【元銀行員が解説】収入証明書不要のカードローンを選ぶなら?

キャッシングを申し込むと、収入証明書の提出を求められる場合があります。

ですが収入証明書がすぐに用意できない場合や、少しでも早くお金を借りたい場合、できれば準備する手間を省きたいですよね。


実は一定の条件を満たしていれば、収入証明書がなくても利用することが可能です(詳しくは、「収入証明なしでカードローンを利用する条件」)。

今回は、収入証明書なしでカードローンを利用する条件や、おすすめのカードローンについて解説します。


なぜカードローン会社は収入証明を要求するの?

カードローンを利用する上で、なぜ収入証明書が必要になるのでしょうか。

まずはその疑問にお答えしたいと思います。

収入証明書って何?

収入証明書とは?

そもそも「収入証明書」とは、どんな書類なのでしょうか?


実は「収入証明書」という名前の書類があるわけではなく、自分の収入を証明できる書類を何種類かまとめてそのように呼んでいます

収入証明書として使える書類には、次のようなものがあります。


<源泉徴収票>
年末年始に配布される書類で、1年間の給与や社会保険料、所得税などの情報をまとめたものです。

これがあれば給与年収がすぐ分かるのですが、もし見つからない場合には会社で再発行してもらえます。

ただし、再発行には時間がかかることもあるので、見つからなければ早めに再発行のお願いをしておきましょう。


<給与明細書>
勤務先から毎月配布される書類で、勤務日数や給料などの情報をまとめたものです。

ひと月の収入が分かれば、年収がおよそどのくらいか把握することができます。


恐らく給与明細書なら手元に残しているという人も多く、収入証明書の中では比較的準備しやすい書類でしょう。

ただしカードローン会社によっては、直近何ヶ月分かの給与明細書を提出しないといけない場合もあるので気を付けてください。


<確定申告書>
個人事業主の方や、給与を二ヵ所以上から持っている会社員の方などが、税務署に提出する書類です。

収入・必要経費・所得・税金などを記載する必要があり、これがあれば前年の所得を確認できます。

<外部の関連サイト>:所得税(確定申告書等作成コーナー)|国税庁


<課税証明書>
給与明細書や源泉徴収票をなくしてしまった人、自営業の人などは、課税証明書を収入証明書として利用することができます。

課税証明書は一年間にかかる住民税を証明するための書類で、役所に行って発行してもらうことになります。


その他、納税証明書なども収入証明書として利用可能です。

<関連記事>:キャッシングの申込みから借入れまでの流れ

サラリーマン・OLの方なら、源泉徴収票を提出すれば問題ありません。

申し込み者の年収を確認するため

どこのカードローン会社でも、申し込み者の条件に「安定収入があること」を挙げています。

申し込み者に安定した収入がなければ、お金を借りても返済できない可能性が高いですよね。


カードローン会社としても、延滞や滞納をされたり、自己破産されたりすると困るわけですから、きちんと返済してくれる人に融資したいと考えます。

そこで出てくるのが、収入証明書です。年収を把握することで、その人の返済能力をある程度把握することができます。


簡単に言えば、ローンを返せるだけの収入があるのかをチェックしているのです。

<関連記事>:審査なしのカードローンってあるの?

消費者金融は収入証明書の確認義務がある

消費者金融は収入証明書の確認義務がある

平成22年から貸金業法の内容が大きく変わり、多重債務に陥ってしまう人を減らすため、過剰借り入れを防ぐ仕組みが導入されました。

その一つとして、一定額を超えるキャッシング利用者に収入証明書を提出させるよう、貸金業法で定められました(第13条第3項)。

貸金業法第13条第3項
貸金業者は、前項の場合において、次の各号に掲げる場合のいずれかに該当するときは、第一項の規定による調査を行うに際し、資金需要者である個人の顧客(以下この節において「個人顧客」という。)から源泉徴収票(所得税法(昭和四十年法律第三十三号)第二百二十六条第一項に規定する源泉徴収票をいう。以下この項及び第十三条の三第三項において同じ。)その他の当該個人顧客の収入又は収益その他の資力を明らかにする事項を記載し、又は記録した書面又は電磁的記録として内閣府令で定めるものの提出又は提供を受けなければならない。ただし、貸金業者が既に当該個人顧客の源泉徴収票その他の当該個人顧客の収入又は収益その他の資力を明らかにする事項を記載し、又は記録した書面又は電磁的記録として内閣府令で定めるものの提出又は提供を受けている場合は、この限りでない。



具体的には以下の場合のどちらかで、キャッシング利用者に収入証明書の提出義務が発生します。

・1社から50万円を超える借り入れ

・他社との借り入れ残高の合計が100万を超える



この提出義務は、貸金業者との取引で発生します。

つまり消費者金融をはじめ、クレジットカード会社・信販会社からの借入では、一定以上の借入で収入証明書の提出義務が出てきます。


なお銀行は、貸金業法が適用されません(代わりに「銀行法」が適用されます)。

ですので銀行カードローンでは、50万円を超える借入でも、収入証明書を提出する法的な義務はありません。


ただ最近は銀行カードローンの審査が厳しくなっており、貸金業法と同じ基準で収入証明書が求められるケースが多いです。

<外部の関連サイト>:貸金業法のキホン:金融庁

貸金業法について手早く知りたい人は、「貸金業法とは?分かりやすく解説!」をご覧下さい



カードローン会社が収入証明を要求する条件は?

