【元銀行員が解説】高校生がお金を借りる方法は?

高校生になると遊びや部活などでお金を使う機会が増え、親からもらう小遣いやアルバイトの給料ではお金が足りないということもありますよね。

そんな時、旅行などで急にお金が必要な場面になったら、高校生は金融機関などからお金を借りることができるのでしょうか?


今回は高校生がお金を借りる方法について、紹介していきます。


高校生が金融機関からお金を借りることはできる?

高校生,キャッシング

結論から申し上げると、高校生はカードローンやクレジットカードといった金融業者から、お金を借りることができません。

結婚をしている場合や留年などで20歳を超えているという場合には借りられるケースもありますが、基本的に「借金」できない ようになっています。

カードローンの申し込みは基本的に20歳以上が条件

銀行や消費者金融系のカードローンは申し込み条件に20歳以上であることと明記されていることがほとんどであり、未成年はお金を借りることができません。

カードローンの中には学生ローンなどもあり、18歳から申し込みが可能となっている場合もあります。


しかし、18歳以上であっても大学生などを対象としており、高校生は不可となっているため、カードローンでお金を借りることはできません。

高校生でお金を借りたいという場合は、カードローン以外の手段を見つける必要があります。

クレジットカードも高校生は不可

クレジットカードにはキャッシング機能が付いてるもの もあり、18歳から申し込みすることができるカードも多く存在します。

しかし、どの会社も高校生を除くという条件が設定されており、高校生は申し込みをすることができません。


デビットカードであれば銀行口座が開設可能な15歳から発行することができますが、デビットカードにはキャッシング機能がありません。

また、デビットカードは銀行口座から即座に引き落としが行われ、口座に残高がない場合は利用することができません。


ネットショッピングなどでクレジットカードが必要という場合であれば、デビットカードでも支払いできる可能性が高いです。

なぜ、金融会社は未成年へ融資をしないの?

高校生がカードローンやクレジットカードでお金を借りることができないのには、ちゃんとした理由があります。

日本では民法第5条によって「法定代理人の同意を得ずに、未成年者が行った法律行為は取り消すことができる」と定められています。


つまり、親の同意を得ずに高校生が契約を行った場合には、後からその契約を無効にすることができるということです。

これは金融業者にとってあまりにリスクが大きいため、アルバイトなどで未成年者が安定的な収入を持っていたとしても契約を結ぶことはありません。


リスクのことを抜きにしても、親の同意なしに未成年者と契約を結ぶことは、社会通念上許されることではないでしょう。

<外部の関連サイト>:民法第5条 – Wikibooks


高校生がお金を借りるにはどうしたらいい?

高校生,借金

高校生は金融業者からお金を借りることができません。

しかし、どうしてもお金が必要になってしまった場合は、どうすればいいのでしょうか?

親にお金を借りる

高校生がお金に困ってしまった場合は、まず親に相談するのが一番です。

なぜお金が必要なのかの理由をきちんと説明して、お金を借りることができないか親に相談してみましょう 。


お金を借りたい理由に正当性があれば、多少のお金は融通してくれる親がほとんどのはずです。

また、何か特別な事情がある場合には親に相談することで、お金以外の面でも助けてもらえるかもしれません。


遊びでお金が必要などといった場合でも、その必要性や今後の具体的な返済プランを示すことができれば、お金を借りられる可能性は大いにあります。

借りることができなかった場合でも親が相手であれば、(友人に断れたときのような)気まずい思いをすることもないので、まずは親に相談するようにしましょう。

友人や知人に借りる

親にお金を借りることができなかった場合には、友人や知人に借りるという方法もあります。

本当に困っている状況であれば、お金を貸してくれる友人も多いでしょう。


しかし、大人の世界でも友人や知人からお金を借りることは後ろめたい行為とされており、お金を借りたことが原因で人間関係に溝ができてしまうこともあります。

友人や知人にお金を借りる相談をするときには、細心の注意が必要です。


また借りる相手によっては、トラブルに発展してしまうケースもあります。

お金を借りたことを盾にして望まない行為などを強要されたり、場合によっては犯罪行為に手を染めることになってしまったりすることもあります。


お金を借りる相手には信頼のできる相手を選びましょう。

学費が必要な時は奨学金が使える

学費が必要という理由でお金が必要なのであれば、奨学金制度を使えば高校生でもお金を借りることができます。

奨学金には返済の必要がない給付型と返済の必要がある貸与型の2種類があり、日本では貸与型が一般的です。


奨学金であれば金利も低いため、金額が大きい場合でも月々の返済額が返せないほど膨らんでしまうケースは少ないです。

しかし、貸与型の奨学金は金利が低いというだけで実質的に借金と変わらないため、最近では奨学金の返済負担に耐え切れずに、自己破産をする人もいるので注意しておきましょう。


奨学金制度を設けている場所は複数あり、申し込みの時期などがそれぞれ違うため、事前の情報確認が必要です。

奨学金を借りると決めたら、すぐにホームページなどで情報をチェックしましょう。


お金を借りる以外でお金を用意できないか考える

高校生,お金を借りる方法

お金を借りる前に、他の方法でお金を用意することができないか、一度考えてみることも大切です。

高校生がお金を借りるハードルは高く、お金を借りようとするよりも、他の方法の方が早くお金を手にできる場合もあります。

アルバイトをする

高校生はアルバイトをすることで、お金を手に入れることができます。

単純な方法ですが、借りるよりも確実にお金を手にすることができるため、高校生には最も適している方法です。


急ぎでお金が必要という場合でも、派遣など日雇いのバイトであれば日払いで給料を受け取ることができるため、素早くお金を用意できます。

また居酒屋などのバイトでは週払いに対応している場所も多いので、アルバイトを探す時には候補に入れてもいいかもしれません。


アルバイト禁止という学校でも、やむを得ない事情がある場合はアルバイトの許可が下りるということもあるため、学校の先生に相談してみるのもいいでしょう。

不用品を売る

すぐにお金を手にすることができる方法として、不用品を売るというものもあります。

家にある、使っていないゲームや本などの不用品を売ることで、ある程度まとまったお金を用意することが可能です。


10万円のお金は用意できなくとも、1~3万円程度にはなる可能性が高いです。

最近ではメルカリのようなフリーマーケットアプリもあるため、昔よりも比較的簡単に不用品の売却をすることができます。


家の中にある不用品を眺めていると、思ったよりも高く買い取ってもらえるものがあったりする場合もあります。

まずは不用品をリストアップしてどれくらいの値段で売れるのか、確認してみましょう。


以上、高校生がお金を借りる方法について見てきました。

奨学金に頼る以外に、高校生が金融 機関からお金を借りることはできません。


借金のお願い先として一番現実的なのは、やはり親でしょう。

知人・友人にお金を借りるのはトラブルの元になるので、あまりオススメできません。


また借金をお願いする以外に、バイトや不用品の売却などお金を準備できる方法がないか、一度検討してみることをおススメします。

この記事のまとめ

  • 高校生が金融業者からお金を借りることはできない
  • 高校生がお金を借りるなら親から借りるのが一番いい方法
  • 友人などに借りる際にはトラブルにならないように注意する
  • 学費が必要な場合は奨学金を利用する
  • お金を借りる前に他にお金を用意する方法がないか考えてみる

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






その他の消費者金融