【要チェック!】生活保護を受けていてもキャッシングできる?

生活保護を受けている人は、もともとお金に余裕がありません。

そのため、予想外の出費があると、お金が工面できず非常に困った状況に陥りがちです。


そんな時、急いでお金を借りる方法として「キャッシングの利用」を考えたことはありませんか?

ここでは、生活保護受給者がカードローンに申し込んで、キャッシングすることが可能か見ていきます。


生活保護を受けていても、キャッシングは可能?

生活保護,キャッシング

結論から言えば、生活保護を受けている期間中にキャッシングすることはできません

ここでは、生活保護受給者がカードローン(キャッシング)を利用できない理由を見ていきます。

生活保護受給中のキャッシングは違法行為!

生活保護費は「生活するお金に困っている人」に給付されています。

カードローンでキャッシングをすれば、当然、返済の義務が生じます。

ですが生活保護費を受給している人は、お金に困っていることが多いです。

返済にも苦労することになるため、生活保護者がキャッシングをすることは法律で禁止されています

<関連記事>:【元銀行員が教える!】お金がない時の乗り切り方は?


ただし厳密に言えば、法律そのものにハッキリと「キャッシングの利用・返済を行ってはいけない」と明示されている訳ではありません。

一方で生活保護受給者は、「お金を無駄遣いせず、生活を維持するよう節約に務めること」が生活保護法(第60条)によって定められいます。

この条件を満たしていない場合は「違法」とみなされると解釈できます。


このことから、キャッシングで借金を作ることも当然許されないということが分かります。

生活保護を受けている期間中は、旅行や贅沢品の購入はもちろん、貯金や車を維持・運転することも禁止されているほどの厳しい制約があります。

同様に、給付された生活保護費を“借金の返済”にあてることも無駄遣いに該当するため、この行為は「規定違反」と言えます。

<生活保護法 関連サイト>:電子政府の総合窓口 e-Gov 生活保護法 第60条 生活上の義務

法律以前の問題で、生活保護受給者には「安定収入」が無い

上では、生活保護受給者がキャッシングを利用できない理由が生活保護法にあることを書きました。

しかし、生活保護を受けている人がキャッシングを利用できない理由は、他にもあります。


カードローンの申込条件の1つには「安定収入があること」というものがあり、これは必ず満たしていなければ申し込みができません。

生活保護費は毎月支給されますが、「安定収入」とはみなされません。

このため、安定収入がない生活保護受給者の場合、カードローン会社の審査に通過するのは事実上無理なのです。

<関連記事>:【絶対チェック!】消費者金融の審査基準について


生活保護を受けていても、何とかしてキャッシングする方法はない?

生活保護を受けている場合、キャッシングを利用できないことは分かりました。

それでも何とかしてカードローンが利用できる方法はないのか、と考える方もいるかもしれません。

ここでは、生活保護を受けている人は、一体どうすればキャッシングを利用できるのかを見ていきます。

生活保護を受けながら借金できる方法は無い

繰り返しますが、生活保護法には明確に「カードローンを利用してはいけない」という記載がある訳ではありません。

しかし、カードローン会社側も貸金業を営むうえで重要な法律(生活保護法を含む)は熟知しているため、生活保護受給者に融資を行うことは違法だと認識しています。


このため、生活保護を受けながらキャッシングすることはできません

そもそも生活保護受給者には「安定収入」がないので、カードローンの審査には通りません。


この点に関し、何か「裏ワザ」があると考える人もいるかもしれませんが、残念ながら、生活保護を受けている人がキャッシングできるような方法は存在しません。

生活保護が必要なくなれば利用できる可能性はある

もし生活保護費の受給をやめることができ、さらに、安定収入を得ることができれば、カードローンの利用ができる可能性は十分にあります


仕事を見つけて働き始め、「生活保護の受給をやめてからも」「働き始めてからも」半年以上が過ぎている、というような状況であれば、カードローンの審査に通れる場合があります。

どうしてもキャッシングを利用したい場合は、このようにすれば融資を受けられる可能性があります。

「生活保護でも貸します」という誘いには乗らないこと

生活保護を受給する人の中には、短期間だけ生活保護を受けて、その後すぐに生活保護が必要ない生活に戻ることができる人もいます。

しかし一方で、生活保護を受けるに至った理由が「病気で思うように働けない」という理由だったり、「高齢のためどこも雇ってくれない」という理由であれば、生活保護の受給をやめることは想像以上に難しいでしょう。


そんな時に、「生活保護を受けている人にも融資します」というような甘い条件を提示してくる会社を見かけても、絶対に利用してはいけません

まともな貸金業者であれば、十分な返済能力のない「生活保護受給者」にお金を貸すことはありません。


そのような状況でもお金を貸す業者といえば、「ヤミ金」しかありません。ヤミ金は、違法に営業し、法外に高い利息を要求する業者です。

一切の法律を守らずに営業しているため、もし利用した場合、高額な利息の請求以外に、どのようなことがあるかは、分かりません。

非常に危険なので、どんなにお金に困っていても、ヤミ金の利用だけは絶対に避けなくてはいけません。

<関連記事>:ヤミ金でお金を借りるリスクとは?体験談を紹介します


嘘をついてキャッシングを利用した場合、どうなるのか?



カードローンの申込では、身分証明書や収入証明書などの提出が必要です。

また、審査の段階で勤務先へ電話をかけて在籍確認を行うので、「嘘の申請」が通ることはまずありません。

しかし、万が一、ウソの情報で審査に通ってしまった場合、どのようなことが起きるのでしょうか?

