信用金庫・信用組合とは?元銀行員がわかりやすく解説します!

「信用金庫」や「信用組合」を街中で見かけることは多いですが、どんな組織か理解してる人は少ないと思います。

銀行に近い組織と考える人は多いはずですが、銀行とは役割が全く異なります。


ここでは、信用金庫・信用組合のキホンや、銀行との違いなどについて見ていきます。


信用金庫・信用組合って何?

信用金庫・信用組合とは?

「信用金庫」とは、地域の人々が会員となり、その地域の相互扶助を目的とした非営利の金融機関です。

一方の「信用組合」とは、中小企業や個人などが組合員になり、組合員の相互扶助を目的とした非営利の金融機関です。


若干の違いはありますが、どちらも非営利の協同組織であり、会員や地域社会の利益を優先する点が共通しています。

機関に出資した人を信用金庫では「会員」、信用組合では「組合員」と呼びます

信用金庫・信用組合の経営理念

信用金庫は信用金庫法を元に設立され、「国民大衆のために金融の円滑化を図り、その貯蓄の増強に資する」という経営理念を掲げています。

地域の相互扶助を第一に考えており、以下の3つのビジョンを掲げています。

    ・地域社会貢献への奉仕
    ・中小企業の健全な発展
    ・豊かな国民生活の実現


<外部の関連サイト>:信用金庫のビジョン|全国信用金庫協会


一方の信用組合は協金法を元に設立され、「組合員の相互扶助を目的とし、組合員の経済的地位の向上を図る」という経営理念を掲げています。

信用組合は組合員のコミュニティによって、以下の3つに分類されます。


・地域信用組合
信用組合の営業地域内の事業者、個人で構成される

・業域信用組合
特定業種の関係者で構成される(医師、出版業など)

・職域信用組合
同じ職場の従業員で構成される(地方自治体や鉄道会社)


営利目的ではなく、コミュニティ内の相互扶助を第一に考え、運営されています。

<外部の関連サイト>:理念-VISION|全国信用協同組合連合会

利用には会員(組合員)資格が必要

信用金庫・信用組合を利用するためには、会員(信用組合は「組合員」)になる必要があります。

会員(組合員)になるには、以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。

    ・営業地域に居住している人
    ・営業地域に勤務している人
    ・営業地域で事業をしている人(条件あり)



ただし3つ目の事業者に関しては、信用金庫・信用組合ともに、以下のような細かい条件があります。

信用金庫 信用組合
事業者の会員
(組合員)資格
従業員300人以下
または資本金9億円以下
従業員300人以下
または資本金3億円以下
(卸売業は100人または1億円、
小売業は50人または1億円
サービス業は100人または5千万円)


資格条件を満たしている場合、出資をすると会員(組合員)になれます。

出資金は1万円からであることが多く、追加出資も可能です。


この出資金は機関を脱退する時に返還されます。

非営利組織なので利益が出た時は、出資金に応じて会員(組合員)に配当金が支払われます

信用金庫・信用組合の業務内容

信用金庫・信用組合の基本業務は、普通銀行と同じく「預金業務」「貸付業務」「為替業務」の3つです。

基本業務は会員(組合員)以外に対しても行っていますが、一部制限があります。


会員(組合員)以外への貸付は、信用金庫・信用組合ともに行っていません

預金については、信用金庫は会員以外でも利用できますが、信用組合は原則として組合員でないと利用できません。


地域やコミュニティの相互扶助を目的としているので、基本的には会員(組合員)に限定して業務を行っています。

信用金庫と信用組合の違い・まとめ

かなり似ている信用金庫と信用組合ですが、いくつかある違いを以下の表にまとめました。

信用金庫 信用組合
根拠法 信用金庫法 協金法
分類 特になし 地域信用組合
業域信用組合
職域信用組合
事業者の会員
(組合員)資格
従業員300人以下
または資本金9億円以下
従業員300人以下または
資本金3億円以下(職種別条件あり)
会員(組合員)以外の預金 対応 原則として非対応

<出典>:信用金庫と信用組合・銀行の違い|北おおさか信用金庫


信用組合はコミュニティ別に3つに分類されており、資本金の上限も信用金庫よりも低くなっています。

信用組合の方がより小規模で、出資者ベースの組織であると言えます。

組合員以外の預金に対応していないことからも、信用組合がより出資者ベースの組織だとわかります



信用金庫・信用組合と銀行との違いは?