カードローン会社の条件を紹介!

以下は、大手カードローン会社の収入証明を要求する条件について、まとめた表です。

カードローン会社 収入証明書が必要になる条件
プロミス 借入希望額が50万円を超えるか、他社との借り入れ合計が100万円を超える
SMBCモビット 借入金額に関係なく必要
アコム 借入希望額が50万円を超えるか、他社との借り入れ合計が100万円を超える
アイフル 借入希望額が50万円を超えるか、他社との借り入れ合計が100万円を超える
三井住友銀行カードローン 借入希望額が50万円を超える
バンクイック 借入希望額が50万円を超える
みずほ銀行カードローン 借入希望額が50万円を超える
オリックス銀行カードローン 借入希望額が50万円を超える

まず注目したいのは、SMBCモビットです。

SMBCモビットはWeb完結申込なら、勤務先に電話が来ないなど魅力が大きいです。

その代わり、ちゃんと安定した収入があることを証明するために、借入金額に関係なく収入証明書を提出する必要があります。

借入(希望額)が50万円超なら絶対

借入(希望額)が50万円超なら絶対

先ほどの表から分かる通り、どのカードローンでも、借入希望額が50万円を超えている場合は収入証明書が必要です。


また先ほど説明した通り、消費者金融は貸金業法の対象です。

他社との合計借入金額が100万円を超える場合でも、収入証明書が必要になります。


なお銀行カードローンは貸金業法の対象ではありませんが、50万円を超える場合には収入証明書を要求する銀行が増えたのは、先に書いた通りです。

<関連記事>:お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン

以前は年収と同程度の貸出をする地方銀行カードローンもあり、大きな社会問題となっていました。

信用力が低い人、収入が不安定な人(自営業とか)は厳しい

借入希望額が50万円より少なくても、信用力の低い人は収入証明書の提出を求められる場合があります。


たとえばオリックス銀行カードローンは、「審査の結果、ご利用限度額が50万円以下の場合でも所得証明書類のご提出をお願いする場合があります」と公式サイトに明記しています。


他社サイトはここまでハッキリ明示していませんが、審査段階で担当者が必要と判断されたら、借入希望金額に関係なく、収入証明書の提出を要求されます。

また申し込み者が自営業をしている場合、借入希望額に関係なく収入証明書の提出を求められることが多いです。

<関連記事>:自営業(個人事業主)がカードローン審査で知っておきたいこと

収入証明なしでカードローンを利用する条件

以上の説明から、収入証明なしでカードローンを利用する条件は以下だと分かります。


・借入希望額を50万円で申し込みをすること

・他社との借り入れ合計が100万円以下にすること

・最低限の信用力があること

・自営業以外の人



上の条件を一つでも満たしてない人は、カードローン審査時に収入証明を要求されると思ってください。

「最低限の信用力」についてはカードローン各社で基準が違いますが、年収200万以下の人は、念のため収入証明を用意した方がよいかもしれません。

週5日で普通に働いてる人なら問題ないと思いますが、不安なら念のため収入証明書を用意した方がよいかもしれません



収入証明不要カードローン、選ぶならどこ?

収入証明不要カードローン、選ぶならどこ?

ねらい目は銀行よりも消費者金融

収入証明書なしでカードローンを利用したい場合、以前なら提出義務のゆるい銀行カードローンの方が優位にありました。

しかし先ほどお伝えしたように、銀行カードローンも消費者金融と同じく50万円を超える場合には収入証明書が必要になっています。


収入証明が必要になる条件が同じなら、審査の厳しい銀行カードローンよりも、消費者金融の方が狙い目だと言えるでしょう。

ここではオススメのカードローンを、2つ紹介したいと思います。

プロミス

プロミス

最短30分で審査、最短1時間で融資可能なのが、プロミスの魅力です。

即日融資希望で、それもできるだけ早いほうが良い、という人には特にオススメです。


また、初めての人は30日間利息0円というのも嬉しいですね。

学生や主婦でも、アルバイトやパートなどで安定収入があれば利用できます。

 プロミスの申込・即日融資の方法を紹介します

アコム

アコム

アコムなら24時間いつでもインターネットから申し込みができ、土日祝日でも21時までは当日審査に対応しています。

審査や融資がスピーディなので、できるだけ早くお金を借りたいという人にオススメです。


また、カードローンを初めて申し込む人専用のフリーコールがあったり、最大30日間無利息で利用できたり、初めての人でも利用しやすいのがアコムの特徴です。

 初めてのアコム!借り入れの注意点は?


このように、カードローン会社によって多少の違いはあるものの、条件を満たしていれば収入証明書を提出しなくても利用することが可能です。

どうしても書類を準備する手間を省きたいという人は、借り入れ希望額をうまく調整してみるのが良さそうです。

この記事のまとめ

  • カードローン会社は収入証明書を見て、その人の返済能力を判断している
  • カードローンの借入希望額が50万を超える場合は、必ず収入証明書の提出が必要になる
  • 銀行カードローンは過剰融資が社会問題となり、収入証明の提出義務が厳しくなった
  • 借入希望額が50万円以下でも、信用力の低い人や自営業の人は提出を求められることもある
  • 収入証明書なしで利用するなら、銀行カードローンよりも消費者金融がオススメ

 元銀行員が選ぶ!消費者金融ランキング


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


人気の消費者金融は?