人事業主のカードローン審査は厳しい

最初でもでも少し書きましたが、自営業(個人事業主)は、カードローン審査で不利な立場にあります。

収入が不安定だったり、商売を安定して継続させていくのが難しかったりといった理由から、会社員比べて審査が厳しくなる傾向にあるからです。


筆者(もぐお)が過去に取材した自営業者の方は、カードローン審査の際に担当者から事業や収入について根掘り葉掘り聞かれた、と教えてくれました。


自営業者だからという理由で門前払いになることはありませんが、審査はそれなりに厳しくなることは知っておいて下さい。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融の審査基準について

加えて審査に時間がかかるので、即日での借り入れも少し不利です

収入証明書の提出義務は?


収入証明書が必要な場合 個人事業主の収入証明となる書類(どれか一つ)
プロミス ・希望借入額が50万円を超える場合
・希望借入額+他社からの借入残高が100万円を超える場合
・確定申告書
・税額通知書
・所得(課税)証明書
SMBCモビット 希望借入額と他社の借入状況から総合判断 ・確定申告書
・税額通知書
・所得証明書
アコム ・希望借入額が50万円を超える場合
・希望借入額+他社からの借入残高が100万円を超える場合
・市民税、県民税額決定通知書
・所得証明書
アイフル ・利用限度額が50万円を超える場合
・利用限度額+他貸金業者での借入総額が100万円を超える場合
・就業状況の確認で必要な場合
・確定申告書
・住民税決定通知書
・納税通知書
・所得証明書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
バンクイック 利用限度額が50万円を超える場合 ・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書
・確定申告書
三井住友銀行カードローン 利用限度額が50万円を超える場合 ・税額通知書
・納税証明書
・所得証明書
・確定申告書
みずほ銀行カードローン 利用限度額が50万円を超える場合 ・住民税決定通知書
・課税証明書
・納税証明書

上記は大手カードローンで、収入証明書の提出が必要になるケース、収入証明書として提出が認められている書類です。

表にもある通り、50万円を超える借り入れを希望するときは、収入証明書の提出を求められます。

<関連記事>:収入証明書不要のカードローンを選ぶなら?

電話は固定電話でないと審査が厳しい

自宅電話は固定電話でないとカードローン審査が厳しい

審査の一環である在籍確認の電話は、勤務先に掛かってきます。

ところが個人事業主の場合、自宅=事務所(勤務先)というケースが少なくありません。


ということもあり、個人事業主への在籍確認の電話は、自宅(兼事務所)に掛かってきます。

この時、自宅(兼事務所)に固定電話がないと、カードローン審査が相当不利になります。


最近では、(特に若い人の間では)自宅に固定電話を入れないで、スマホで済ませる方が普通です。

ですがカードローン審査に限って言えば、スマホへの電話だと在籍確認がきちんと行えず、審査不可とするカードローンが珍しくありません。


唯一、大手ではプロミスがスマホでも審査可能としているようなので、自宅に固定電話がない場合は、プロミスに申し込むといいでしょう。

特に銀行カードローンは、固定電話がないと審査が極めて不利になります。その場合は、消費者金融を検討しましょう。

事業が1年未満だと審査が厳しい

自営業は、借り入れ希望額に関係なく、確定申告書の提出を求められる場合もあります。

ただ事業を行って1期(1年)未満の場合は、確定申告書が用意できません。


この場合、審査の評価がかなり落ちることになります。

事業を行って1年未満での申し込みは不可能ではありませんが、それなりに厳しい審査になることは、覚悟しておいたほうがいいでしょう。



個人事業主がカードローン申し込みの前に知っておきたいことは?

利用目的は生活費が良いかも・・

「個人事業主でも利用可能な大手カードローン」でも見た通り、銀行カードローンでは事業性資金としてのキャッシングはできません。

消費者金融なら資金使途が自由な会社が多いですが、それでも資金使途を「事業資金」と申告したら、それなりに審査が厳しくなります。


こうした点も考えると、個人事業主の人は、利用目的は生活費として申告するのが良いかもしれません。

なおカードローンでは、融資したお金をどのように利用しているかまでは、チェックされません。


ただ万が一、生活費と申告して借りたお金を事業性資金に利用しているのがバレたら、一括返済を求められる可能性もあります。

カードローンで借り入れたお金は、素直に生活費のみに利用するようにしましょう。

借入希望額は50万以下がよいかも

収入証明書の提出義務は?」でも説明した通り、借入希望額が50万円を超えると、収入証明書の提出が必要となります。

提出する書類が1つ増えると、その分だけ手間も増えますし、書類不備で審査落ちになる可能性も高まります。


どうしても50万円超のお金が必要なら仕方ありませんが、そうでない場合は借入希望額は50万円以下に抑えておいたほうが良いかもしれません。

借入希望額が多すぎるという理由だけで審査落ちすることはありませんが、審査が余計に時間が掛かる恐れはあります。

必要書類は?事業証明書を求められる場合あり

自営業者のカードローン審査の必要書類は?