銀行は営利組織、信用金庫・信用組合は非営利組織

最大の違いは、銀行は営利企業であり、信用金庫・信用組合は非営利組織であるということです。

銀行は株主の利益を第一に追求する、銀行法を根拠にした「株式会社組織」です。

そのために銀行は、より利益が出るような金融商品やサービスを提供する傾向があります。


一方の信用金庫・信用組合は、地域やコミュニティの相互扶助を目的とした「協同組合組織」です。

営業地域や融資先に制限があるため、銀行のように巨額のお金を動かすことはできません。


あくまでも「地域・コミュニティのための金融機関」であり、地域に密着したきめ細かなサービスを提供しています。

<関連記事>:信託銀行とは?元銀行員がわかりやすく解説します!

信金・信組は会員資格が必要で、取引制限がある

銀行は顧客の対象に制限がなく、原則誰でも利用できます。

信用金庫・信用組合は協同組合組織なので、会員(組合員)になる必要があります。


また貸付・預金に関しても、銀行は制限がありません。

一方の信用金庫・信用組合は、原則として会員(組合員)でないと貸付ができません。


預金については、信用金庫であれば制限はないですが、信用組合では原則として組合員でないと利用できません。

会員(組合員)の相互扶助を目的としているので、会員(組合員)以外の利用には一定の制限があります

対応するエリアの規模が異なる

銀行が幅広い地域に展開しているのに対して、信用金庫・信用組合は一定のエリアに限定しています。

これは地域・コミュニティの相互扶助という、信用金庫・信用組合の理念に基づいているためです。


全国展開か地域密着型かという点が、大きな違いです。

存在意義が疑われている、信用金庫・信用組合

以下は信用金庫・信用組合・銀行について、店舗数・預金額・貸付額をまとめた表です。

信用金庫 信用組合 銀行
店舗数 6,800 1,660 13,524
預金額(億円) 1,436,613 207,742 7,557,812
貸付額(億円) 711,944 113,969 5,036,293

(信用金庫は2019年5月、信用組合は2018年12月、銀行は預金額・貸付額が2019年9月、店舗数が2018年9月のデータ)

<出典>:科目別貸出金|信金中金 地域・中小企業研究所(一部のみ。他リンクはページの最後に記載)


表から読み取れるように、信用金庫・信用組合は銀行に比べて規模が非常に小さいです。

信用金庫・信用組合の基本業務は、銀行でもカバーできるため、その存在意義が疑われつつあります。

これは「日本には金融機関の数が多すぎる」という、いわゆるオーバーバンキング問題にも関係してきます。


加えて2013年4月に始まった、日銀による量的・質的金融緩和(いわゆる「異次元緩和」)により、金融機関による貸出金利の利ザヤが縮小していきました。

これによりメガバンクのみならず、地銀や信金・信組の経営体力は奪われ、収益力が大きく低下しています。


こうした事情も相まって、地方の信用金庫では店舗閉鎖が相次いでいます。

たとえばしずおか焼津信用金庫は、70ヶ所ある店舗を統廃合し、支店数を2割減らす計画的を発表しています(2019年10月時点)。

<外部の関連サイト>:信金の店舗閉鎖ペースが加速|日本経済新聞

信用金庫・信用組合は収益力の低下により、人件費などの経営負担に悩まされています



信用金庫・信用組合を利用するメリット・デメリットは?