ここでは、「嘘をついてカードローン(キャッシング)を利用した場合、どうなるのか」を見ていきます。

1.カードローン会社から訴えられる可能性がある

ウソの情報を使ってカードローンに申し込んだことがバレた場合、まず、カードローンを「強制解約」されます。

そのうえで、現時点で借りているお金の一括返済を求められます。


この情報は、「信用情報」に記載されるため、1社でも強制解約になったカードローンがあると、今後は新規でカードローンやクレジットカードの審査に通ることができなくなります。

また、すでに持っているクレジットカードや他社のカードローンも、決済や借り入れが行えなくなるケースもあります。


さらに、嘘の内容が悪質であると判断された場合などは、カードローン会社から「詐欺」として訴えられる可能性があります

裁判で負けた場合、多額の賠償金の支払い義務が生じるケースがあるため、嘘の情報を使った申し込みは何があっても行わないようにしましょう。

2.借金がバレると生活保護費の支給が止まる

生活保護を受けながらキャッシングを利用したり、その他にも贅沢とみなされる目的でお金を使ったことがバレた場合は、今後、一切の生活保護費の支給が止まります

また、「カードローンの審査を通過したという事実」から、実はそれなりの収入があり、生活保護の受給は不要だったのではないか、と疑いを持たれます。

この場合、「生活保護費を不正に受給していなかったか」お金の流れを調査される可能性があります。

<生活保護法 関連サイト>:電子政府の総合窓口 e-Gov 生活保護法 第26条 保護の停止及び廃止

3.不正受給とみなされれば罰金の支払い義務が生じる

調査の結果、「生活保護費を不正に受給していた」とみなされた場合、これまでに受け取った生活保護費をすべて返還することを求められます。

この時、単純にこれまで受給した生活保護費を全額返せば済むという訳ではなく、「受け取った金額の合計×最大で~1.4倍までの罰金」の支払い義務が生じます。


嘘をついたことによって信用を失うだけでなく、結果的には金銭面でも大きく損をすることとなるため、嘘をついてカードローンを利用することは絶対にやめるべきです。


生活保護を受けている人がお金に困ったら、どうすればいい?

生活保護を受給しているあいだは、カードローンでキャッシングすることはできないことがお分かりいただけたでしょうか?

とはいえ、お金に困っている現状があるのであれば、何か手は打たなければいけません。


ここでは、生活保護受給者がお金を借りるためには、どのような方法があるかを見ていきます。

家族・親戚から借りる

生活保護を受けているあいだは、できれば家族や親戚からお金を借りるのがよいでしょう

身近な人からお金を借りる場合、当然、「審査」がないのが生活保護受給者には最大のメリットと言えます。


生活保護を受けている期間中は、臨時収入が入った場合、ケースワーカーへ申告が必要なことは皆さんもご存知だと思います。

身近な人からお金を借りたり、もらった場合も同様で、「収入」としてケースワーカーに申告する必要があります。


生活保護受給者の場合、カードローンでキャッシングすることはもちろん、生活保護を受給する前から持っていたクレジットカードの「キャッシング枠」を利用することもやめておきましょう。

いくら生活保護を受給する前から持っていたものだとしても、これらの方法でお金を借りた場合、バレると生活保護費が差し止められる可能性が非常に高く、とても危険です。

年金受給者であれば、国の融資に申し込む手も

これまで生活保護を受けていた方の中には、65歳になって、「年金」を受給するようになった方もいるでしょう。

生活保護を受けている最中に利用できる融資はありませんが、年金を受け取っている段階であれば、「年金担保貸付制度」という国の融資に申し込むことが可能です。


年金担保貸付制度とは、国民年金などの公的年金を受給している人が自身の“年金を受け取る権利”を担保にして利用できる融資制度です。

対象者は「すでに年金の受給がスタートしている人」で、カードローンよりも低い金利でお金が借りられるメリットがあります。


一般的なカードローンの金利が約3%~18%であるのに対し、年金担保貸付制度の金利は、約1.76%~2.1%です。

ただし、あくまでも「融資」であるため、審査に通らなければ利用することはできません。

<年金担保貸付制度 関連サイト>:独立行政法人福祉医療機構 WAM 年金担保貸付事業


以上、生活保護受給者がキャッシングを利用できない理由と、お金を借りたい場合、どのようにしたらよいかを見てきました。

生活保護を受けているあいだは、家族や親戚などからお金を借りる以外の方法はありません。


どうしてもカードローンでキャッシングしたい場合は、まずは「生活保護を受けずに済む環境づくり」から準備を始める必要があります。

仕事を始めてすぐにカードローンの審査に通過することは難しいかもしれませんが、生活保護をやめて、1つの職場での勤務期間が半年、1年…と長くなってくると、カードローンの審査にも通りやすくなると思います。

この記事のまとめ

  • 生活保護受給者のカードローン(キャッシング)利用は不可
  • カードローン会社の審査に通らないのと、生活保護者のキャッシング自体が違法
  • 生活保護者がキャッシングすると、生活保護費の支給が止まる可能性が高い
  • 生活保護費を不正受給していた場合、受給額全額に最大1.4倍の罰金をプラスして返還を要求される
  • 「生活保護でも貸します」という業者は、ヤミ金。絶対に利用してはいけない
  • 生活保護費ではなく、公的年金を受け取っている場合は「年金担保貸付制度」に申込できる

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

ランキング
その他の消費者金融