個人事業主に限らず、カードローンに申し込む場合は、本人確認書類の提出は必須です。

本人確認書類としては、運転免許証が優先されることが多いですが、運転免許証を持っていなければパスポートや健康保険証でも大丈夫です。


これに加えて個人事業主は、事業証明書を提出しなければならない場合もあります。

事業証明書とは、営業許可証や受注書など、事業を行っている事を証明できる書類です。


どういう場面で事業証明書を求められるかは、カードローン会社の審査担当者の判断によりますので、審査が始まってみないとハッキリとしたことは分かりません。


さらに審査の内容次第では、50万円以下の借り入れでも収入証明書の提出を求められる場合があります。

こちらも、どういう場面で提出を求められるかは、審査担当者の判断によります。


急に事業証明書や収入証明書の提出を求められても、対応が難しいかもしれません。

ですので、余力のある人は前もって準備しておくとよいでしょう。

高額借入れを希望するならビジネスローンも検討

消費者金融カードローンを利用する場合、総量規制がネックになる場合もあります。

総量規制では、年収の3分の1の金額までしか融資を受けられないので、収入が低い場合には希望している金額を借り入れ(資金調達)できません。


そのような場合には、ビジネスローンの利用を検討するといいでしょう。

ビジネスローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える金額の借り入れも行えます。

ただし収入が低いと審査は厳しくなりますが。

ビジネスローン 金利(年率) 借入限度額
アイフル 事業サポートプラン 3-18% 500万円
アコム ビジネスサポートローン 12.0%~18.0% 300万円
プロミス 自営者カードローン 6.3%~17.8% 300万円
オリコ CREST for Biz 6.0%~18.0% 300万円(初回は100万円)

上の表が、大手の金融会社で提供しているビジネスローンです。

注意点として、どの会社も確定申告書の提出を義務づけています。

つまり、最低1期は事業の実績がないと、融資を受けられないということです。


銀行系ではないので最短即日での借り入れも可能ですが、通常の消費者金融に較べても審査が厳しめなのは、事前に覚悟しておいた方がよいでしょう。

提出書類は必要最低限にして借入をしたい、ということでしたら、消費者金融カードローンで50万円以下で借入れ申し込みをした方がよいかもしれません。

ビジネスローンでは確定申告書が必須なので、用意が難しい人は消費者金融の方がよいかもしれません。



個人事業主(自営業者)におすすめのカードローンは?

上では、自営業者がカードローンの申し込みをする際の注意点について解説します。

これを踏まえた上で、個人事業主におすすめのカードローンを紹介します。

プロミス

プロミス

一押しはプロミスです。

自宅(兼事務所)に固定電話がなくても審査に応じてもらえる、数少ないカードローンの1社です。

対応する契約機の台数は業界No.1で、即日融資にも対応する、最も使い勝手のよいカードローンと言えます。

ただ、事業資金としての借入れは不可なので、生活費で申し込むと良いでしょう。

 プロミスの申込・即日融資の方法を紹介します

アコム

アコム

CMでもおなじみ、消費者金融大手のアコムです。

資金使途が自由なこと、対応する契約機が多いことなどが魅力です。

また即日融資にも対応しています。

 初めてのアコム!借り入れの注意点は?



以上、自営業(個人事業主)のカードローン審査で知っておきたいことについて解説しました。

自営業は、収入が不安定になりがちなこと、商売の継続が簡単でないなど、会社員とは別の厳しさがあります(中小企業白書によると、自営業者の3年以内の廃業率は6割を超えます)。


さらに個人事業主は、事務所と自宅を兼ねている場合が多く、在籍確認の審査を難しくしています。

こうした事情もあり、自営業者のカードローン審査は独特の厳しさがあると、上で紹介しました。

それでもカードローンで借り入れをしたいという個人事業主の方は、上で紹介した対処法をよく読んでもらえればと思います。


この記事のまとめ

  • カードローンを利用している自営業者は全体の10%
  • 収入や事業の不安定さゆえに、自営業者のカードローン審査は厳しい
  • 事務所(自宅)に固定電話がないと、審査に通らない場合が多い
  • 借り入れの利用目的は、「生活費」として申請するのがよいかも
  • 本人確認書類・収入証明書以外に事業証明書が必要な場合もある

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング

    消費者金融ランキング

    女性向けカードローン

    消費者金融で即日融資

体験レポ(実際に借りてみた)