メリット1:小規模の会社でも相手にしてくれる

個人や中小企業にとって、メガバンクの融資審査はハードルが高いです。

営利組織なので、小規模の融資には消極的な傾向があります。


ですが信用金庫・信用組合では、個人や中小企業でもしっかりと対応してくれます。

相互扶助が第一ですので、機関側から定期訪問やヒアリングをしてくれて、前向きに融資を検討してくれます。


融資を希望する場合は、給与振込先に指定したり、定期預金をするなどして、早めに関係を築いておくのが良いでしょう。

<関連記事>:ビジネスローンとは?借り入れで悩んでる中小企業は必見!

信用金庫・信用組合は、何でも親身に相談に乗ってくれます

メリット2:貸し渋り・貸しはがしリスクが少ない

銀行の融資姿勢に対する皮肉として、「雨の日に傘をとりあげる」という言葉があります。

銀行は営利企業なので、景気が悪くなったり事業が上手くいっていないと、融資を断ったり返済を強要する場合があるのです(いわゆる「貸しはがし」です)。


信用金庫・信用組合の場合は、銀行だとためらう場面でも、長期的な視点から支援を継続してくれることが多いです。

リスクが少なく安定した付き合いができるのが、信用金庫・信用組合の魅力です。

メリット3:良い金融商品があることも

信用金庫・信用組合では、会員(組合員)専用のお得な金融商品などがある場合があります。

もちろん良い商品が確実にあるとは限りませんが、特に「定期積金」がおすすめです。


定期積金とは、定期的にお金を預けて、満期になると払い戻しを受ける金融商品です。

元金に利子がついて払い戻されるのですが、良い金利であることが多いです。


信用金庫・信用組合との信頼関係を築くという意味でも、非常に使いやすい金融商品です。

メガバンクなどと比較した上で、ぜひ利用してみてください

デメリット1:貸付金利が比較的高い

デメリットとして、貸付金利が平均でメガバンクより1%、地方銀行より0.5%高いことが挙げられます。

これは信用金庫・信用組合の取り扱う融資が、少額であることが原因です。


信用金庫・信用組合のサービスは手厚いですが、その分営業マンが融資先を定期的に訪問しなくてはなりません。

少額の取引を数多くこなすため効率が上がらず、どうしても人件費などのコストがかかってしまい、それが金利に上乗せされているのです。

<関連記事>:消費者金融の金利・利息はどのくらい?

デメリット2:融資の規模に限界がある

銀行に比べて預金額が少ないので、融資にまわせる原資も乏しいです。

元々が中小企業を相手にしているため融資の規模も小さく、大規模な資金調達には向きません。


事業が成長してくると、信用金庫・信用組合の融資額では満足できなくなる可能性が出てきます。

多額の融資であれば、やはりメガバンクの方が向いているでしょう。

信用金庫・信用組合は安定しているので、保険的な資金調達として利用するのも一つの手です

ここまで信用金庫・信用組合のキホンや、銀行との違いについて見てきました。

特に個人や中小企業であれば、かなり役立つ金融組織です。


メリット・デメリットも踏まえた上で、ぜひ利用を検討してみてください。

この記事のまとめ

  • 信用金庫・信用組合は、地域やコミュニティの相互扶助を目的とした非営利の金融機関
  • 営業地域に居住・勤務している人に、会員(組合員)資格がある
  • 銀行と業務内容は同じだが、営利を目的としない協同組合組織
  • 個人や中小企業に対して、小規模の融資を行っている
  • 金利が若干高く、大規模な資金調達には向かない


<銀行と信組・信金の比較表、その他出典>
預金種類別預金|信金中金 地域・中小企業研究所

店舗数、会員数、常勤役職員数|信金中金 地域・中小企業研究所

信用組合業界概要|全国信用組合中央協会

全国銀行預金・貸付金等速報|全国銀行協会

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング

    消費者金融ランキング

    女性向けカードローン

    消費者金融で即日融資

体験レポ(実際に借りてみた)