消費者金融の信用情報・借金履歴はいつまで残る?

消費者金融でお金を借りると、借入や取引の履歴が残ります。

その履歴はいつまで残るものなのか、気になる方も少なくないはずです

ここでは、消費者金融で借入した履歴はどこに残るのか、その履歴はいつまで残るのか詳しく説明します。



消費者金融からの借金履歴はどこに残る?

消費者金融からの借金履歴はどこに残る?

キャッシングの取引履歴は「信用情報機関」が収集管理しています。

信用情報機関とは、個人や企業が金融機関から借入をした金額や返済状況などの情報を集めて、管理している団体です。

なおここでいうキャッシングとは、消費者金融だけでなく銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング取引も含みます。

以下のように、日本には3つの信用情報機関があります。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

銀行や信用金庫といった銀行系の金融機関が加盟している信用情報機関です。

銀行カードローンや住宅ローンの情報などを収集管理しています。

JICC(日本信用情報機構)

消費者金融の各社が、共同で運営する信用情報機関です。

消費者金融の他に、信販会社やカード会社、保証会社などの信用情報を保有しています。

CIC(株式会社シー・アイ・シー)

クレジット会社が共同出資して成立された信用情報機関です。

クレジットカード会社、リース会社の他、消費者金融の信用情報を扱っています。


消費者金融は、この3つの信用情報機関の情報を活用し、キャッシング審査を行っています。


つまり、あなたが消費者金融の一社に借入申込みをすると、その消費者金融は他社の借入情報はもちろん、銀行やクレジットカードの借入記録を、信用情報機関を通じて入手することができるということです。


よく「消費者金融にウソの申告をしてもバレる」と言われていますが、この信用情報機関の存在が大きいのは確かです。

<関連記事>:カードローン審査で嘘をつくのは危険?


消費者金融の信用情報(取引履歴)、いつまで残る?

消費者金融の信用情報(取引履歴)、いつまで残る?

信用情報機関が収集した取引履歴は一定の期間内、データとして保管されます。

信用情報機関に加盟している消費者金融業者は、そのデータを照会することができるので、個人の借入や返済状況などが履歴で知ることができます。

借入の申込み履歴

消費者金融に借入申込みをするだけでも、信用情報機関に記録されます。

借入申込みの情報は、6ヶ月間保管されます。

借入の取引履歴

消費者金融から借入をした場合、この取引情報や返済状況は5年間保管されます。

この保管期間は、取引を開始してから5年間ではなく、取引が終了してから5年間となります。


完済しても契約を解約しない限り情報は残っているので、消費者金融との取引記録を早めに消したい方は、完済できたらすぐに消費者金融の契約を解約するようにしましょう。

返済の延滞履歴

返済の延滞があった場合、CICとKSCは取引終了後から5年間、JICCは1年間、信用情報機関に情報が保管されます。

ここで注意点があります。

消費者金融を管轄するJICCなら1年間しか履歴が残らなので、消費者金融の取引記録が1年で消えると勘違いする方がいます。


しかし、消費者金融業者は全ての情報を信用情報機関で取得しているので、JICCに履歴が残っていなくてもCICやKSCから情報を得ることができます。


ですので、消費者金融の延滞履歴は5年間残っていると考えておいた方が良いでしょう。

信用情報機関で保管される期間を、以下で分かりやすく表にしてみました。

KSC
(全国銀行個人信用情報センター)
JICC
(日本信用情報機構)
CIC
(株式会社シー・アイ・シー)
主な担当 銀行カードローン 消費者金融 クレジットカード会社
申込み情報 6ヶ月間 6ヶ月間 6ヶ月間
取引情報 5年間 5年間 5年間
返済情報 5年間 5年間 5年間
延滞情報 5年間 1年間 5年間

完済しても履歴は残る?

完済したとしても、5年間は信用情報機関に履歴が残ります。

たとえ、消費者金融の契約を解約したとしても、すぐに信用情報が消える訳ではありません。

信用情報機関から履歴が消えるのは、借入の返済が完済してから5年間となります。



消費者金融の取引履歴が残っている期間は要注意!

消費者金融の取引履歴が残っている期間は要注意!

上で見てきたように、消費者金融から借入を行うと、取引終了までの履歴は信用情報機関にデータとして残されます。

では、履歴が残っている期間中は、どのような点に気を付けるべきなのでしょうか?

申込みブラックに注意

「申込みブラック」とは、短期間で複数の消費者金融で申込みをして、一定の期間審査に通らなくなる状態のことを言います。

上でも書きましたが、借入申込みの履歴は6ヶ月保管されます。

短期間に何社も申込みをしていると、審査に落ちて融資を断られる場合があります。


なぜ審査に落ちてしまうのかと言いますと、貸金業者から見ると、複数の会社に借入申込みをしている人は「かなりお金に困っている」と判断されてしまうからです。

同時に申込みをする場合は、最低2社にしておいてください。


申し込みブラックにならずにキャッシングをしたいなら、借入申込みは1社に絞り、審査の結果が出てから次の会社に申込みようにしましょう。

とはいえ、消費者金融への申込履歴は6ヶ月間残っているので、新しく借入したい場合は、履歴が消える6ヶ月以降にすると良いでしょう。

自動車ローンの申込みに注意

消費者金融から借入があると、自動車ローンの審査に影響する可能性があります。

過去に数回利用した程度でしたら、そこまで審査に影響はないかもしれません。

しかし、現在もかなりの借入があったり、返済が遅れたなどの履歴が残っていると、審査は不利になります。


借金の完済が完了している場合は、審査への影響はほとんどないと考えても良いでしょう。

ただし、信用情報機関に履歴が残るので、過去5年間に延滞や債務整理などがあると、審査は厳しいと思って下さい。

住宅ローンの申込みに注意

住宅ローンは融資金額が大きいため、消費者金融からの借入は審査担当者の印象を悪くすると言われています。

消費者金融から借入をして返済中の場合、住宅ローン審査に通らない可能性が高いです。


理由は、他社から借金をしているということは、経済的に不安定と判断されるからです。

もちろん、住宅ローンの審査は金融機関によって違うので、絶対に審査に通らないとは言い切れません。

とはいえ、審査に影響があることには間違いないので、注意して下さい。

借金を完済していても審査に影響する可能性がある

すでに完済しているものの、過去に消費者金融を利用した経験のある方も注意すべき点があります。

完済してから消費者金融を利用してなくても、カードローン枠(いつでも借りれる状態なので)、住宅ローンの審査のマイナス要素になります。

住宅ローンを申し込む前に、消費者金融の契約を解約しておくことをオススメします。


消費者金融の借入・延滞履歴はいつまで残る?のまとめ

  • 消費者金融で借入や延滞があると取引履歴が残る
  • 取引履歴は信用情報機関が管理している
  • 借入申込み情報は6ヶ月間、取引情報や返済状況などは5年間履歴が残る
  • 申込み情報は6ヶ月間残るので、短期間に複数の会社に申込みをすると「申込みブラック」とみなされる
  • 住宅ローンを考えている方は、借金の完済ができたら消費者金融との契約を解約すること


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

ランキング
その他の消費者金融